塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 雨漏り > 【葛飾区】住宅の雨漏り箇所は屋根だけではない!

【葛飾区】住宅の雨漏り箇所は屋根だけではない!

雨漏りコラム 2020.10.24 (Sat) 更新

江戸川区・葛飾区のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)新小岩店です!

今回のブログを執筆させていただく若宮です!

江戸川区 外壁塗装

住宅の雨漏りは屋根以外にも、外壁やバルコニー・窓回りなどからも起こります。

屋根以外にも雨漏りリスクの高い箇所が多いということですので、各所に適したメンテナンスをおこなう必要もございます。

今回のブログでは、雨漏りが起こりやすい箇所それぞれの修理方法をご紹介させていただきます!

外壁からの雨漏り

葛飾区 雨漏り

外壁塗装を行うことで外壁を守るための塗膜を形成しますが、その塗膜年数が経っていくほど

劣化していき塗膜機能が低下します。機能が低下すると外壁材の浸水性が高まり

雨水が建物内部に染みこんで、建物内部の腐食が進みます。腐食が進めば、部屋内にまで雨水が侵入

皆さんの目に見える雨漏りとなります。塗膜の劣化が見受けられる場合、外壁全体の塗膜劣化が

考えられますので、全体的なリフォームが必要となります。なるべく早い対応を取りましょう。

また、外壁塗装をおこない新たに塗膜を形成することで、外壁を守ることはできますが、

雨水は建物内部へ侵入していますので、躯体である木材や鉄骨が腐食していることが考えられます。

他にも、外壁材の劣化が進み損傷している場合は、外壁材の下地や外壁材自体の修繕工事が

必要となりますのでご注意ください。そして、雨漏り原因が塗膜劣化である場合、雨漏り箇所だけを

部分補修してもまたすぐに雨漏りが再発する恐れがございますので、全体的な修繕工事をおすすめいたします。

 

バルコニーからの雨漏り

葛飾区 雨漏り 

ベランダは外壁や屋根と同じく、毎日紫外線や雨風などの影響で傷んでいます。

ですが、ベランダは外壁や屋根と違い平面なため、雨が何日か溜まったり流れにくいけ傾向にあります。

そのため、劣化速度は一番早いかもしれません。

ベランダからの雨漏り原因として多いものは、ドレン(排水溝)の詰まり・笠木の破損・防水層の劣化の3点が主にあげられます。

【ドレン(排水溝)の詰まり】

バルコニーには、バルコニー内に溜まる雨水を流せるよう、ドレンに向けて勾配がついています。

ですが、雨水を流すと同時にバルコニー内に落ちた枯葉や木の枝・その他のゴミが

ドレン内に一緒に流れてしまい、詰まりが生じるのです。

ドレンが詰まることで当然雨水は流れない状況となり、ドレン周りには水たまりができます。

防水層の上に雨水が常に溜まっていると、防水層が劣化し剥がれなどの症状を起こし

そこから雨水が侵入→雨漏りという流れになります。

【笠木の破損】

笠木はバルコニーの壁や立上り部分の上に、雨水を侵入させないように被せる部材です。

そもそも、雨水を建物内部に侵入させないように設置させる部材ですので、破損すればそこから雨水が侵入し雨漏りを引き起こすでしょう。

笠木のジョイント部分には、防水処理としてシーリングが施されていますが

そのシーリングが劣化によってひび割れていたり、ちぎれてしまうと雨水の侵入口となります。

【防水層の劣化】

防水層は施す防水工事の内容によって耐久性が異なりますが、全てメンテナンスをおこなわなくては劣化します。

防水層が劣化すると、膨れ・ひび割れ・めくれ・浮きなど症状が起き、最終的に雨漏りを引き起こします。

 

窓からの雨漏り

葛飾区 雨漏り

住宅の外壁目地やサッシ周りには、シーリングが施されております。

シーリングはコーキングと呼ばれる事も多いですが、外装に使われるモノはどちらも内容は同じモノです。

このシーリングは、外壁目地の場合はクラックの発生防止のためにも施されているのですが、

外装の接合部に「防水」として施されております。

サイディング壁の場合、何枚かのサイディングボードを貼り合わせていますので、

ボードとボードの間には隙間ができてしまいます。

もちろん、外壁材の中には防水シートも設置されてはいますが、直に雨水を吸収し続ければ

わずか数年で防水機能がなくなるでしょう。

そういう観点からもサイディングボード同士の繋ぎ目には防水処理として、シーリングが施されております。

また、サッシは外壁材に穴をあけ取り付けていますので、サッシの枠周りも防水処理が必要となります。

外装の防水として施されているシーリングは、外壁塗装と同じく種類により耐久年数がございますので、

経年劣化が始まり、劣化が進む前に定期的なメンテナンスをおこなう必要があります。

シーリングは年数が経てば経つほどひび割れや破断・剝離・欠落・肉痩せが起こりますので、

雨水の建物内部への侵入を許してしまいます。

 

それぞれの修理方法

 

これまでご紹介いたしました、外壁・バルコニー・屋根の雨漏り修理方法をご紹介させていただきます(^^)/

 

 外壁

外壁では、劣化の内容によって修理の方法が異なります。

クラックが発生している場合、そのクラックにシーリング材を打設するなどクラック処理をおこない、

塗膜の剝離や膨れであれば、塗装工事を施し新しく塗膜を作る必要があるのです。

 

 バルコニー

バルコニーの雨漏りは、基本的に防水工事をおこない新しく防水層を作る必要があります。

ですが、既存の防水層によって施工できる防水工事内容が異なりますので、要注意が必要です。

防水工事の施工実績が多く、知識が豊富な職人のいる業者へ依頼しましょう。

 

 シーリング

外壁塗装工事を行わなくても、シーリングのみの工事もできますが、

塗膜とシーリング材の耐久年数は同じくらいなので、工事は同時に行う事をおすすめいたします。

また、シーリング工事の工法としては、既存のシーリングの上から新しいシーリングを重ねる「増し打ち」か、

既存シーリングを全て撤去してから新しくシーリングを打設する「打ち変え」がありますので、

ご自宅状況に適した工法で正しい工事を行いましょう。

 

ラクストの雨漏り無料診断受けてみませんか?

 

ラクストは元々、大規模な防水工事を請け負う防水業者でした。

役所や学校など、検査機関の厳しいところでも多くの施工をしていきました。

現在では戸建て専門となり、雨漏り修理のお問合せも数多くいただき、その全てのお宅様の雨漏りを止めてきました。

雨漏りが心配な方、現在雨漏りしている方、急な雨漏りにお困りな方、

目に見える実績と評価のある弊社ラクストで一度、雨漏り診断を受けてみませんか?

『雨漏りに強い外壁塗装』をスローガンに、喜んで皆様のお家へお伺いいたします!

まずはこちらのページをご覧ください😄

★雨漏り無料診断★

 

 

Luxst(ラクスト)新小岩店外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
江戸川区・葛飾区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■Luxst(ラクスト)新小岩は塗装価格に自信があります!

江戸川区 外壁塗装葛飾区 外壁塗装

■Luxst(ラクスト)新小岩店には、お客様から選ばれる理由があります!

葛飾区 外壁塗装

投稿担当者

若宮 里穂RIHO WAKAMIYA

出身:東京都葛飾区

お客様へのメッセージ

皆さんこんにちは!株式会社 Luxst (ラクスト) のweb担当若宮と申します(^^)
いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
はじめてご覧いただいた方も、最後までご覧いただきありがとうございます。
ラクストのホームページでは、最新の施工事例情報や実際にいただいたお客様の声、
外壁塗装の豆知識などを随時配信しております!
Instagramでは、毎日の現場の進捗状況をお届けしております(*^^*)
ご相談やお困りごとがございましたら、いつでもご連絡ください!
ショールームへのご来店も心よりお待ちしております。
今後もいろいろな情報をご提供していきますので、これからもご覧いただけると嬉しいです(^^)v

LINE公式アカウントお友だち追加はこちら

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、城東エリア、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト東京