塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 雨漏り > 【葛飾区】屋根からの雨漏りを起こさないためのメンテナンス方…

【葛飾区】屋根からの雨漏りを起こさないためのメンテナンス方法は?

雨漏りコラム 2020.10.23 (Fri) 更新

江戸川区・葛飾区のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)新小岩店です!

今回のブログを執筆させていただく若宮です!

江戸川区 外壁塗装

住宅の雨漏りは屋根から起こることが多いですが、雨漏りを起こさないためにメンテナンスを施す必要がございます。

屋根のメンテナンスはいくつかの方法があり、どれも金額や工期が異なります。

また、屋根のメンテナンスと言っても、雨漏りの具合や屋根材の劣化具合にあわせて

最適なメンテナンスを施さなくては意味がありません。

今回のブログでは、屋根のメンテナンス方法についてご紹介させていただきます!

ご自宅の屋根の劣化症状や雨漏りの具合に合わせた工事を知っておきましょう(^^)

屋根のメンテナンス方法

 

一口に「屋根メンテナンス」と言いましても、いくつかの種類がございます。

また、屋根材によってはその工事を施せないケースもございますので、メンテナンス前にリサーチしておく必要があります。

今回は、主な4つの屋根メンテナンス方法をご紹介していきます!

 

 1.葺き替え

 

葺き替え工事とは、既存の屋根を全て撤去し新たに屋根材を取り付ける工事です。

詳しくは、屋根材の下に設置されている野地板やルーフィングシートも撤去し、下地から全て新しい部材に取り替えます。

屋根の傷みや野地板の傷みが進んでいる場合や、重量のある瓦屋根の場合、この葺き替え工事が最適です。

 

  メリット

【耐震性が向上される】

瓦屋根の場合、現在普及されているコロニアル屋根などと比べると非常に重く、

その重量は一般住宅の屋根で6t近くあると言われています。

お家全体の重心が最も高い屋根部分にあると、当然崩れやすい造りになってしまいます。

日本は地震の多い国ですので、屋根材や下地の劣化を機に屋根工事をされる場合、

少しでも不安が残るのであれば、葺き替え工事をオススメいたします。

【住宅の寿命を延ばすことができる】

先ほどご説明した通り、葺き替え工事は下地ごと交換する工事ですので、屋根が一式新築される状態です。

屋根は常に太陽の日差しや紫外線・雨風に攻撃されていますので、屋根を新調することで

住宅全体の寿命を延ばすことができるのです。

 

  デメリット

【工事費用が高価】

屋根塗装や重ね葺きなどと比較すると、工事費用が非常に高額になってしまいます。

また、重ね葺き(カバー工法)と違うところは、既存屋根材の廃材がでますので、その分の処分費や既存屋根の撤去費用が加算されます。

【工期が長い】

既存屋根材の撤去など工程が少し増えますので、カバー工法よりも少しだけ工期が延びます。

 

 2.重ね葺き(カバー工法)

 

カバー工法とは、既存の屋根材の上から新しく屋根材をかぶせる工事です。

詳しくは、既存屋根の上にルーフィングシートを敷き、屋根材を設置し雨仕舞となる板金等を取り付けます。

コロニアル屋根などの軽量な屋根材の場合、このカバー工法が適用できます。

 

  メリット

【工事費用が安価】

カバー工法最大のメリットは、塗装工事などに比べ大規模な工事でありながらリフォーム費用が安い点です。

元々ある屋根材の上から、新しく屋根を作るだけの工事ですので、既存の屋根材を撤去する費用や廃材処理の費用が発生しません。

【工期が短い】

こちらも、既存の屋根材を撤去する必要がないため、葺き替え工事に比べ短い期間で工事が行えます。

 

  デメリット

【耐震性に影響を及ぼす可能性がある】

既存屋根材の上に新しく屋根材をかぶせるため、自然と屋根の重量が増えてしまいます。

住宅の重心が屋根にかかることで、耐震性が低下してしまいます。

【瓦屋根に対応できない】

カバー工法は元々ある屋根に、平らな屋根材を設置する方法ですので、

屋根材の形状が波型だったり、厚みがある場合ですと固定できず瓦屋根には不向きな工法です。

瓦屋根の場合は、皆さん葺き替え工事をご検討される方が多いです。

 

 3.屋根塗装

 

屋根塗装は屋根に塗膜を作り、屋根材を保護するメンテナンス方法です。

あまりに劣化が進んでいる場合は、高額な工事である葺き替えや重ね葺き工事が必要ですが

屋根の劣化がひどくない、コロニアル屋根やトタン屋根など瓦屋根以外の屋根に最適です。

 

  メリット

【工事が安価】

屋根塗装は小規模な工事であるため、数十万円でできる比較的控えめな料金でできる工事です。

屋根の勾配が急な場合は、別途で屋根足場分の費用が掛かりますが、屋根足場が必要な工事でも

全体の費用自体は葺き替え工事などの大規模な工事よりも、大幅に抑えられます。

【美観の向上・自由自在に色を選べる】

屋根塗装は既存の屋根に塗料を塗って塗膜を形成することで、屋根材を紫外線や雨風から守りますが、

同時に色を付けて美観を維持することができます。

また、その色はお客様のお好みの色を選択できますので、「今の色は微妙だな、、」という場合でも、

簡単に屋根の色は変えることができます。塗り替えをおこなうたびに、色変えを楽しむことができます。

【機能性の付与が可能

塗料には、太陽の熱を反射させ室内の温度が上昇するのを防ぐ遮熱塗料や、

暖かい室内の熱を外に逃がさず、太陽光の熱を抑える断熱塗料など、様々な優れた性能を持つ種類が多く、

それらの塗料を屋根に塗装することで、快適な生活をおくることができます。

他にも、防カビ・防藻性のある塗料、雨水で汚れを落とすセルフクリーニング効果のある塗料など、

色々な種類がありますので、皆さんの暮らしに合った塗料を探してみましょう!

 

  デメリット

【色褪せなどの劣化症状が美観を低下させる】

塗装を施すと、時間が経つにつれ塗膜の劣化が起こりますので、色褪せや剥がれ等の症状が生じます。

塗料の耐用年数に合わせ塗装を施せば問題ありませんが、使用する色によっては退色が早いものがあります。

基本的には赤や黄色などのハッキリとした濃い色です。

わざと耐用年数の早い塗料を使用して、塗り替え周期を短くし、塗り替えを楽しむということもできますが、

短い周期で塗装工事を繰り返せば、全体的なコストがかかってしまいますので

塗り替えメンテナンスをご検討される場合は、耐久性のほかに長持ちする色を選ぶのも良いでしょう。

【定期的な塗り替えが必要】

塗膜は永久的に保護を持続するわけではありませんので、塗料の耐久性によって塗り替えが必要です。

また、屋根と外壁の塗装を別々で行ったり、耐用年数がバラバラだと

何回も足場を建てることになりますので、屋根塗装と外壁塗装で足場費用が倍かかってしまいます。

費用を抑えてできるだけ塗り替え周期を延ばしたい方は、高耐久の塗料を選び

屋根の塗料と外壁の塗料で耐用年数を合わせることをオススメいたします。

補足として、屋根は外壁よりも外的要因による劣化が早いため、外壁よりも5年程耐久性が長い塗料を使用しましょう。

 

 4.防水工事

 

防水工事は陸屋根やバルコニーなどに適用するメンテナンス方法です。

既存防水層によって改修できる防水工法が異なり、間違えた工事を施してしまうと

防水層を撤去し一から工事のやり直しをするなど、大掛かりな工事に発展してしまいますので

防水工事を行う際は、防水知識が豊富で多くの施工実績がある会社を選びましょう。

 

  メリット

【雨漏りリスクを大きく低下させる】

陸屋根の場合、床面や巾木箇所には防水処理が施されておりますが、部分的な補修では意味がありません。

しっかりと新規防水層を作ることで、雨漏りの原因となる劣化部分も新しい防水層で埋まるため、

雨漏りを引き起こす確率もグンと下がります。

【施工後の改修工事は保護塗料の塗り替えのみで済む/工事費用も安価】

防水層は防水層自体の耐久性は高いですが、保護塗料であるトップコートの寿命がきます。

そのトップコートの塗り替えを定期的におこなうことで、長い期間防水層が生き続けます。

費用は面積により異なりますが、防水工事を毎回おこなうよりも安い金額で工事ができ、

一般的な戸建ての陸屋根の場合、工事期間も1日~2日程度で完了します。

 

  デメリット

【工事期間中は屋上やバルコニーが使えない】

防水工事をおこなっている間は、工事が完了するまで洗濯物ができず、洗濯機が外に設置してある場合使用ができません。

これは防水工事の内容に問わず使用禁止になります。

特にウレタン防水の場合は、防水材が硬化するまでに時間がかかりますので、

硬化前に誤って足を踏み入れたり、物を落としてしまうと跡がそのまま残ってしまいます。

そうなると、補修を施しもう一層塗布しなくてはならないため、工期が延びてしまいます。

【施工する業者によって仕上りが左右される】

防水工事は非常に難しい工事で、しっかりと熟知していなくては簡単にトラブルが発生します。

経験や知識を豊富に持つ作業員であれば問題ありませんが、経験の浅い作業員や少しかじったことある程度の作業員が

工事を施すと、雨漏りを起こさないためにおこなった工事のはずが、雨漏りを引き起こす事態になりかねます。

防水に特化した業者選びが肝心です。

 

雨漏りメンテナンス前の健康診断!

 

雨漏りが発生してから修理工事をする方が多いですが、本来雨漏りを起こさないためにメンテナンスをおこないます。

そして、メンテナンス工事の前には必ず、『どこが劣化しているのか』『どのくらい劣化しているのか』

『今すぐに工事が必要なのか』『どの工事が最適なのか』など、お家の健康を診断する必要がございます。

もちろん、雨漏りが生じた際にも診断をおこないます。この診断結果をもとに、診断報告書を作成やお見積りを作成するのです。

ラクストでは年中無休で診断受付をしておりますので、気になる方はぜひぜひご連絡ください(*^^*)

どんなお困りごとも、喜んでスピード対応させていただきます!

詳しくはこちら↓

★雨漏り無料診断★

 

 

Luxst(ラクスト)新小岩店外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
江戸川区・葛飾区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■Luxst(ラクスト)新小岩は塗装価格に自信があります!

江戸川区 外壁塗装葛飾区 外壁塗装

■Luxst(ラクスト)新小岩店には、お客様から選ばれる理由があります!

葛飾区 外壁塗装

投稿担当者

若宮 里穂RIHO WAKAMIYA

出身:東京都葛飾区

お客様へのメッセージ

皆さんこんにちは!株式会社 Luxst (ラクスト) のweb担当若宮と申します(^^)
いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
はじめてご覧いただいた方も、最後までご覧いただきありがとうございます。
ラクストのホームページでは、最新の施工事例情報や実際にいただいたお客様の声、
外壁塗装の豆知識などを随時配信しております!
Instagramでは、毎日の現場の進捗状況をお届けしております(*^^*)
ご相談やお困りごとがございましたら、いつでもご連絡ください!
ショールームへのご来店も心よりお待ちしております。
今後もいろいろな情報をご提供していきますので、これからもご覧いただけると嬉しいです(^^)v

LINE公式アカウントお友だち追加はこちら

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、城東エリア、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト東京