塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外壁塗装 > 【葛飾区】外壁塗装の防水機能が低下したらどうなる?

【葛飾区】外壁塗装の防水機能が低下したらどうなる?

外壁塗装コラム 2021.02.25 (Thu) 更新

江戸川区・葛飾区のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)新小岩店です!

今回のブログを執筆させていただく若宮です!

葛飾区 外壁塗装

外壁塗装を行う事で”塗膜”が形成され、その”塗膜”があなたの大切なお家を守ってくれていますが、

塗膜が劣化する事で塗料に含まれていた効果が低下し、大切なお家はみるみるうちにボロボロになってしまいます。

しかし、「今日・明日に工事をしなくてはいけません!」という訳ではありませんので、

もし劣化症状が表れていても焦らずに適切な処置を施しましょう。

今回のブログでは、様々な効果がある中でも【塗料の防水効果】について触れていきます。

外壁塗装の防水効果が低下してしまうと、どのような現象が起こるのでしょか?

さっそく、ご紹介していきたいと思います(^^)/

 

外壁塗装の防水機能が低下すると住宅はどうなってしまうのか

 

どんなに耐久性が高い塗料で、強靭な塗膜を作りだせたとしても必ず劣化は起こります。

塗料のグレードやランクは、“劣化が起こるまでの期間”長いか・短いかで決まると考えて良いでしょう。

さらに言うと、メンテナンスフリーの塗料存在しません。

ですので、外壁塗装を行う際、もしも「この塗料はメンテナンスフリーなんですよ!!」と言われても、

それは悪徳業者である可能性が非常に高いので、注意しておきましょう。

 

 ①外壁塗装完了直後はしっかりとした防水効果

葛飾区 外壁塗装

屋根・外壁ともに、塗り立ての状態であれば雨が降ってもお家の中に漏水する事はなく、しっかりと防水効果を発揮してくれます。

 

 ②時間が経つにつれ艶がなくなる

葛飾区 外壁塗装

外壁塗装後、始めに劣化現象が現れるのは“艶”です。

艶有り・艶無し塗料とありますが、ツヤ有り塗料を塗ったとしても数年ほどで艶はなくなってしまいます。

これが、一番最初に起こる劣化の兆候で壁自体の防水機能が低下いたします。

 

 ③防水効果が無くなり壁に湿気を帯びる事が増える

葛飾区 外壁塗装

艶が消えてくると、外壁や屋根に塗ってある塗料の防水機能が少しずつ無くなってきます。

水をはじく力が徐々に薄れてきた外壁には、少しづつ水や湿気が溜まりはじめます。

また、湿気を帯びた外壁が乾く事により、外壁事態に歪みなどの不具合が生じてきます。

 

 ④外壁の歪みが大きくなり、小さなクラック(ひび割れ)が生じる

葛飾区 外壁塗装

壁の動きが大きくなったり、回数を重ねることにより、外壁にヘアークラックという小さなひび割れが生じてきます。

サイディングであれば、外壁目地に施されているコーキングにも亀裂が発生します。

弾力性のある塗料であれば、クラックは起きにくいですが

塗料自体の劣化が進行してきているので、遅かれ早かれクラックは発生するものです。

そして、この小さなクラックから漏水が徐々に始まり、次第に事態は悪化していく一方です。

しかし!実はクラックが生じていない場合でも、塗膜が薄くなった箇所から漏水は始まります。

コンクリートの壁が濡れて色が変わっている、という状況は皆さん見たことがあるかと思いますが、

コンクリート外壁に限らず、外壁には水を吸い込む力がありますので

塗膜が薄くなっている箇所やクラックから、どんどん水を吸い込んでしまいます。

その様な現象を防いでいてくれたのが、塗料表面の塗膜だったのです。

 

 ⑤外壁クラックやコーキングの亀裂が大きくなる

葛飾区 外壁塗装

クラックなどの補修を行わずに放置していると、みるみるうちに傷は大きくなります。

虫歯も治療をしないと治らないように、外壁のクラックも放置したままでは直りません。

放置を続ければ続けるほど、症状は悪化していく一方なのです。

ここまでご紹介させていただいた事は、前回の外壁塗装後から10年以内に起こることです。

新築であれば、使用塗料にもよりますが7年程で起こるとお考え下さい。

この時、すぐさま外壁塗装などのメンテナンスを行っていれば

被害は最小限で済み、直接的な影響もほとんどございません。

 

 ⑥内部の防水材料や防水シートにまで水が到達

葛飾区 外壁塗装

大きくなったクラックやシーリングの亀裂補修を行わずにいると、

外壁や屋根内部にまで漏水してしまい、中の防水シートまでも達してしまいます。

もちろん、防水材や防水シートに関しては名前の通り水を防ぐ為のモノですので、漏水した水を寄せ付けない仕様になっております。

この段階で放っておいてたとしても、直ぐに影響は及ぼさないと思われます。

ですが、防水シートにも寿命というものがあり、常に水が当たっていれば長いはずの寿命も縮んでしまいます。

また、シート自体にほんのわずかな隙間も無いとは言えませんので、その隙間から更に内部まで水が侵入する可能性は大いにあります。

 

 ⑦建物内部の劣化

葛飾区 外壁塗装

水の侵入に気付かなかったり、気づいていても「まだ大丈夫」と思っていては、大きな災害に繋がります。

先ほども申し上げた通り防水シートには寿命があり、いつまでも水を防いでくれる訳ではありません。

防水シートすらも突き破り、更に深くまで水が侵入してしまうと

防水シートの裏側にある木やコンクリートなどの、構造物までも劣化が始まります。

また、外壁の大きなクラックからの漏水は、様々な箇所から水が侵入してきますので

防水シートだけでは水に抗う事が出来ません。

そして、結露や蒸気が発生する影響で、防水シートの内側にあるコンクリート・鉄筋・木の劣化がどんどん進みます。

 

 ⑧家の土台や基礎部分まで劣化

葛飾区 外壁塗装

上記の様な症状が出ても、まだ放置していると

今度は、家の土台部分・基礎部分にも劣化の影響を与えてしまいます。

家には、木・鉄・コンクリートのどれかが必ず使用されておりますので、確実に劣化いたします

もちろん、漏水や湿気などがなくても経年劣化は生じますが、倍以上のスピードで劣化が進んでいくのです。

ここまで重症ですと、台風やちょっとした地震で建物は崩れてしまうかもしれません。

外壁塗装の防水機能低下を放っておくことで、住居不可能なレベルにまで達してしまうのです。

 

 

外壁塗装・屋根塗装は、常に雨風に晒され常に過酷な状況の中で戦い、皆さんを守ってくれています。

何事も放っておく事は良い結果には繋がりません。

定期メンテナンスや外壁・屋根のSOSサインを見逃さず、より良い住まい作りを行いましょう!

 

Luxst(ラクスト)新小岩店外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
江戸川区・葛飾区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■Luxst(ラクスト)新小岩は塗装価格に自信があります!

江戸川区 外壁塗装葛飾区 外壁塗装

■Luxst(ラクスト)新小岩店には、お客様から選ばれる理由があります!

葛飾区 外壁塗装

投稿担当者

若宮 隆志RYUJI WAKAMIYA

出身:東京都葛飾区

お客様へのメッセージ

皆さんこんにちは!株式会社 Luxst (ラクスト) のweb担当若宮と申します(^^)
いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
私は葛飾区の柴又出身で、ラクストでは元々防水職人として現場へ出ておりました!
ホームページでは、最新の施工事例情報や実際にいただいたお客様の声、
外壁塗装の豆知識などを随時配信しております!
葛飾区・江戸川区の皆さん、外壁塗装や雨漏りについてはぜひラクストへお任せください(^^)/

Instagram

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区・葛飾区、城東エリア、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト東京