塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム > 外壁の外観を保つために|東京 江戸川区 葛飾区 雨漏り修繕…

外壁の外観を保つために|東京 江戸川区 葛飾区 雨漏り修繕・外壁塗装専門店 ラクスト 

コラム 2018.10.19 (Fri) 更新

東京 江戸川区 葛飾区 雨漏り修繕・外壁塗装専門店のラクストです!

 

今回のブログでは、外壁の外観や美観を保つ為にやるべき事について、ご紹介していきます。

 

 

外壁の外観・美観を保つ為にするべき事

 

外壁は常に雨風や直射日光に晒されている部分ですので、定期的なメンテナンスは欠かせません。

外壁材自体は30年や、長いものですと100年持つものがございますが

塗料が劣化する事で傷んでしまい、寿命が短くなってしまう事が多くあります。

外壁の外観や機能を保つ為にするべき事を、以下よりご説明致します。

 

1、塗装

 

外壁の表面を保護するためには、塗装が必要不可欠です。

塗料には、性能により様々な塗料がありますので、メンテナンスは周期なども考慮に入れ選択しましょう。

 

2、塗り替え

 

塗り替えを怠ってしまうと、外壁材の劣化を早める原因になりますので、塗料の耐久年数に応じて、定期的な塗り替え作業も必要です。

塗り替えは耐久年数に頼らず、塗料の耐久年数の少し前に行うと安心です。

 

3、部分補修

 

物が当たって削れたり、雨や日光の影響を受け色あせたりする箇所には、塗り替えの時期が来ていなくても、部分的な補修を行いましょう。

部分的な破損や劣化だからといって、放置しておくと

最終的には思いもしなかった事態になり、大掛かりな工事となってしまいます。

 

4、コーキング

 

外壁材がタイルや窯業系サイディングの場合、外壁材と外壁材の間に目地ができ、

この目地部分は5~10年程で劣化が始まります。

その為、定期的にコーキングの打ち替えや増し打ちが必要となります。

 

5、張替え

 

外壁工事から数十年経ち、全体的に外壁材の劣化が見えてきたら、いよい張替えの時期になります。

外壁材の張り替えは大掛かりな工事となるので、施工時期を前もって検討しておきましょう。

 

 

雨漏り修繕・外壁塗装工事は東京 江戸川区 葛飾区のラクストまでご連絡下さい。

 

ショールームへのご来店もお待ちしております。

 

(株)ラクスト 東京 江戸川 新小岩ショールーム

住所;〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5

TEL:0120-978-917 (営業時間9:00~18:00)
FAX:03-6231-3146

外壁、屋根の構造が分かることや、外壁、屋根の色が分かるシステムもありますので、ぜひお気軽に東京江戸川にある新小岩ショールームにご来店ください!

東京 江戸川区、葛飾区で外壁塗装、屋根塗装をお考えの方はこちらへ⤵

外壁塗装39万円メニュー  屋根塗装19万円メニュ

東京 江戸川区、葛飾区の外壁塗装&屋根専門店 ラクストへのメールでのお問い合わせはこちらです⤵

お問い合わせフォーム

外壁塗装、屋根塗装工事エリア

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都荒川区、東京都台東区

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、足立区、墨田区、江東区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト