塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム > 【江戸川区】 雨の日の外壁塗装② |東京 江戸川区 葛飾区…

【江戸川区】 雨の日の外壁塗装② |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

コラム 2018.11.12 (Mon) 更新

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事のラクストです!

 

雨の日の外壁塗装について、前回のブログでは

雨天時でも可能な作業があるという事と、塗装関係の工程は全て延期します、という事をお伝えいたしました。

 

それでは、今回は雨の日の外壁塗装について、どの様な内容なのか 確認していきましょう!

 

外壁塗装 雨天 東京 江戸川区 葛飾区 ラクスト

 

塗装作業中に雨が降ってきた場合

 

塗装作業中に雨が降ってしまう場合がありますが、その際 どれ程の雨かで中断するかを判断します。

 

土砂降りのような雨模様であれば、そもそも最初から塗装自体をするべきではないのですが、

天気予報も業者さんも予想を全て外してしまったり、突然のゲリラ豪雨などの見舞われてしまったらもうお手上げです。

その様な状況だと、塗り直しになる可能性が高いでしょう。

 

通常、塗料が乾燥するまで1時間以上かかり、溶剤系の塗料ですと4時間以上かかるものもございます。

冬場だと乾くのは更に遅く朝靄や夜霧など 乾燥を阻害するものは、雨以外にも沢山ありますので

しっかりと工期スケジュールを立ててもらいましょう。

 

雨天時でも作業を進める業者もいます

 

雨でも強行突破をする悪徳業者は、「雨が降っても、直ぐに乾く良い塗料ですので問題ありません」「水性塗料ですのでご安心ください」

などと言い、お施主様をだまして 平然と作業を行います。

 

では、なぜその様な酷いことをしてまで 工程を進めるのかと言いますと、工期をできるだけ遅らせてくないという理由があります。

職人さんは休みにすれば人件費はかかりませんが、例えば 足場をレンタルしている場合、工期が遅れればその日数分だけレンタル台が掛かてしまいます。

そして、施工会社が下請け業者だった場合は、元受け業者から貰える予算が決まっていますので、その予算内で利益を出さなければならない為、

出来るだけ出費を減らさなければならないので、この様に強行突破を図ってしまいます。

 

工期が伸びた分の追加料金は発生するのか?

 

工期が伸びてしまった場合、追加料金は発生するのか誰しもが心配してしまう事ですが、

基本的に、悪徳業者でなければ その様な事はございません。

 

そもそも、工事中に雨が降るなどの トラブルを想定して工期を組んでいますので、工事が始まる前から想定内の事です。

そして、工期が伸びたからと言って 人件費が増える訳でも、材料が増えることもないので材料費が増えるという事もございません。

 

その為、工期が伸びても 追加料金の請求はありません。

 

 

次回も引き続き、雨の日の外壁塗装についてご紹介していきたいと思います。

 

雨の日の外壁塗装③ ↓

https://luxst-tosou.com/blog/11644/

 

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまでご連絡下さい。

 

ショールームへのご来店もお待ちしております。

 

ラクスト 東京 江戸川 新小岩ショールーム

住所;〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5

TEL:0120-978-917 (営業時間9:00~18:00)
FAX:03-6231-3146

外壁、屋根の構造が分かることや、外壁、屋根の色が分かるシステムもありますので、ぜひお気軽に東京江戸川にある新小岩ショールームにご来店ください!

 

東京 江戸川区、葛飾区で外壁塗装、屋根塗装をお考えの方はこちらへ⤵

外壁塗装39万円メニュー屋根塗装19万円メニュ

 

東京 江戸川区、葛飾区の外壁塗装&屋根専門店 ラクストへのメールでのお問い合わせはこちらです⤵

お問い合わせフォーム

 

外壁塗装、屋根塗装工事エリア

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都荒川区、東京都台東区

 

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、墨田区、江東区、足立区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト