塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム > 【江戸川区】外壁塗装の水性塗料と油性塗料

【江戸川区】外壁塗装の水性塗料と油性塗料

コラム 2019.12.21 (Sat) 更新

皆さんこんにちは!

江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😊

 

今回は、外壁塗装の水性塗料と油性塗料についてご紹介させて頂きます。

 

外壁塗装 東京 江戸川区 葛飾区 ラクスト

 

外壁塗装の水性塗料と油性塗料

 

外壁塗装の塗料には、シリコン・ウレタン・遮熱・断熱などと、非常に多くの種類があります。

種類が多すぎて、どの塗料にどの様な性能があるのか整理しきれず混乱してしまいますが、

どの塗料にも「水性塗料」「油性塗料」の違いがある事を覚えておきましょう。

 

水性塗料と油性塗料の分け方

 

外壁塗装に用いられる塗料に含まれる、顔料・樹脂・添加物はそれぞれ液体ではなく個体ですので、

まず、液体で溶かして薄め 壁に塗って乾かし、溶かした液体を蒸発させる事で 壁に密着させます。

この時、塗料を溶かすものが水の場合は「水性塗料」シンナーなどの溶剤で溶かす場合は「油性塗料」

どのくらいの水や溶剤で溶かすのかなど、希釈率に関してはメーカーによる細かい規定があり

使用塗料や塗り方、気温や天気により異なります。

 

油性塗料について

 

油性塗料に使用するシンナーなどの溶剤は、他の物質を溶かすための物質ですので、

身の回りの物質だけでなく、人体に対しても非常に危険な有害物質です。

その為、有機溶剤を扱うには 有機溶剤作業主任者の資格が必要となり

また、その作業場(現場や工場)には、有機溶剤作業主任者の資格を持つ者を必ず一人いなくてはなりません。

 

溶剤と弱溶剤

 

油性塗料は、希釈に使用される溶剤の違いで「強溶剤」と「弱溶剤」に分かれています。

そして、溶剤には様々な種類があり その中で溶解力が強い種類を強溶剤といい、

エポキシシンナーやアクリルシンナー・ラッカーシンナーなどの種類がございます。

 

これらの強溶剤を使用する塗料、ということで溶剤系塗料は 強溶剤塗料溶剤塗料と呼ばれます。

昔は強溶剤で塗料を溶かし、壁に塗ってく外壁塗装工事が主流とされておりましたが、

近年、外壁塗装における人体や環境への被害を軽減させるため、弱いシンナーでも溶ける「弱溶剤塗料」を作ったのです。

 

弱溶剤塗料は、比較的シンナーの中でも刺激が少ない、塗料用シンナーで薄めて使用する溶剤系塗料で、

臭気だけでなく、人体や環境への被害も強溶剤に比べ 非常に少なくなっています。

 

水性塗料について

 

※VOC削減の理念を受け、弱溶剤塗料よりも更に人体や環境に優しい塗料が作られ、それが「水性塗料」です。

水性塗料は、シンナーを一切使わずに 水で希釈ができるため、溶剤系塗料と比較すると大幅な※VOC削減へと繋がります。

※VOC=有機溶剤/塗料・印刷インキ・接着剤・洗浄剤・ガソリン・シンナーなどに含まれるトルエン、キシレン、酢酸エチルなどが代表的な物質。

シンナーを使わない、という特徴から 水性塗料は「臭気がない」「安全」、などと紹介されていることがありますが、

実際には、水性塗料だからといって「無臭・無害」という訳ではございません。

水性塗料でも 塗料を安定させるために、若干のVOCが入っていますので 臭気が全くないという訳ではなく、

しっかりと換気のされている所で使用しなければならず、水性塗料が入っている容器にも気を使う必要があります。

メーカーによる取扱説明書にも、上記の内容が含まれております。

 

水性塗料と油性塗料のメリット・デメリット

 

油性塗料 水性塗料

《メリット》

🔹 耐候性が高く、長持ちする

🔹 艶を維持し、汚れが付きにくい

🔹 低温であっても乾燥しやすい

《メリット》

🔹 臭気が少ない

🔹 油性塗料よりも害が少ない(無害ではない)

🔹 油性塗料よりも少し安価

《デメリット》

🔹 臭気が強い

🔹 水性塗料よりも少し高価

《デメリット》

🔹 耐久性が低い為、寿命が短く 脆くなりやすい

🔹 鉄部など、塗装不可能な下地が多い

🔹 艶が落ちやすい

🔹 温度が低いと塗装ができない

 

溶剤には、塗料の様々な性能を発揮させる物質が多く含まれている為、外壁塗装のみのメリットを考えると 油性塗料に軍配が上がります

対して水性塗料は、油性塗料よりも外壁塗装としての性能は低いですが、環境への配慮を考えると 水性塗料を使用した方が良いでしょう。

また、一回の工事で考えたとき 水性塗料の方が安価に済むため、工事費用は多少 抑えられますが、耐候性が低いので工事の周期が短くなります。

その為、長い目で見ると耐候性の高い油性塗料の方が、安価に済みますので 経済やお家の長持ちを考えると、油性塗料をオススメ致します。

 

 

株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。

都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり

新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。

そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。

ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。

そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、

雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。

そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

 

Luxstショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはラクストまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。
ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

Luxstの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

Luxstの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

 

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

 

株式会社 Luxst(ラクスト)

住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5

営業時間:9:00~18:00

電話番号:0120-978-917

FAX:03-6231-3146

お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております

外壁塗装・屋根塗装・防水工事 東京 江戸川区 葛飾区

LINE公式アカウントお友だち追加はこちら

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、城東エリア、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト東京