塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 【江戸川区】 現地調査に行ってきました! |東京 江戸川区…

【江戸川区】 現地調査に行ってきました! |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

スタッフブログ 2018.11.29 (Thu) 更新

皆さんこんにちは(^^♪

 

東京 江戸川区 中央 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです!

 

今回は、本日行ってきました 現地調査の様子をご紹介させて頂きます。

 

現調依頼を頂いたお家は、墨田区 本所のお客様です😊

 

こちらのお宅では、屋上防水面の旧塗膜の劣化により、雨漏りが起きているとの事で 現調のご依頼を頂きました。

 

いざ、屋上に上がってちょっとビックリ!(笑)

防水工事 東京 江戸川区 中央 ラクスト

 

3年ほど前にお客様がDIYで、防水工事を行ったらしく 密着工法で材料は防水塗料を使用されたようです。

 

色々お調べになられ 目地処理も施されておりましたが、下地処理がしっかりとされていなかった為、

全体的に剝離や膨れなどの不具合が生じておりました。

 

防水工事 東京 江戸川区 中央 ラクスト

防水工事 東京 江戸川区 中央 ラクスト

防水工事 東京 江戸川区 中央 ラクスト

 

歩くとパリパリと音が鳴り、お客様が「ポテトチップスの上を歩いているみたい」と仰られておりましたが、

例えるのであれば、まさにその通りでした😱(笑)

 

外壁塗装も防水工事も、共通して言えることは 下地処理が一番重要な工程で、

しっかりとした下地が出来ていないと、今回の様な激しい剝離や膨れが生じてしまいます。

 

また、防水材ではなく塗料を使用し密着工法だったというのも、今回の欠点かと思われます。

 

屋上は雨が降れば 一番多く水分を含みます。

防水塗料は本来 外壁などに使用される為、屋上の防水という内容ではカバーがしきれず

塗膜が劣化し 下地・建物内部に侵入して雨漏りに繋がります。

 

そして、屋上を塗膜防水する場合は 基本的に通気緩衝工法という工法で行われます。

 

その名の通り通気性を良くする工法で、ウレタンを塗布する前に通気シートというものを貼り込みます。

そのシートの非自着層部が通気溝となり、同時に併設する※脱気筒から下地からの水蒸気を逃がす事で膨れを防ぎます。

※屋上の防水層と下地(コンクリートなど)の間に発生した水蒸気を排気するための筒のことです。

 

こちらが、問題の雨漏り箇所です↓

防水工事 東京 江戸川区 中央 ラクスト

 

入隅部とドレン廻りからの雨漏りが予想されておりますが、ドレン廻りからの雨漏りは非常に起きやすく、

入隅部は一番力の加わる箇所ですので、防水工事の際 シーリングを施す必要があります。

 

ドレンも雨漏りが起きやすいので、工事と同時に改修用ドレンを設置してあげます。

 

防水工事は、ただ単に材料を塗るだけではなく、

職人的知識がしっかりと備わっていないと、DIYなどで行うには難しいかと思われます。

 

今回お見積書提出後、工事のご依頼まで頂ければ、旧塗膜を全て剝離させ 入念に下地処理を行ったのち、通気緩衝工法を推奨させて頂きたいと思います(^^)

 

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事は、東京 江戸川区 中央のラクストまでご連絡下さい。

 

ショールームへのご来店もお待ちしております。

 

ラクスト 東京 江戸川 新小岩ショールーム

住所;〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5

TEL:0120-978-917 (営業時間9:00~18:00)
FAX:03-6231-3146

外壁、屋根の構造が分かることや、外壁、屋根の色が分かるシステムもありますので、ぜひお気軽に東京江戸川にある新小岩ショールームにご来店ください!

 

東京 江戸川区、葛飾区で外壁塗装、屋根塗装をお考えの方はこちらへ⤵

外壁塗装39万円メニュー屋根塗装19万円メニュ

 

東京 江戸川区、葛飾区の外壁塗装&屋根専門店 ラクストへのメールでのお問い合わせはこちらです⤵

お問い合わせフォーム

 

外壁塗装、屋根塗装工事エリア

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都荒川区、東京都台東区

 

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、墨田区、江東区、足立区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト