塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム > 【江戸川区】 塗料の低汚染性ってなに?? |東京 江戸川区…

【江戸川区】 塗料の低汚染性ってなに?? |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

コラム 2019.01.21 (Mon) 更新

皆さんこんにちは!

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(*^^*)

 

塗料の事を調べている時や、塗料を紹介される時などに、「低汚染性」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

塗料にはそれぞれ特徴があり、その特徴にはメカニズムがあります。

今回のブログでは、外壁塗料や屋根塗料の「低汚染性」についてご紹介させて頂きます。

 

低汚染塗料とは❔

 

低汚染塗料は、塗膜の表面に特殊なコーティング技術を施すことで、塗膜の密度を向上させ汚れが付着しにくい塗膜になります。

雨水が塗膜と馴染むため、表面に付着した汚れなどの不純物を綺麗に洗い流してくれるのです。

塗膜表面に汚れが付着しても、フワッと付着する程度ですので

雨は降った際、汚れと塗膜の間に上手く雨水が入り込み、汚れを洗い流すのです。

塗膜が付着しにくい=塗膜の劣化を抑える事が出来ますので

結果的に、建物の寿命を延ばすことに繋がる、大変理想的な塗料です。

よって低汚染塗料は、美観と高寿命の2つを手に入れることが出来る、素晴らしい塗料なのです。

 

低汚染塗料のメカニズム

 

低汚染塗料はなぜ汚れにくいのか、そのメカニズムについてご説明していきます。

低汚染塗料のメカニズムで一番重要なのが「親水性」です。

親水性とは、水と馴染みやすい性質の事で、この親水性を持つことで 塗膜に汚れが付着しにくくなるのです。

水に馴染みやすいと、なぜ汚れが付着しにくいかといいますと、

実は 排ガスなどの外壁に付着する汚れの成分は、親油性の汚れである為、

水と油が弾き合う様に、親水性にモノと油分の汚れが馴染みにくいという性質があるからです。

また、汚れを洗い流す働きの事を『セルフクリーニング効果』と言います。

 

 

以上、低汚染塗料のご紹介でした!

近くに工場があるなど、汚れやすい環境の中にお住まいの方は

セルフクリーニング効果を持つ、低汚染塗料をご使用されてみてはいかがでしょうか(^-^)?

低汚染塗料の中には、更に優れた調低汚染性を備えた塗料もございます。

皆様のお家の立地や環境に合った塗料を選ぶことで、建物をより長持ちさせることが出来ますので

塗料を選びも慎重に行いましょう😊

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

 

ショールームへのご来店もお待ちしております⇩

【ラクストショールームのご案内】

お電話でのお問い合わせはこちら⇩

0120978917

ご相談・お見積り無料で承らせて頂きます⇩

【ご相談・お見積り】

外壁塗装・屋根塗装の価格はこちらから⇩

【塗装ラインナップ】

ご参考までに是非、ご覧ください⇩

【ラクストの施工事例】

外壁塗装・屋根塗装・防水工事 東京 江戸川区 葛飾区

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、墨田区、江東区、足立区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト