塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ

ラクストの現場日誌・現場ブログ 記事一覧

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装

【東京・江戸川区】 外壁の劣化原因とは? |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😎   外壁の劣化には経年劣化によるものや、それ以外の原因など様々で 外壁の種類により劣化症状の起きやすいものもございます。   今回のブログでは、外壁の劣化原因についてご紹介させて頂きますので、 皆さんの大切なお住まいの状況や築年数に合わせて、外壁塗装などメンテナンスを行いましょう。   外壁の劣化原因   【太陽の熱や紫外線による劣化】 外壁は塗膜表面が、太陽光の熱や紫外線にさらされることで、塗膜が分解され劣化が始まります。 特に、紫外線の当たりやすい南面は、日の当たらない北面と比べると劣化が早く、 同じ住宅の屋根でも、建物に隠れた日陰の部分と良く日に当たる部分では、劣化速度が全く異なります。 外壁では劣化の初期症状として、チョーキング現象や退色が生じてきます。   【雨風による劣化】 常に雨風にさらされている外壁は、日々ダメージを受けています。 外壁材の中でも金属トタンの外壁は特に、台風などの防風時には、 雨が外壁に打ち付けられることでサビなどが生じ、劣化が促進されます。 また、サイディング壁やコンクリート壁などの場合でも、いくら塗膜で保護されているからと言っても 酸性雨により、少しずつ影響を受けます。   【経年劣化による劣化】 塗料や建物には、「耐用年数」というモノがあり いわば寿命の事を言います。 この寿命が近づくにつれ、無条件に経年劣化が起こり、クラックなどの劣化症状が発生します。   【塗料の耐用年数による劣化】 塗料の耐用年数はその塗料により異なり、グレードが上がるにつれ耐用年数も長くなります。 これから外壁塗装をお考えの方は、是非下の欄を参考に塗料を選んで見てください(^^♪ 塗料の種類 耐用年数 アクリル 5~7年 ウレタン 8~10年 シリコン 10~15年 フッ素 12~15年 遮断熱 15~20年 無機 20年~ ご自宅の塗料の耐用年数を覚えておくことで、外壁塗装のタイミングも計りやすく、 この中でもシリコンは現在人気な塗料で、コストパフォーマンスに優れた塗料になります。 また、屋根は外壁よりも劣化が早いため、屋根と外壁の塗装を同時に行う場合は、 屋根の塗料は耐久性の高い塗料塗料を使い、次回のメンテナンス時期を合わせるのも、外壁塗装のポイントです😊     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年10月14日 更新

住宅塗装コラム

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装

【東京・江戸川区】 N様邸 外壁塗装工事 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(*^^)v   本日のブログでは、江戸川区 N様邸での外壁塗装工事の様子をご紹介させて頂きます。 N様邸で使用した外壁塗料は、関西ペイントの「アレスダイナミックトップ」という塗料です。   アレスダイナミックトップは、近年人気なシリコン樹脂塗料で、紫外線に強く長期に渡り外壁を守ってくれます。 また、周期の少ない水性塗料で、ペットや小さなお子様・ご高齢者のいるご家庭でも安心して使える塗料です。   江戸川区 N様邸 外壁塗料   まず、施工前の外壁の状態です↓ 高圧洗浄を住宅全体に行い、外壁にはクラックが多く見受けられましたので、しっかりと補修工事を施します。クラックは、塗装前に補修を行う事でそれ以上の劣化を防ぎ、クラックからの雨漏りを防ぎます。ひび割れている部分にシーリングを充填させ補修します。大きなクラックが発生している場合は、ディスクサンダーなどの電動工具でクラックを広げ、ヒビの発生している奥底から補修を施します。下塗り作業中です↓ 下塗りは外壁塗装工事において、最も重要な役割を果たします。上塗り材だけでは密着力が足りない為、下塗りを行う事で下地と上塗り材がしっかりと密着し、強靭な塗膜を作れます。また、そのまま塗装を行った時よりも、吸収性を抑えたり色ムラを防ぐことができます。次に中塗り塗装を行います↓ 中塗りでは、塗膜に必要な膜厚を付けていきます。メーカーが実験に実験を重ね、生み出した規定の膜厚があり、その膜厚を確保する事で、塗料は初めて本来の力を発揮する事ができます。ですが、一度の塗布量が多すぎると、ひび割れやフクレを発生させてしまいますので、二回に分けて塗装を行う必要があります。中塗り後、上塗りを重ねます↓ 中塗りと上塗り塗料では、同じ塗料を使用します。下塗りでムラやカスレを防止していても、中塗りだけではどうしてもカスレ等が残ってしまいますので、上塗りで同じ塗料を使い、塗り重ねカスレや色ムラ・下地の透けをなくします。そして、先ほどもご説明した膜厚を確保し、美観を高め塗料本来の性能を引き出すのです。外壁塗装完了です↓     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年10月11日 更新

住宅塗装スタッフブログ

【東京・江戸川区】 M様邸 防水工事② |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^.^)   本日のブログでは、前回に引き続き 江戸川区M様邸での屋上防水工事の様子をお届けいたします。 前回ブログは以下のリンクよりご覧ください↓ M様邸 防水工事①   江戸川区 M様邸 屋上防水工事   前回、改修用ドレンの取り付けまでのご紹介でしたので、平場のメッシュシート貼り作業になります↓ メッシュシートは、補強用クロスとも呼ばれウレタン防水単体の時よりも防水層に厚みが出ます。その結果、さらに防水性を高め、ウレタン塗膜だけでは大きな力が掛かった時に、亀裂や破断が起きてしまいますが、補強用クロスを入れることで防水層を補強しますので、それらのトラブルを防ぐことが出来ます。屋上やバルコニーなど、ウレタン防水を施す面に 架台やピンコロがある場合も、その箇所に補強用クロスを入れます。次に、ウレタン一層目を塗布します。 塗り物は上から下へ作業を進めますので、立上りに一層目を塗布した後平場にも一層目の塗布を行います。防水層は膜厚が命ですので、一回目の規定塗布量を塗布していきます。また、ウレタン塗膜防水では、一度に塗布できる量が決めらておりますので一層目の硬化後、二層目の塗布を施す必要がございます。二層目 塗布中です↓ 一度の塗布で一気に膜厚を付けてしまうと、膨れなどの不良が発生してしまう為、二層に分けて防水材を塗布していきます。一層目は厚めに付け、細かいおうとつ部分を二層目で形成していくようなイメージです。ウレタン防水材の塗布には、ローラーの他にも「コテ」を用いることがあり大体の防水職人がコテを使えますが、ローラーで塗る時よりも技術が必要なため経験の少ない職人さんがコテを使い、塗布を行うと デコボコな仕上がりとなってしまいます。仕上げに、トプコートの塗布です↓トップコートとは、ウレタン防水材の保護塗料でウレタンは紫外線に弱くトップコートが無いと、直ぐに劣化が始まり防水機能がなくなってしまいます。また、ウレタン防水材が硬化すると、「タック」と呼ばれるベタツキが残り、歩行するのが困難な状態になりますので、防水層を守る為にも 通常通りの生活を行う為にもトップコートは必ず塗布しなければなりません。   以上の工程で、M様邸での防水工事が完了になります! 最後までご覧いただき、ありがとうございました😊     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年10月10日 更新

防水スタッフブログ

【東京・江戸川区】 M様邸 防水工事① |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^-^)   本日のブログでは、江戸川区 M様邸で行った屋上防水工事の様子をお届いたします。 ウレタン塗膜防水 密着メッシュ工法で、施工を行いました。 密着メッシュ工法とは、平場・立上り共にメッシュシートを用いて補強し、均一な防水を作る施工方法です。 施工場所が複雑な形状の場合は、ウレタン塗膜防水を採用することで、継ぎ目のない平滑な防水層を作る事ができます。 ウレタンは有機溶剤のため、臭気が気になるところではありますが、 仕上がり・耐久性・価格のどれをとっても、文句のない防水工事です。   それでは、M様邸での防水工事の様子を見ていきましょう👀!   江戸川区 M様邸 バルコニー防水   施工前の屋上の様子です↓ 既存防水層がチョーキングをおこし、退色しています。ケレン・清掃をおこない、突起物やゴミを取り除きます。ケレン・清掃後は、入り隅シーリングを施します↓ 入隅部は、立上りと平場の取り合い部分ですので、負担が最もかかります。例えば、立上り面は右から揺れ、平場面は左から揺れていたとすると、入隅部はどちらの方向にも引っ張られている状況になります。その時、防水層だけでは負担に耐えられず、千切れや破断が生じる可能性がありますので、シーリングを施し強化する事で、地震や日々の生活の中で起こる衝撃に耐えられる防水層となるのです。次に、プライマーの塗布を行います↓ ウレタン防水材には接着力がないため、そのまま塗布しても翌日には剥がれてしまいます。プライマーには接着剤の効果がありますので、プライマーを塗布する事で下地と防水材がしっかりと接着・密着し、強い防水層が作られます。プライマーの乾燥後は、改修用ドレンの取り付けです↓ この時すでに、立上り面にはメッシュシートが貼られています。ドレン周りには 最も雨水が溜まりますので、入念に防水処理を施す必要がございます。そのため 改修用ドレンを取り付ける際は、鉛部分の接着面にプライマーを塗布しシーリングやブチルテープという、防水用の超強力両面テープを貼り取り付けます。また、平滑な面に仕上げるため、ハンマーで叩きながら鉛部分を平らに仕上げ、ドレンの使用には、メッシュシートを貼ります。   本日のご紹介は以上になりますが、明日も引き続きご紹介いたしますので、是非 ご覧ください😊     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年10月09日 更新

防水スタッフブログ

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装

【東京・江戸川区】 I様邸 シーリング工事 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😎   本日のブログでは、江戸川区 I様邸でのシーリング工事の様子をお届けいたします。   I様邸で使用されたシーリング材は、オート化学工業から販売されている「オートンイクシード」という材料です。 通常のシーリング材の耐久性は7~8年ほどですが、このオートンイクシードは 15年長持ちするシーリング材で非常に耐久性に優れています。 外壁塗装で高耐久性塗料を使用し耐久性が15年だとすると、通常のシーリング材を使用すると 外壁塗料の半分ほどしか持たず、次回の外壁塗装までの間にシーリング工事を施さなくてはなりません。 そこで、オートンイクシードを使用する事で、外壁塗装もシーリングも同時に工事を行えますので、 通常のシーリング材を使用した場合と比べ、足場費用を減らす事ができます。   それでは、江戸川区 I様邸でのシーリング工事についてご紹介していきます!   江戸川区 I様邸 シーリング打替え工事   施工を行う前の外壁目地がこちらです↓ 既存シーリングは劣化が進んでいますので、上から新たにシーリング材を充填させても既存シーリングごと剝離してしまいます。そのため、まずは撤去作業を行います↓ シーリングが施されている目地の両端に、カッターで切り込みを入れラジオペンチなどで引き抜くと、スルスルと既存シーリングが剥がれていきます。ここで、既存シーリングを取り残してしまうと、後に施工不良を引き起こす原因となりますので、全ての目地のシーリングをしっかりと撤去します。次に清掃です↓ ラスター刷毛と言われるハケで、撤去後の目地を清掃します。既存シーリングのゴミが残っていると、プライマーの性能を低下させてしまいますので残らず撤去していきます。清掃後はプライマーの塗布作業です↓ プライマーを塗布する事で、下地とシーリング材がしっかりと密着力でき強靭なシーリングとなり、本来の性能を発揮する事ができるのです。シーリング工事の中で最も、プライマーは最も重要な役割を果たします。プライマー無しではシーリングを充填しても、剝離してしまいます。そして、シーリング材の充填です↓ シーリングは厚みが重要ですので、工事後もシーリングが痩せないよう適量を充填していきます。最後に押さえ作業になります↓ ヘラ押さえは仕上げ作業となります。この上から塗装を施すといっても、色付けをする程度ですのでシーリングの形までは変形させる事ができません。形を整えながら、空気を入れない様に仕上げていきます。以上の工程で、シーリング打替え工事は完了です↓     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年10月08日 更新

防水スタッフブログ

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装

【東京・江戸川区】 H様邸 外壁塗装工事 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^^)/   本日のブログでは、江戸川区 H様邸での外壁塗装工事の様子をお届いたします。 H様邸で使用している塗料は、日本ペイントの「ファイン4Fセラミック」という塗料です。 この塗料は、弱溶剤のため溶剤塗料でありながら臭気が少なく、 通常のフッ素塗料よりもフッ素の純度が高いため、耐久性に優れており 他のフッ素塗料より、伸縮性の高い塗料となっております。   それでは、外壁塗装工事の作業の様子を見ていきましょう👀!   江戸川区 H様邸 外壁塗装   外壁塗装工事では、塗装作業の前に必ず高圧洗浄を施します↓外壁には長い間、ホコリなどの汚れが蓄積されその汚れは塗膜の密着を邪魔し、剥がれの原因となります。また、おうとつの多い外壁の場合、フラットな外壁に比べヘコミ部分がありますので、雨水や汚れが溜まりやすくコケや藻を発生させやすくします。コケや藻は美観を損なうだけでなく、人体へも悪影響を及ぼすため繫殖させないためにも、高圧洗浄は大事な作業です。 そして、下塗りです↓ 外壁塗装の下塗りは、塗り作業の中で最も重要な工程で下地と上塗り塗料をしっかりと密着させる働きがあります。そのため、下塗りを行わずに上塗りをしてしまうと1年後2年後には、塗膜剥離が生じボロボロな外壁になってしまいます。塗膜は外的要因から外壁を守ってくれるモノですので、その塗膜が剥がれてしまうと外壁の劣化が促進してしまい、クラックの発生や雨漏りなど様々なトラブルが予想されます。今後 十数年の住宅を左右する工程とも言えますので、抜けの無いようしっかりと塗装します。次に、中塗り塗装です↓ 中塗りは外壁に色を付ける作業です。塗装は一度塗っただけでは、カスレや透け・色ムラが残りますので上塗りを重ねる必要があります。上塗り塗装です↓ 中塗りと同じ塗料を塗り重ね、カスレや下地の透け・色ムラを無くし美観を向上させます。また、数㎜の薄い膜厚ではありますが、一層一層重ねていくことで強い塗膜が形成され、塗料本来の性能を引き出す事ができるのです。以上の工程で、江戸川区 H様邸での外壁塗装工事は完了です↓      株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊   2019年10月07日 更新

住宅塗装スタッフブログ

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装

【東京・葛飾区】 S様邸 外壁塗装工事 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^^♪   本日のブログでは、葛飾区 S様邸で行った外壁塗装工事の様子をお届いたします。 S様邸での外壁塗装は、クリヤー塗装を行いました。   クリヤー塗装は外壁材のデザインを残す事ができ、明るく艶のある保護膜を作ることが出来ます。 また、艶のある外壁は新しく見え、汚れのつきにくいというメリットがありチョーキング現象も起こりません。 チョーキングは、塗料の中に含まれる顔料が粉化したものが、触れた箇所につく現象ですが この顔料は塗料の色を出すために含まれています。 ですが、クリヤー塗料は色がついていないため、顔料が含まれておりません。結果としてチョーキング現象が起こらないのです。 外壁材のデザインが気に入っていて、塗装を行う事でデザインが無くなるのが嫌だ、 という方にはクリヤー塗装がおススメです😉 ですが、チョーキング現象は外壁の劣化具合を表すサインですので、チョーキングが起こらないという事は 塗り替え時期が分からなくなってしまうため、クリヤー塗装を行う場合は定期的に業者さんに調査を依頼しましょう!   長くなってしまいましたが、S様邸 外壁塗装の様子をご紹介していきます(^^)/   葛飾区 S様邸 外壁塗装   施工前の外壁になります↓ 色を付ける際もクリヤーの際も、変わらず高圧洗浄を施してから塗装工事に入ります。また、タイル壁はおうとつが多いため、ホコリなどの汚れが付きやすいので入念に洗浄します。外壁面の水分がなくなったら、塗装作業を行います↓ ホワイトボードには「下塗り」と書いてありますが、実際に塗るのは 中塗り・上塗りのみの塗装となります。通常の塗装工事では、下塗り・中塗り・上塗りと3回の塗装を行いますが、クリヤー塗装の場合、シーラーなどの下塗り材は使用いたしません。塗装回数が2回で済むため、塗り手間や材料も少なくなりますので、他の塗装工事よりも比較的安価になるところもクリヤー塗装のメリットです。次に、上塗り塗装を重ねます↓ 中塗り・上塗りと塗料を塗り重ねる事で、外壁を紫外線や雨風から守ってくれる膜厚を確保できます。また、より一層 艶感も増し 通常の塗装を施すよりも高級感が出ます。以上の工程で塗装工事完了です↓     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊   2019年10月05日 更新

住宅塗装スタッフブログ

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装

【東京・葛飾区】 K様邸 シーリング工事 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(*^^)v   本日のブログでは、葛飾区 K様邸で行ったシーリング打ち替え工事の様子をお届けいたします。   シーリングとは、外壁材のジョイント部や窓枠周りなどに通っている、 ゴムのような柔らかい目地の事で、使用材料や住宅の環境にもよりますが、 5年ほど経過した頃から徐々に劣化が始まります。 ですので、住宅のメンテナンスとして、定期的に打ち替えを行う必要がございます。 車が道路を走ったり地震・台風などの影響により、住宅は多少なりとも振動します。 この振動により 外壁がひび割れたり、そこから雨水が侵入し雨漏りを引き起こしてしまうのですが、 シーリングを施す事で、建物に加わる振動を緩衝し 外壁材の劣化を防いでくれています。 また、サッシ周りなどに施されているシーリングには、 ジョイント部からの雨水の侵入を防ぐ役割がありますので、どちらも住宅にとって欠かせないモノです。 外壁塗装と同じタイミングで、シーリングの打ち替え工事も考えておきましょう!   それでは、作業のご紹介をさせていただきます😊   葛飾区 K様邸 外壁シーリング工事   こちらは、既存のシーリングになります↓ 既存シーリングは、剝離している箇所やフクレている箇所があり所々劣化の目立つ箇所がありました。傷んだシーリングをそのままにしておく事はできません。初めに撤去を行います↓ 既存のシーリングは、全て撤去を行います。カッターを用いて目地の両側に切り込みを入れ、外壁材と接着している部分から残さずキレイに取り除いていきます。撤去後は清掃です↓ 目地内に既存シーリングや、既存シーリングのゴミが残っているとプライマーの性能を低下させ、新規シーリングの機能までも妨害してしまいます。プライマーを塗布する前に、施工箇所をキレイにしておくことが大切です。次に、プライマーの塗布です↓ プライマーの塗布前には、シーリングが目地以外の部分に付着しないよう目地に沿って養生を施す必要がございます。また、養生しておくことで仕上がり綺麗になりますので、丁寧に養生を行います。プライマーには、シーリング材の密着性を高める働きがあり、プライマーを塗布しない場合、シーリング材が直ぐに剝離してしまいます。とても重要な作業です。そして、新たにシーリング材を充填させます↓ 充填時には、シーリング材のボリュームに気を付けます。材料のボリュームが少ないと、肉痩せなどのトラブルを引き起こしますので、決められた厚みを均等に充填させます。仕上げとなる、押さえ作業です↓ シーリング材の中に空気が残らないように、ヘラを使用し圧着させます。強く押さえすぎると、ボリュームが無くなってしまいますので力は入れずに目地内にしっかりと接着するよう押さえこみ、平らに均します。シーリング材が硬化する前に養生を剥がし、施工完了となります↓シーリング材が完全に硬化したら、塗装工事へと移ります(^^)/     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年10月04日 更新

スタッフブログ

【東京・江戸川区】 木造住宅に潜む大敵 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです🤗   本日は、木造住宅に潜む危険な生物についてお話させていただきます。 現在の日本の戸建住宅は木造物件が多く、この木造住宅にとって大敵な生物が「シロアリ」です。 シロアリが発生すると、住宅の土台や柱など建物を支える 大事な内部の木材が浸食され、放置する事でシロアリによる被害が拡大してしまいます。   では、シロアリ対策として どのような対策を取ればよいのか、以下よりご紹介させて頂きます。   木造住宅の大敵、シロアリ対策   まずシロアリとは、その名から多くの方がアリの仲間だと思っておりますが、 実は、驚く事に「ゴキブリ」の仲間なのです! シロアリの社会性は、私たちが思う以上に発達しており、自ら巣を作って生活するのが特徴的で 私たちが生活している住宅の土台や柱などの木材を主食とし、生殖力の高い生き物なのです。 気づいたころには住宅を食い荒らされ、強度が弱くなってしまっているケースが多いため、早めの対策が必要です。   発生原因    シロアリの発生原因とは、先ほどもお話した通り シロアリが主食としている「木材」に原因があります。 そのため、木材を主に使用している「木造住宅」は恰好のターゲットとなり、 加えて湿気が多いという点も、シロアリ発生の原因となります。 また、主食となる木材が散らかっていたり、床下の通気性が悪くジメジメとした 環境の住宅では、シロアリの発生率がグンと上がります。   シロアリ対策   ・シロアリが嫌う木材の使用する シロアリは湿った木材のような、柔らかい木を好みますので お家を新築で建てる際や、リフォーム・建替え時に硬い木材を使用しましょう。   ・お家の基礎部分に不自然な土の道が無いかを確認   ・基礎部分に設置された換気口が、室外機や荷物・倉庫などで塞がれていないか確認 基礎部分に付けられた換気口は、床下の湿気を逃がす働きがありますので 換気口の前に物が置かれていると、床下に湿気を溜めてしまいシロアリを呼び寄せてしまいます。   ・薪や家具・廃材などの木で出来た物が、住宅周辺に立てかけられていないか、庭などに積み上げていないか 直に土の上に木材を置いている場合は、直ぐに廃棄・移動を行いましょう。 どちらも難しい場合は、ビニルシートを木材の下に敷き 木材と土が触れ合わないように対策しましょう。     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年10月03日 更新

コラム

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、足立区、墨田区、江東区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト