塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外壁塗装 > 【葛飾区】外壁塗装の防水機能が低下したらどうなる?

【葛飾区】外壁塗装の防水機能が低下したらどうなる?

外壁塗装コラム 2020.01.08 (Wed) 更新

皆さんこんにちは!

葛飾区、江戸川区、外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😊

 

今回のブログでは、外壁塗装の防水効果が低下してしまうと、どのような現象が起こるのかご紹介していきたいと思います。

 

葛飾区 外壁塗装

 

外壁塗装の防水機能が低下すると住宅はどうなってしまうのか

 

全ての塗料は必ず劣化し、塗料のグレード・ランクは劣化が起こるまでの期間が長いか短いかで決まると考えて良いです。

 

因みに、メンテナンスフリーの塗料は存在しません。

外壁塗装を行う際に、もしその様な塗料があると言われても、それは悪徳業者である可能性が非常に高いので、注意しておきましょう。

 

外壁塗装完了直後はしっかりとした防水効果

 

葛飾区 外壁塗装

 

屋根・外壁共に塗り立ての状態であれば雨が降ってもお家の中に漏水する事はなく、しっかりと防水効果を発揮してくれます。

 

時間が経つにつれツヤがなくなる

 

葛飾区 外壁塗装

 

外壁塗装後、始めに劣化現象が現れるのはツヤです。

ツヤ有り・ツヤ無し塗料とありますが、ツヤ有り塗料を塗ったとしても数年ほどでツヤはなくなってしまいます。

これが、一番最初に起こる劣化の兆候で、壁自体の防水機能が低下いたします。

 

防水効果が無くなり壁に湿気を帯びる事が増える

 

葛飾区 外壁塗装

 

ツヤ消えてきて、外壁・屋根に塗ってある塗料の防水機能が少しずつなくなってしまいます。

水をはじく力を失ってきた外壁に、少しづつ水や湿気が溜まり始めます。

また、湿気を帯びた壁が乾く事により、壁事態に歪みなどの不具合が生じてきます。

 

外壁の歪みが大きくなり、小さなクラック(ひび割れ)が生じる

 

葛飾区 外壁塗装

 

壁の動きが大きくなったり、回数を重ねることにより、外壁にヘアークラックという小さなひび割れ等が生じてきます。

サイディングであれば、コーキングにも亀裂が発生します。

弾力性のある塗料であれば、クラックは起きにくいですが

塗料自体の劣化が進行してきているので、遅かれ早かれクラックは発生するものです。

そして、この小さなクラックから漏水が徐々に始まり、次第に事態は悪化していく一方です。

ですが、実はクラックが生じていない場合でも、塗膜が薄くなった箇所から漏水は始まります。

コンクリートの壁が濡れて色が変わっている、という状況は皆さん見たことがあるかと思いますが、

コンクリート壁に限らず、外壁には水を吸い込む力がありますので

塗膜が薄くなっている箇所やクラックから、どんどん水を吸い込んでしまいます。

その様な現象を防いでいてくれたのが、塗料表面の塗膜だったのです。

 

外壁クラックやコーキングの亀裂が大きくなる

 

葛飾区 外壁塗装

 

クラックなどの補修を行わずに放置していると、みるみるうちに傷は大きくなります。

虫歯も治療をしないと治らないように、外壁のクラックなども放置したままでは直りません。

放置を続ければ続けるほど、症状は悪化していく一方なのです。

ここまでご紹介させて頂いた事は、前回の外壁塗装後から10年以内に起こることです。

新築であれば、使用塗料にもよりますが7年程で起こるとお考え下さい。

この時、すぐさま外壁塗装後・屋根塗装のリフォームを行っていれば

被害は最小限で済み、直接的な影響もほとんどございません。

 

内部の防水材料や防水シートにまで水が到達

 

葛飾区 外壁塗装

 

大きくなったクラックや、シーリングの亀裂補修を行わずにいると、

外壁や屋根内部にまで漏水してしまい、中の防水シートまでも達してしまいます。

勿論、防水材や防水シートに関しましては、名前の通り水を防ぐ為のものですので、漏水した水を寄せ付けない様になっております。

この段階で放っておいてたとしても、直ぐに影響は及ぼさないと思われます。

ですが、防水シートにも寿命というものがあり、常に水が当たっていれば長いはずの寿命も縮んでしまいます。

また、シート自体にほんのわずかな隙間も無いとは言えませんので、その隙間から更に内部まで水が侵入する可能性は大いにあります。

 

建物内部の劣化

 

葛飾区 外壁塗装

 

水の侵入に気付かなかったり、気づいていても「まだ大丈夫」と思っていては、大きな災害に繋がります。

先ほども申し上げた通り、防水シートはいつまでも水を防いでくれる訳ではありません。

防水シートすらも突き破り、更に深くまで水が侵入してしまうと

防水シートの裏側にある木やコンクリートなどの、構造物までも劣化が始まります。

また、外壁の大きなクラックからの漏水は、様々な箇所から水が侵入してきますので

防水シートだけでは、水に抗う事が出来ません。

そして、結露や蒸気が発生する影響で、防水シートの内側にあるコンクリート・鉄筋・木の劣化がどんどん進みます。

 

家の土台や基礎部分まで劣化

 

葛飾区 外壁塗装

 

上記の様な症状が出ても、まだ放置していると

今度は、家の土台部分・基礎部分にも劣化の影響を与えてしまいます。

家には、木・鉄・コンクリートのどれかが必ず使用されておりますので、確実に劣化いたします。

勿論、漏水や湿気などがなくても経年劣化がおきますが、倍以上のスピードで劣化が進んでいくのです。

ここまで重症ですと、台風やちょっとした地震で建物は崩れてしまうかもしれません。

外壁塗装の防水機能低下を放っておくことで、住居不可能なレベルにまで達してしまうのです。

 

 

外壁塗装・屋根塗装は、常に雨風に晒され 常に過酷な状況の中で戦い、皆さんを守ってくれています。

何事も放っておく事は良い結果には繋がりません。

定期メンテナンスや外壁・屋根のSOSサインを見逃さず、より良い住まい作りを行って行きましょう!

 

株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。

都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり

新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。

そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。

ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。

そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為

雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。

そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

 

Luxstショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはラクストまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。
ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

Luxstの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

Luxstの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

 

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

 

株式会社 Luxst(ラクスト)

住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5

営業時間:9:00~18:00

電話番号:0120-978-917

FAX:03-6231-3146

お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております

外壁塗装・屋根塗装・防水工事 東京 江戸川区 葛飾区

 

LINE公式アカウントお友だち追加はこちら

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、城東エリア、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト東京