塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム > 【江戸川区】 アクリル塗料のメリット・デメリット |東京 …

【江戸川区】 アクリル塗料のメリット・デメリット |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

コラム 2018.11.21 (Wed) 更新

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事のラクストです!

 

今回も引き続き、アクリル塗料のメリット・デメリットについてご紹介させて頂きます。

 

外壁塗装 東京 江戸川区 葛飾区 ラクスト

 

アクリル塗料のメリット

 

塗り重ねがし易い

 

アクリル塗料は外壁への密着性が高いため、次回塗り替えの際に 新たな塗料が密着しやすく、

次回の外壁塗装工事の工期短縮に繋がります。

 

変色しづらい

 

アクリル塗料は耐用年数が短いですが、塗料の変色が起こりづらいので 対応年の間は、綺麗な色状態で過ごす事ができます。

しかし、塗膜は時間をかけて劣化しますので、外壁塗装が必要ないという事ではないので、注意しましょう。

飽くまでも、変色しにくいという事で むしろ、アクリル塗料は劣化の進みが早いですので、早めのメンテナンスを心がけましょう。

 

アクリル塗料のデメリット

 

劣化が早い

 

つい先ほどにもお話したように、耐用年数が短く劣化が早いというのが アクリル塗料最大のデメリットです。

アクリル塗料は劣化の原因となるラジカル因子が発生しやすいので、酸化還元反応が起こりやすくなってしまい、塗膜が劣化してしまうのです。

 

その為、アクリル塗料で外壁塗装を行った場合は、メンテナンスを頻繫におこなう必要があります。

 

塗り替えが面倒になる事がある

 

アクリル塗料は劣化しやすい上に、塗膜が剥がれやすくなっています。

 

密着性が高いため、剥がすとなると時間がかかりますし、もし綺麗に取り除かなければ 新しく塗った塗料が早く剥がれてしまう原因となってしまいます。

ただ、塗膜の剝がし・洗浄・下地処理は面倒になりますが、これらの作業をしっかり行う事で新規塗膜がすぐに剥がれてしまうことは回避できます。

 

塗膜が固くクラックが生じやすい

 

アクリル塗料は弾力に優れていない為、塗膜が固くなってしまいます。

塗膜が硬いが故、建物の動きや地震などで簡単にクラックが生じてしまう可能性がございます。

 

揺れや自然災害の多い地域に住まわれている方には、弾性のあるウレタン塗料の使用をオススメ致します。

 

 

次回も、アクリル塗料のデメリットやまとめについてご紹介していきたいと思います。

 

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまでご連絡下さい。

 

ショールームへのご来店もお待ちしております。

 

ラクスト 東京 江戸川 新小岩ショールーム

住所;〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5

TEL:0120-978-917 (営業時間9:00~18:00)
FAX:03-6231-3146

外壁、屋根の構造が分かることや、外壁、屋根の色が分かるシステムもありますので、ぜひお気軽に東京江戸川にある新小岩ショールームにご来店ください!

 

東京 江戸川区、葛飾区で外壁塗装、屋根塗装をお考えの方はこちらへ⤵

外壁塗装39万円メニュー屋根塗装19万円メニュ

 

東京 江戸川区、葛飾区の外壁塗装&屋根専門店 ラクストへのメールでのお問い合わせはこちらです⤵

お問い合わせフォーム

 

外壁塗装、屋根塗装工事エリア

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都荒川区、東京都台東区

 

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、墨田区、江東区、足立区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト