塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム > 【江戸川区】 塗装してはいけない屋根材 『セキスイかわらU…

【江戸川区】 塗装してはいけない屋根材 『セキスイかわらU』 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

コラム 2018.11.20 (Tue) 更新

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事のラクストです!

 

今回は、セキスイのU瓦についてご紹介していきたいと思います。

 

積水の住宅ですと、多く使用されているセキスイかわらUですが、

なぜ塗装を施してはいけないのか、皆さんのお家の持続において 是非、覚えておいて頂きたいです。

 

屋根塗装 外壁塗装 東京 江戸川区 葛飾区 ラクスト

 

セキスイかわらUの注意点

 

もし、新築時の図面や仕様書があり、ご自宅の屋根材に「セキスイかわらU」が使用されていた場合、建てた年数をご確認ください。

 

1970年~1990年8月までの期間に完工していれば、問題はありませんので 通常の施工が可能です。

ですが、1990年8月以降の着工だった場合、アスベストが含まれている屋根材なのか、ノンアスベストの屋根材なのかを確認する必要がございます。

アスベストが含まれている場合は、廃棄の仕方や価格も異なりますので、安易に判断する事はオススメ致しません。

 

セキスイかわらUは、40年以上もの間 製造販売をされてきた屋根材で、

和瓦を模した形も人気があり、良い屋根材として、非常に多くの住宅に使用されてきました。

 

しかし、90年8月にノンアスベストのUかわらを、先陣を切って販売したことから風向きが怪しくなりました。

現在では、積水化学工業自体がメンテナンスの事業のみを残して屋根の事業から撤退しているようです。

 

ノンアスベストのセキスイかわらUには、強度に問題があり 塗装不可能な屋根材とお考えください。

 

セキスイかわらUは、2013年まで販売されておりましたので、

2018年の現在でも、初めてのメンテナンスになる方も多いと思われますので、要注意が必要です

 

セキスイかわらUの良く起こる不具合

 

セキスイかわらUの良く起こる不具合は、塗膜の剝がれやひび割れです。

先ほどご説明した、塗装が出来ないという理由は、不具合である塗膜の剥がれです。

 

塗装工事の際は、必ず高圧洗浄を行わなくてはなりませんが、

高圧洗浄を施した際に、塗膜が更に剥がれてしまい 基材が剝き出しの状態になってしまいます。

 

剝き出しになった基材へ、直接塗装を行っても 塗料本来の耐久性が発揮できなくなってしまいます。

その為、「セキスイかわらUに塗装は出来ない」という判断になるのです。

 

また、塗膜の剥がれだけではなく、屋根材自体の強度にも不足があり ひび割れが生じている場合も、多くございます。

 

 

こちらも是非、ご覧ください↓

塗装してはいけない屋根材『ニチハ パミール』

 

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまでご連絡下さい。

 

ショールームへのご来店もお待ちしております。

 

ラクスト 東京 江戸川 新小岩ショールーム

住所;〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5

TEL:0120-978-917 (営業時間9:00~18:00)
FAX:03-6231-3146

外壁、屋根の構造が分かることや、外壁、屋根の色が分かるシステムもありますので、ぜひお気軽に東京江戸川にある新小岩ショールームにご来店ください!

 

東京 江戸川区、葛飾区で外壁塗装、屋根塗装をお考えの方はこちらへ⤵

外壁塗装39万円メニュー屋根塗装19万円メニュ

 

東京 江戸川区、葛飾区の外壁塗装&屋根専門店 ラクストへのメールでのお問い合わせはこちらです⤵

お問い合わせフォーム

 

外壁塗装、屋根塗装工事エリア

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都荒川区、東京都台東区

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、墨田区、江東区、足立区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト