塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム > 東京 江戸川区 葛飾区 雨漏り修繕・外壁塗装専門店 ラクス…

東京 江戸川区 葛飾区 雨漏り修繕・外壁塗装専門店 ラクスト 外壁塗料 下塗り塗料の違い②|外壁塗装&屋根リフォーム専門店ラクスト適正価格、見積もりを実現

コラム 2018.09.26 (Wed) 更新

東京 江戸川 葛飾区 雨漏り修繕・外壁塗装専門店のラクストです!

 

外壁塗装の下塗り材には、5つの種類がありますが 一つづつご説明していきましょう(^^)

 

 

外壁下地塗料の違い

プライマー

 

プライマーとは、英語で「primary」ですから「最初の」という意味になります。

プライマーは、塗ることで機能を付加することができるので、素地に合わせて機能が特化した塗料があります。

以下、特化した塗料の一部を紹介します。

 

下地と上塗り塗料との密着効果を高める下塗り塗料

「接着プライマー」

錆び止めのため、金属部分に使う塗料

「防錆プライマー」

脆弱な下地に浸透して表層を強化する塗料

浸透性プライマー」

 

また下塗り全体を指して、「プライマー」と使われることもあります。

それは意味の「最初に塗る」ということからきています。

 

シーラー

 

シーラーは英語だと「Sealer」となりますので、つまりシールです。

ですので、シールで塞ぐようなイメージを持って頂ければわかりやすいかと思います。

木材のような 塗料を吸い込みやすい下地の場合に吸い込むのを押さえ、下地と塗膜の密着性を高める塗料になります。

塗料の吸い込みを均一化して 色ムラをなくします。

 

サーフィサー


サーフィサーとは、シーラーと一緒に使用される中塗り材です。

デコボコが激しい素地に使う中塗り塗料です。

古い建物で、素地が下地にシーラーと一緒に中塗り材として使うことで、上塗りの塗膜をキレイに作ることが可能になり 仕上がりが綺麗になります。

 

 

外壁下地材の違いは、次回ブログに続きます!

 

雨漏り修繕・外壁塗装工事は東京 江戸川 葛飾区のラクストまでご連絡下さい。

 

ご相談・お見積りまで無料で承らせて頂きます。

 

ショールームへもお気軽にお立ち寄りください。

 

(株)ラクスト 東京 江戸川 新小岩ショールーム

住所;〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5

TEL:0120-978-917 (営業時間9:00~18:00)
FAX:03-6231-3146

外壁、屋根の構造が分かることや、外壁、屋根の色が分かるシステムもありますので、ぜひお気軽に東京江戸川にある新小岩ショールームにご来店ください!

東京 江戸川区、葛飾区で外壁塗装、屋根塗装をお考えの方はこちらへ⤵

外壁塗装39万円メニュー  屋根塗装19万円メニュ

東京 江戸川区、葛飾区の外壁塗装&屋根専門店 ラクストへのメールでのお問い合わせはこちらです⤵

お問い合わせフォーム

 

外壁塗装、屋根塗装工事エリア

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都荒川区、東京都台東区

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

東京都墨田区、江東区、足立区、荒川区、台東区、千葉県浦安市、船橋市、市川市、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト