塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム > 【葛飾区】 外壁塗装の付帯部名称を教えて! ~前編~ |東…

【葛飾区】 外壁塗装の付帯部名称を教えて! ~前編~ |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

コラム 2018.12.28 (Fri) 更新

皆さんこんにちは!

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(´▽`)

 

お見積書やネットなどで外壁塗装の事を調べていると、付帯部塗装という項目が出てきます。

「外壁塗装って書いてあるんだから外壁だけじゃないの?」

「付帯部は分かるけどそれぞれの場所と名前が分からないから、どこを塗装するのか分からない…」などなど

付帯部に対して、様々な疑問があるかと思います。

そこで今回は、付帯部の場所と名前、どのような働きがあるのかをご紹介していきたいと思います。

以下にまとめましたので、気になる!という方は是非、ご覧ください☟☟☟

 

外壁塗装 各付帯部の箇所と名称

 

きっと付帯部の名称や性能を知るだけでも、外壁塗装を行う際はとても役に立つと思います。

ここの塗装は必要ないな、ここはあった方がいいのかな、などとご自身にあった外壁塗装を行いましょう!

 

水切り


基礎と壁の境目や壁と屋根の境目などにある金属の板のことを指します。

外壁塗装 東京 江戸川区 葛飾区

 

役割

床下と外壁の通気を確保し、建物の土台や内部への雨水の侵入を防ぎます。

性能上、塗装を施す必要はあまりありませんが、外壁をキレイにするのなら
水切りも同時に塗装をし、美観を保つのも良いのではないでしょうか。

ただし、材質がアルミやステンレスの場合、塗膜がすぐに剥がれてしまう場合がございますので、ご注意ください。

 

破風板(はふいた)

 

破風とは、屋根と外壁の間にある板の事を指し、材質は木・窯業系・金属系が主流となっております。

外壁塗装 東京 江戸川区 葛飾区

 

役割

屋根内部屋根瓦の下に、雨風などが入らないよう防止する役目があり、
住宅の屋根の先端部分に取り付けられています。

破風板は、外壁や屋根と同様に雨風などの自然による影響を強く受ける場所です。
その為、塗装は必須になります。

 

軒天

 

屋根の軒先部分(外壁から出ている部分)の裏側のことを指します。

外壁塗装 東京 江戸川区 葛飾区

 

役割

 

軒天は外からあまり見えない部分にあるため、一見塗装の必要がないように思われます。

ですが、軒天は雨水や湿気が溜まりやすい箇所であり、陽が当たりにくい箇所ですので、
カビやコケが発生する事が考えられるので、美観のために塗装を施す訳ではありません

このような劣化を防ぐために、塗装が必要ですので外壁塗装と一緒に軒天塗装をする事をオススメ致します。

 

 

今回は、付帯部についてのご説明は以上になりますが、次回も引き続きご紹介していきたいと思いますので

外壁塗装をお考えの方は、是非 ご覧ください。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください!

 

ショールームへのご来店もお待ちしております⇩

【ラクストショールームのご案内】

お電話でのお問い合わせはこちら⇩

0120978917

ご相談・お見積り無料で承らせて頂きます⇩

【ご相談・お見積り】

外壁塗装・屋根塗装の価格はこちらから⇩

【塗装ラインナップ】

ご参考までに是非、ご覧ください⇩

【ラクストの施工事例】

外壁塗装・屋根塗装・防水工事 東京 江戸川区 葛飾区

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、足立区、墨田区、江東区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト