塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム > 東京 江戸川区 葛飾区 雨漏り修繕・外壁塗装専門店 ラクス…

東京 江戸川区 葛飾区 雨漏り修繕・外壁塗装専門店 ラクスト 外壁・屋根塗装の日程②|外壁塗装&屋根リフォーム専門店ラクスト適正価格、見積もりを実現

コラム 2018.09.26 (Wed) 更新

東京 江戸川区 葛飾区 雨漏り修繕・外壁塗装専門店のラクストです!

 

今回も、外壁・屋根塗装の際のかかる日数と その間にどの様な作業を行っているのかご紹介していきます。

 

 

下塗り (4日目)

 

塗装の塗りは3回行うのですが、一番最初に行うのが下塗りです。

この工程では、下塗り塗料という 下塗り専用の塗料を使います。

業界では「シーラー」、「プライマー」と言われます。

下塗り塗料の役割とは、次の工程に使われる中塗り・上塗り専用の塗料と、下地の間の接着剤の役割を果たします。

下塗り材は、次の工程で使う塗料によって、使う下塗り材が異なります。

 

中塗り (5日目)

 

次に中塗りです。

中塗りと上塗りは同じ塗料が使われますので、上塗りの二回塗りと言われます。

中塗りに使用する塗料により 塗料の耐久性や、機能が変わってきます。

現在最も一般的な塗料はシリコン塗料になります。

シリコン塗料は低価格でありながら、耐久年数が12年以上と高く また、塗料として弱点となるものもありません。

特殊塗料としては、ガイナや光触媒塗料があり これらの塗料は、15年~20年近くある耐久性、そして汚れを寄せ付けなかったり、

遮熱・断熱機能がある塗料ですが、価格が高く 塗る工程も少し変わってきます。

 

上塗り (6日目)

 

6日目でやっと仕上げ塗りに入ります。 中塗りで使った同じ塗料を、仕上げに塗る工程です。

塗装は複数回塗ることでムラがなくなり、また塗膜が適正な厚さになり 耐久性が増し 塗料本来の力を発揮でします。

悪徳業者は、この上塗りを行わないで、塗料の費用と職人の人件費を押さえ利益を出す業者が中にはいます。

ですので、必ず3回塗りが行われることを確認してください。

良い業者なら、見積書に必ず「下塗り」「中塗り」「上塗り」の各単価が明記されています。

もし明記されていなければ、業者に確認してください。

 

 

雨漏り修繕・外壁塗装工事は東京 江戸川区 葛飾区のラクストまでご連絡下さい。

 

ショールームへのご来店もお待ちしております。

 

(株)ラクスト 東京 江戸川 新小岩ショールーム

住所;〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5

TEL:0120-978-917 (営業時間9:00~18:00)
FAX:03-6231-3146

外壁、屋根の構造が分かることや、外壁、屋根の色が分かるシステムもありますので、ぜひお気軽に東京江戸川にある新小岩ショールームにご来店ください!

東京 江戸川区、葛飾区で外壁塗装、屋根塗装をお考えの方はこちらへ⤵

外壁塗装39万円メニュー  屋根塗装19万円メニュ

東京 江戸川区、葛飾区の外壁塗装&屋根専門店 ラクストへのメールでのお問い合わせはこちらです⤵

お問い合わせフォーム

 

外壁塗装、屋根塗装工事エリア

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都荒川区、東京都台東区

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

東京都墨田区、江東区、足立区、荒川区、台東区、千葉県浦安市、船橋市、市川市、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト