塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム > 【葛飾区】外壁材の種類と特徴について

【葛飾区】外壁材の種類と特徴について

コラム 2020.01.12 (Sun) 更新

皆さんこんにちは!

葛飾区、江戸川区、外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😎

 

今回は、外壁材の役割や 種類・特徴などをご紹介していきたいと思います!

これから外壁の塗り替えをお考えの方や、新調される方も是非ご覧ください(^^)

 

外壁材の役割とは?

外壁は、建物内部を外気から守り快適な室内環境を整える為に、とても重要なものです。

素材により外壁は異なりますが、主に耐火・耐水・耐震・遮音などの役割を果たしてくれます。

外壁が無ければ室内は外気温に左右され、外の音もダイレクトに聞こえてしまいます。

そして、外壁がないという事は屋根を支える物もありません。

そんな大事な外壁材を選ぶときには、メンテナンス方法や種類・特徴などに気を付け、より適したもの選考しましょう。

 

外壁材の種類

外壁材は、種類によって手触りも見た目も大きく変わります。

現在、最も多く使用されているのは、国内の新築住宅に使われる外壁の70%以上を占めている窯業系サイディングです。

次に多く使用されているのはモルタル、金属系サイディング、ALC、タイルなどが続きます。

 

樹脂系サイディング

 

葛飾区 外壁塗装

樹脂系サイディングとは、主に塩化ビニル樹脂を使用した外壁材です。

日本では馴染みが薄いですが、アメリカやカナダでは、40%~60%と高い及率を誇ります。

耐候性・耐水性・耐久性に優れており、メンテナンスの必要がほとんどない為、使いやすい外壁材と言えるでしょう。

欠点としては、遮音性が低いので注意が必要です。

 

起こりやすい劣化

・塗装の色あせ

・サイディングボードの割れ

 

メンテナンス

紫外線による色褪せが起きやすい為、UV対応の塗料を使用しましょう。

中でも、日本ペイントさんのUVプロテクトクリヤー等がオススメです。

表面塗装や目地のシーリング材が不要なため、サイディングが破損したときや塗料の耐久年数が近づいたときを除き、メンテナンスはほぼ必要ありません。

 

RC

 

葛飾区 外壁塗装

RCとは、鉄筋コンクリートのことです。

そして、鉄筋コンクリートとは 一定の間隔で張り巡らされた鉄筋内に、砂利や砂や水をセメントと混ぜ

凝結させたコンクリートを流し込んで固めた建材になります。

耐久性・耐震性・遮音性・気密性・遮断性に優れ、デザインの自由度が高いのが特徴です。

 

起こりやすい劣化

・チョーキング

・塗膜の剥がれ

・ヒビ割れ

・色あせ

・藻やカビ

 

メンテナンス

塗料の劣化により、表面に小さなヒビ割れが生じたり、藻やカビが付着します。

下地処理、洗浄作業をしっかりと行ってもらいましょう。

塗り替え時期としては、6~7年に一度行いましょう。

 

ALC

 

葛飾区 外壁塗装

ALCとは、軽量気泡コンクリートといい、通常のコンクリートよりも軽い特殊コンクリートの一種です。

調湿性・断熱性・耐久性・遮音性に優れている為、高層ビルやマンション、一般住宅などと

幅広い建築物に用いられ、現代建築には欠かせない素材となっています。

 

起こりやすい劣化

・チョーキング

・塗膜の剥がれ

・ヒビ割れ

・色あせ、藻やカビ

 

メンテナンス

ALCの主成分はセメントですので防水機能が弱点となり、その弱点は塗装で補うしかありません。

塗料が剥がれた際は、早急にメンテナンスが求められるますので 劣化を早急に見つける注意が必要です。

 

レンガ

 

葛飾区 外壁塗装

レンガは粘土や頁岩(けつがん)、泥を型に入れ、窯で焼き固めた素材です。

耐震性、耐熱性、耐火性、遮音性に優れており、外観の劣化も少ない為、他の素材よりもメンテナンス頻度が低くて済むのが特徴です。

 

起こりやすい劣化

・割れ

・欠け

・目地の劣化

 

メンテナンス

レンガ部分は100年持つと言われておりますが、箇所により割れや欠けが生じる事があります。

また、レンガとレンガを繋いでいるモルタルの目地部分は、こまめな補修が必要です。

 

タイル

 

葛飾区 外壁塗装

タイルは、粘土や長石・石英・陶土などを砕き、板状に焼いて作った素材です。

耐久性・耐候性に非常に優れており、見た目にも高級感があります。

 

起こりやすい劣化

・下地の剥離

・タイルの剥離(地震の際など)

 

メンテナンス

基本的に、タイル自体のメンテナンスの必要はございません。

タイルを繋いでいる目地部分のコーキングに劣化が見られた場合は、直ちにメンテナンスが必要となります。

また、タイルは浮き剝離が非常に多いので、事故が起こる前に定期的にメンテナンスを行ってください。

 

塗り壁

 

葛飾区 外壁塗装

塗り壁はモルタル・土塗り・漆喰などの種類があり、左官職人がコテで仕上げた壁のことです。

様々な仕上げ材があるので、唯一無二のデザインや質感を表現することが可能です。

 

起こりやすい劣化

・チョーキング

・塗膜の剥がれ

・ヒビ割れ

・色あせ

・藻やカビ

 

メンテナンス

漆喰は、耐久年数100年といえど、定期的なメンテナンスは必要です。

5~10年程度を目安に、傷や汚れを綺麗に洗い流したり、専用の塗料や漆喰の再塗装をする事でメンテナンスします。

塗料を使用しているセメントモルタルやその他の塗り壁は、塗膜の劣化によりサビが生じますので、塗料の耐久年数により塗り替えが必要です。

 

板張り

 

葛飾区 外壁塗装

板張りとは、スギ・ヒノキ・マツ等の木材を板状に張り付けた、古くから日本の住宅に用いられてきた素材です。

木の匂いや温もりを感じられ、調湿性・断熱性に優れているのが特徴です。

また、板張りの耐久性や耐火性を向上させたものが、木質系サイディングです。

 

起こりやすい劣化

・色褪せ

・腐食

 

メンテナンス

水分による木材の腐食が注意点です。

5年おきに塗装や防腐剤塗布などのメンテナンスを行いましょう。

羽目板は、きちんとメンテナンスをすれば100年以上もつ外壁材です。

 

窯業系サイディング

 

葛飾区 外壁塗装

窯業系サイディングとは、セメントに無機物や繊維質などを混ぜ、板状にに成形された素材です。

コスト面や機能面にも優れていて、デザイン・カラーバリエーションも豊富です。

タイル調や木目調、レンガ調などと様々な風合いを楽しめるのも特徴です。

 

起こりやすい劣化現象

・コーキングの劣化

・サイディングボードの反り

・ひび割れ

・剝がれチョーキング

・色褪せ

・藻やカビ

 

メンテナンス

サイディング自体の寿命は、30年~40年と言われておりますが

新調から5~7年程経過いたしますと、継ぎ目のコーキング材の劣化が始まり、次の塗装時期が近づきます。

塗装時期につきましては、仕様塗料のグレードにより異なりますので、新調する際に必ず耐久年数を確認しましょう。

 

金属系サイディング

 

葛飾区 外壁塗装

金属系サイディングとは、アルミやスチールやガルバリウムなどの金属素材を板状に成形した素材で

金属素材特有のシンプルでスタイリッシュな外観となります。

軽量で丈夫な素材の為、住宅に負担がかかりにくく、防水性や耐火性・耐陰性に優れています。

 

起こりやすい劣化

・チョーキング

・サビ

・浮き

・剥がれ

・穴あき等の傷

・塩害によるひび割れや剥離

 

メンテナンス

ひび割れや浸水の心配が比較的少ないため、メンテナンス周期は長めです。

ですが、塗膜の劣化により錆が発生しますので、塗料の耐久年数によって塗り替えが必要になります。

 

木材系サイディング

 

葛飾区 外壁塗装

木材系サイディングとは、天然木や合板に塗装などの表面処理を施した、木本来の温かみを感じられる素材です。

ほかの外壁材と比べて防火性については劣り、防火指定のある地域で使用できないケースもあります。

また、断熱性に優れておりますが、メンテナンスに手間がかかってしまいます。

ですが、最近では防火認定を受けている建材も増えてきているため、準防火地域で木質系サイディングの住宅も増えてきました。

 

起こりやすい劣化

・チョーキング

・色あせ

・藻やカビ

・腐朽

 

メンテナンス

新調してから大体10年前後で再塗装が必要となります、

木は湿気により腐食しやすいので、本来の塗り替え時期よりも、少し早いタイミングで再塗装を行う事で、外壁をより綺麗な状態に保つ事が出来ます。

 

 

私たちが生きていく上で、お住まいはとても大切なものです。

ご自宅で使われている外壁材や塗料について、深く知っておくことでお家の持続性が何年何十年と変わり、

特徴を把握し考慮した上でメンテナンスを行う事で、長期間美観を維持し 何より、住みやすい住宅作りへと繋がります。

また、新調される方も特徴を知るだけで、イメージが広がりより良いお住まいをお造り頂けるかと思います。

塗り替えや新調の際は、詳しく慎重に外壁材・塗料選びを行いましょう。

 

 

株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。

都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり

新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。

そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。

ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。

そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為

雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。

そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

 

Luxstショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはラクストまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。
ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

Luxstの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

Luxstの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

 

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

 

株式会社 Luxst(ラクスト)

住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5

営業時間:9:00~18:00

電話番号:0120-978-917

FAX:03-6231-3146

お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております

外壁塗装・屋根塗装・防水工事 東京 江戸川区 葛飾区

LINE公式アカウントお友だち追加はこちら

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、城東エリア、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト東京