塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム > 【江戸川区】 付帯部塗装ってなに?② |東京 江戸川区 葛…

【江戸川区】 付帯部塗装ってなに?② |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

コラム 2018.12.17 (Mon) 更新

皆さんこんにちは!

今回も外壁塗装の際の付帯部塗装について、ご紹介させて頂きます↓

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根修繕・雨漏り修理のラクストです(^^)/

 

外壁塗装において塗装箇所は、外壁塗装だけできれば問題無いように思えますが、

外壁塗装と一緒に付帯部塗装も提案してくる業者さんが大半だと思います。

それは、決して料金を増したいなどといった、悪質な考えではなくオススメする理由があるからです!

ですが、実際に現地調査を終え付帯部塗装をご提案させて頂く際、

「付帯部塗装って必要なの?」と、お客様から言われてしまう事が多いです。

塗装業者であれば専門家ですから、付帯部塗装を行う理由は分かりますが

塗装を知らない一般の方からすれば、専門家と同じ知識量はありませんので、どうしても認識に違いが出てしまいます。

ここでは、皆さんにも分かりやすいよう 付帯部塗装についてご説明させていただきますので、

自分にとって付帯部塗装は必要なのか判断するためにも、是非 参考してみてください😊

 

破風板・鼻隠し:付帯部塗装

 

破風板・鼻隠しは、屋根の先端を守る役割があります。

ここは、屋根板の内部に雨水を侵入させない事を目的としておりますので、
塗装をしっかりと施さなければならない箇所になります。

破風板と鼻隠しは、雨風にさらさせる箇所ですので
防水を怠ってしまうと劣化がどんどん進んでしまいます。

素材は、金属・木材・窯業系とお家により異なりますので、素材に合った塗料を選びましょう。

 

雨戸・戸袋:付帯部塗装

 

こちらの箇所は、「夜寝るときにしか閉めないから、あまり見られないし…」
という理由から、実際に塗装を見送られる方が多いです。

ですが、雨戸や戸袋は金属でできていますので、サビが生じ そこから穴が空いてしまいます
穴が空いてしまってから取り替えるとなると、工事費用は高くなってしまいます。

また、塗装時期をずらしてしまうと、必要以上に費用が掛かってしまう事がおおいので、
外壁塗装と同時に行う事をオススメ致します。

 

 

付帯部塗装については、以上になります。

トータルして付帯部塗装は、全て同じタイミングで行う事をオススメ致しますが、
皆さんそれぞれ必要・不必要があるかと思います。

外壁塗装をお考えの方は、あまりお急ぎにならずじっくり考えてから、塗装箇所を選びましょう(^^)

 

こちらは、現在ラクストで施工しているT様邸での雨戸・戸袋の塗装になります。

after                  before

外壁塗装 屋根塗装 東京 江戸川区 葛飾区  外壁塗装 屋根塗装 東京 江戸川区 葛飾区

(↑赤い面はサビ止め塗料です。黒い面が塗装後になります)

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください!

 

ショールームへのご来店もお待ちしております⇩

【ラクストショールームのご案内】

お電話でのお問い合わせはこちら⇩

0120978917

ご相談・お見積り無料で承らせて頂きます⇩

【ご相談・お見積り】

外壁塗装・屋根塗装の価格はこちらから⇩

【塗装ラインナップ】

ご参考までに是非、ご覧ください⇩

【ラクストの施工事例】

外壁塗装・屋根塗装・防水工事 東京 江戸川区 葛飾区

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、足立区、墨田区、江東区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト