塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム > シーリングの役割|東京 江戸川区 葛飾区 雨漏り修繕・外壁…

シーリングの役割|東京 江戸川区 葛飾区 雨漏り修繕・外壁塗装専門店 ラクスト 

コラム 2018.10.29 (Mon) 更新

東京 江戸川区 葛飾区 雨漏り修繕・外壁塗装専門店のラクストです!

 

前回のブログでは、外壁塗装・防水工事の際はシーリングの項目を確認する事、

そして、シーリングの重要性をご説明させて頂きました。

 

ですので、今回はそんなシーリングの役割をご紹介させて頂きます。

 

 

家全体を支え、守るのがシーリングの役目

 

いきなりですが、外壁を継ぎ目のないガラスで覆ってしまったら、どうなってしまうか想像してみてください。

当然家は、1ミリも動かないという事はなく

風が吹けばグーっと建物が撓む事もありますし、地震くれば家全体が揺れます。

その時、継ぎ目のないガラスで覆われていたら

当然そのガラスは、割れ落ちてしまい建物自体の傷みも激しいでしょう。

 

極端なお話をしてしまいましたが、その様な事が無いように

お家の外壁材は、適度に分割されたサイディング材で覆われその間をシーリングで繋いでいるのです。

 

家が揺れた際、継ぎ目部分が伸びたり縮んだりしてサイディング材が破損しないよう

サイディング同士をシーリングで遊びのある繋ぎ方をしているのです。

 

その役目がシーリングです。

 

年月が経ちますと、シーリング材は劣化します。

裂けてしまったり、瘦せてしまい繋いでいたサイディング材から剝離して隙間が出来てしまいます。

場合によっては、スカスカになってしまって外れてしまうこともあります。

そうなると、劣化部分から雨水が侵入し

雨漏れの原因・外壁内部の腐敗といった不具合が発生する可能性も十分ございます。

 

ですので、シーリング材の選定や施工においては細心の注意を払ってください。

また、定期的なメンテナンスを行うことをオススメ致します。

 

 

以上の点を抑え、皆さんのお家をより長持ちさせましょう!

 

 

雨漏り修繕・外壁塗装工事は東京 江戸川区 葛飾区のラクストまでご連絡下さい。

 

ショールームへのご来店もお待ちしております。

 

(株)ラクスト 東京 江戸川 新小岩ショールーム

住所;〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5

TEL:0120-978-917 (営業時間9:00~18:00)
FAX:03-6231-3146

外壁、屋根の構造が分かることや、外壁、屋根の色が分かるシステムもありますので、ぜひお気軽に東京江戸川にある新小岩ショールームにご来店ください!

 

東京 江戸川区、葛飾区で外壁塗装、屋根塗装をお考えの方はこちらへ⤵

外壁塗装39万円メニュー屋根塗装19万円メニュ

 

東京 江戸川区、葛飾区の外壁塗装&屋根専門店 ラクストへのメールでのお問い合わせはこちらです⤵

お問い合わせフォーム

 

外壁塗装、屋根塗装工事エリア

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都荒川区、東京都台東区

 

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、足立区、墨田区、江東区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト