塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム > 【葛飾区】 外壁塗装の付帯部名称を教えて! ~後編~ |東…

【葛飾区】 外壁塗装の付帯部名称を教えて! ~後編~ |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

コラム 2018.12.28 (Fri) 更新

皆さんこんにちは!

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😊

 

3部にわたって付帯部塗装のご紹介をしてきましたが、今回で最後になります。

皆さんの今後の外壁塗装の為に、後編も最後まで読んでいただければと思います(>_<)

外壁塗装について、知っていて悪いことは一つもございません。

一緒に素敵なお住まいを作り上げましょう!

 

外壁塗装 各付帯部の箇所と名称

 

「何でこんな場所に塗装するの?」「無駄な出費は避けたい!」

などと思われている方もいらっしゃるかと思います。

ですが、外壁塗装の工程全てに無駄なものは何一つなく、全てに意味があるのです。

その疑問と、間違えているかもしれない知識を、今日から変えていきましょう(*^^)v

 

雨戸・戸袋

 

雨戸は、窓や庭へ出る戸などの外側に備え付けてあるものです。
戸袋は、雨戸をしまう為に備え付けられていて、雨戸の両脇にあります。

青い矢印が戸袋:赤い矢印が雨戸

外壁塗装 東京 江戸川区 葛飾区

 

役割

 

雨風を防ぎ、防犯面からも窓ガラスが割れないように守るための物でもあり、
その他にも、室内の温度が変化しないようにする役割や、防音対策の役割も持ちます。

雨風をしのぐ為のモノという事は、外壁と同じく自然による影響を強く受けますので、塗装が必要になります。

また、雨戸や戸袋は鉄部ですのでサビが生じます。
その様な事からも、しっかりとケレンを行い錆止め塗装を施す必要がございます。

そして、遮熱性・防音性に優れた塗料で塗装を施す事で、雨戸本来の役割以上の働きをしてくれます。

 

基礎

 

基礎とはその名の通り、建物の基礎部分になります。

外壁塗装 東京 江戸川区 葛飾区

 

役割

 

基礎は建物の土台となっている部分ですので、建物を支えてくれる役割があります。

基礎はセメントやコンクリートなどで出来ている為、水分を多く吸収し、
また、劣化が始まるとクラックなどの症状も出ます。

基礎が水分を吸い込むことにより、内部へ雨水が侵入してしまい構造体である鉄筋などの腐食が始まり、
クラックが生じていれば、さらに吸収性が高まります。

また基礎は、雨だけではなく地面にからの水分の影響も受けています。

外壁塗装の際は、ほかの付帯部と比較して基礎塗装はあまり行われません。
ですが、どちらの方が良いのか?と聞かれれば、上記の理由から塗装はした方が良いです。

基礎塗装を行う事で、コンクリートの中性化を抑えたり、防水性の向上・吸水性の低下が実現されます。
建物を長持ちさせる為にも、基礎塗装は大事な工事です。

 

 

以上で、外壁塗装の付帯部についてのご紹介は終了になります。

各所しっかりと塗装を行う理由がありますので、皆さんそれぞれに必要のある塗装を行いましょう(*^^*)

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください!

 

ショールームへのご来店もお待ちしております⇩

【ラクストショールームのご案内】

お電話でのお問い合わせはこちら⇩

0120978917

ご相談・お見積り無料で承らせて頂きます⇩

【ご相談・お見積り】

外壁塗装・屋根塗装の価格はこちらから⇩

【塗装ラインナップ】

ご参考までに是非、ご覧ください⇩

【ラクストの施工事例】

外壁塗装・屋根塗装・防水工事 東京 江戸川区 葛飾区

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、足立区、墨田区、江東区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト