塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム > 【江戸川区】 外壁塗装の吹付け工法とローラー工法の違い |…

【江戸川区】 外壁塗装の吹付け工法とローラー工法の違い |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

コラム 2018.11.02 (Fri) 更新

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事のラクストです!

 

今回は、外壁塗装の吹付け工法とローラー工法の違いについてご紹介させて頂きます。

 

外壁塗装 東京 江戸川区 葛飾区 ラクスト

 

外壁塗装 吹付け工法とローラー工法の違い

 

吹付けとは別にローラー工法というものがありますが、複数の種類のローラーを使い分け、外壁塗装を行います。

 

近頃は、外壁塗装といえばローラー工法が主流となっております。

吹付け工法と比例しつつ、メリットやデメリットをご紹介していきたいと思います。

 

ローラー工法のメリット

外壁や屋根へ、直接塗料を塗布するため 飛散が少なく、吹き付け工法と比べると塗料の無駄が少ないのが特徴です。

コンプレッサーなどの機械も使用しない為、騒音被害もなく 密集した地域ではローラー工法の方が向いているかもしれません。

 

ローラー工法のデメリット

様々な形状のローラーがありますが、細かい部分の塗装には向きません。

また、吹付け工法よりも経験値は必要無いとは言え、それなりに技術が無くては均一に塗り上げる事が出来ません。

 

場合によっては、気泡が入ってしまう事もあり

単調な「塗り作業」だからこそ、塗り斑などがあると目立ってしまいます。

 

他にも、パターンと呼ばれる凹凸や模様がつけにくく、作業に時間がかかってしまうなどの注意点もございます。

 

ハケによる外壁塗装

平たいハケを使い塗装を行います。

とても地道な作業ですが、塗る場所や建物の形状を選ばず塗れるため、刷毛にこだわる業者もあります。

昔からの工法で、時間がかかることからローラーと併用されることが多いです。

 

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまでご連絡下さい。

 

ショールームへのご来店もお待ちしております。

 

ラクスト 東京 江戸川 新小岩ショールーム

住所;〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5

TEL:0120-978-917 (営業時間9:00~18:00)
FAX:03-6231-3146

外壁、屋根の構造が分かることや、外壁、屋根の色が分かるシステムもありますので、ぜひお気軽に東京江戸川にある新小岩ショールームにご来店ください!

 

東京 江戸川区、葛飾区で外壁塗装、屋根塗装をお考えの方はこちらへ⤵

外壁塗装39万円メニュー屋根塗装19万円メニュ

 

東京 江戸川区、葛飾区の外壁塗装&屋根専門店 ラクストへのメールでのお問い合わせはこちらです⤵

お問い合わせフォーム

 

外壁塗装、屋根塗装工事エリア

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都荒川区、東京都台東区

 

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、墨田区、江東区、足立区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト