塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム > 【江戸川区】 付帯部塗装ってなに? |東京 江戸川区 葛飾…

【江戸川区】 付帯部塗装ってなに? |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

コラム 2018.12.17 (Mon) 更新

皆さんこんにちは!

いつもご愛読ありがとうございます。

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(*^_^*)

 

外壁塗装の際に、お見積書などで目にする「付帯部塗装」という項目ですが、

具体的にどの部分を指すのか、こんなところに塗装は必要なのか、と疑問に思う方は多くいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、外壁塗装の際の付帯部塗装についてご紹介していきたいと思います!

 

付帯部とはどこを指すのか

 

付帯部とは、住宅の外壁屋根以外の部分を指します。

さらに具体的に言いますと、

軒天・雨樋・雨戸・戸袋・破風板・鼻隠し・水切りといった部分になります。

 

これらをまとめて付帯部塗装と言われておりますが、それぞれ材質が異なり

塗装を行う目的も異なりますので、個別に特徴を見ていきましょう。

 

ですが、付帯部は数が多く全部のご説明するのは難しい為、代表的な箇所を4つ絞りご紹介いたします。

 

軒天:付帯部塗装

 

軒天とは軒下から真上を見た際にある天上の事を言います。
軒天は隠れた位置の部分を指しますので、外からは見えずらいモノになります。

 

その為、軒天の付帯部塗装は美観が目的ではなく、劣化を防ぐという目的で行います。

 

軒天は、位置の関係上 雨風による湿気や雨水が溜まりやすい箇所となっており、
陽は当たりにくいですが、皆さんの気づかぬうちに劣化が進んでしまいます。

 

軒天の劣化が進むと、シミや色褪せ・カビやコケといった症状は生じてしまいますので、外壁塗装と一緒に塗装を施す必要がございます。

 

雨樋:付帯部塗装

 

こちらは、皆さんご存知かと思います。
雨樋には屋根から流れてくる雨を、集めて流す働きがあります。

 

この雨樋は、屋根の先端を取り囲むように備え付けられており、
塩ビが素材の場合が多いですので、傷が付いたり破損が生じない限り劣化する事はありません。

その結果、外から良く見える位置にある為、美観を保つために付帯部塗装を行います。
外から目につきやすいという事は、外壁塗装だけを施した場合、雨樋の汚れがとても目立ちます。

 

雨樋は塗装の必要がないからと言って、外壁塗装だけを行い仕上がりを見てみたら
思った以上に格好悪くなってしまい 後々、雨樋の付帯部塗装を追加したという方もいらっしゃいます。

 

また、それ程仕上りに影響を与える雨樋ですので、付帯部塗装でカラーのアクセントを付ける事で、お家の印象もガラリと変わります。

 

 

次回、残り2つの付帯部塗装についてご紹介させて頂きますので、そちらも是非、ご覧ください。

 

そしてこちらの写真は、ラクストで行った外壁塗装・付帯部塗装の施工事例になります↓

after                  before

外壁塗装 屋根塗装 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装 屋根塗装 東京 江戸川区 葛飾区

after                  before

外壁塗装 屋根塗装 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装 屋根塗装 東京 江戸川区 葛飾区

外から良く見える雨樋を一緒に塗装することで、こんなにも美観が整います☆

(ホームページ塗装事例から、より詳しくご覧いただけます)

 

外壁塗装・屋根修繕・雨漏り修理の際は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで是非、ご連絡ください!

 

ショールームへのご来店もお待ちしております⇩

【ラクストショールームのご案内】

お電話でのお問い合わせはこちら⇩

0120978917

ご相談・お見積り無料で承らせて頂きます⇩

【ご相談・お見積り】

外壁塗装・屋根塗装の価格はこちらから⇩

【塗装ラインナップ】

ご参考までに是非、ご覧ください⇩

【ラクストの施工事例】

外壁塗装・屋根塗装・防水工事 東京 江戸川区 葛飾区

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、足立区、墨田区、江東区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト