塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外壁塗装 > 【葛飾区】外壁・屋根が劣化する理由とは?

【葛飾区】外壁・屋根が劣化する理由とは?

外壁塗装コラム 2021.01.07 (Thu) 更新

江戸川区・葛飾区のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)新小岩店です!

今回のブログを執筆させていただく若宮です!

江戸川区 外壁塗装

 

本日のブログでは、住宅の大事な「外壁」と「屋根」の劣化原因について解説いたします(^^♪

劣化原因が分かっていれば対策も打てますので、皆さんの大切なお家を守るためにも知っておいて損はないはず!

これを機に、ご自宅のメンテナンスを考えてみましょう😊

 

1.外壁の劣化原因

 

外壁の劣化には経年劣化によるものや、それ以外の原因など様々で

外壁の種類により劣化症状の起きやすいものもございます。

今回のブログでは、外壁の劣化原因についてご紹介させていただきますので、

皆さんの大切なお住まいの状況や築年数に合わせて、外壁塗装などメンテナンスを行いましょう。

 

 ①太陽の熱や紫外線による劣化

外壁は塗膜表面が、太陽光の熱や紫外線にさらされることで、塗膜が分解され劣化が始まります。

特に、紫外線の当たりやすい南面は、日の当たらない北面と比べると劣化が早く、

同じ住宅の屋根でも、建物に隠れた日陰の部分と良く日に当たる部分では、劣化速度が全く異なります。

外壁では劣化の初期症状として、チョーキング現象や退色が生じてきます。

 

 ②雨風による劣化

常に雨風にさらされている外壁は、日々ダメージを受けています。

外壁材の中でも金属トタンの外壁は特に、台風などの防風時には、

雨が外壁に打ち付けられることでサビなどが生じ、劣化が促進されます。

また、サイディング壁やコンクリート壁などの場合でも、いくら塗膜で保護されているからと言っても

酸性雨により、少しずつ影響を受けます。

 

 ③経年劣化による劣化

塗料や建物には、「耐用年数」というモノがあり いわば寿命の事を言います。

この寿命が近づくにつれ、無条件に経年劣化が起こり、クラックなどの劣化症状が発生します。

 

 ④塗料の耐用年数による劣化

塗料の耐用年数はその塗料により異なり、グレードが上がるにつれ耐用年数も長くなります。

これから外壁塗装をお考えの方は、是非下の欄を参考に塗料を選んで見てください(^^♪

塗料の種類 耐用年数
アクリル 5~7年
ウレタン 8~10年
シリコン 10~15年
フッ素 12~15年
遮断熱 15~20年
無機 20年~

ご自宅の塗料の耐用年数を覚えておくことで、外壁塗装のタイミングも計りやすく、

この中でもシリコンは現在人気な塗料で、コストパフォーマンスに優れた塗料になります。

また、屋根は外壁よりも劣化が早いため、屋根と外壁の塗装を同時に行う場合は、

屋根の塗料は耐久性の高い塗料塗料を使い、次回のメンテナンス時期を合わせるのも、外壁塗装のポイントです😊

 

2.屋根の劣化原因

 

屋根は皆さんの大切なお家を守る重要な部分ですが、下からでは見えにくく、ご自身では気づかない場合がほとんどです。

屋根の劣化が進んでしまうと、知らない間に住宅全体が傷んでしまう可能性もありますので、

外壁と同様に、定期的なメンテナンスを施す必要がございます。

今回は屋根が劣化する原因についてご紹介いたしますので、屋根の劣化原因を知り

「そろそろメンテナンス時かな」と目安を把握しておきましょう!

 

 ①屋根の役割

まず、屋根の役割についてです。

屋根は紫外線や雨風から住宅を守ってくれる役割があり、屋根が無ければ外壁の劣化は今よりも早まります。

また、屋根があるおかげで暑い時期も、直射日光を避け室内温度を一定に保っていられるのです。

 

 ②経年劣化

屋根は外壁と同じように、紫外線や雨風に常にさらされています。

そのため、どんなに頑丈な屋根材を使用していても、時間が経つにつれ劣化は進み、

屋根の劣化には、塗装した塗膜が劣化するケースと、屋根材自体が劣化する2パターンがあります。

塗膜の劣化だけでも、屋根の機能性は低下してしまいますが、

屋根材自体が劣化すると、葺替え工事を必要とし 屋根材を交換する必要がございます。

塗装の耐久性はおよそ10年前後ですので、塗膜の劣化であれば10年を目安に塗り替え工事を検討しましょう。

 

 ③カビ・藻の発生

カビや藻はジメジメとした暗い場所を好みますので、屋根の北側など日のあまり当たらない場所に多く発生します。

また、屋根の形状や住宅全体の歪みにより、水はけの悪くなっている場合ですと

日当たりの良い場所でも水が溜まっていると、その場所にはカビが発生してしまいます。

藻やカビを放置することで、屋根は傷み カビは人体にまで悪影響を及ぼします。

位色の屋根は遠目からだとカビが見えにくいですが

屋根の一部分でも日当たりの悪い場所がある場合には、定期的に点検を行いましょう。

カビや藻はバイオ高圧洗浄により洗い流す必要がございます。

 

 ④瓦のズレ

瓦屋根に起こる不具合ですが、瓦は小さなモノを漆喰で重ねてのせています。

そのため、漆喰の劣化により瓦の浮きが生じ、次第にズレが起こります。

瓦がズレてしまうと、その箇所から雨水が内部へ侵入し、瓦下の部材までも傷んでしまうのです。

結果的に 雨漏りが起きたり、ズレを直すだけで済んだことが、大掛かりな工事が必要になってしまいますので、

瓦のズレが生じた場合は、出来るだけ早く修理を行いましょう。

 

 ⑤自然災害

台風などの自然災害により、屋根の劣化が促進されることがあります。

特に、板金やその他の物が飛来し、屋根にあたってしまうと

屋根が破損し穴があくなどの被害が起こります。

ですので、台風の後には雨漏りが起こっていなくても、念のためお近くの業者さんへ点検をお願いしましょう。

 

 

Luxst(ラクスト)新小岩店外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
江戸川区・葛飾区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■Luxst(ラクスト)新小岩は塗装価格に自信があります!

江戸川区 外壁塗装葛飾区 外壁塗装

■Luxst(ラクスト)新小岩店には、お客様から選ばれる理由があります!

葛飾区 外壁塗装

投稿担当者

若宮 里穂RIHO WAKAMIYA

出身:東京都葛飾区

お客様へのメッセージ

皆さんこんにちは!株式会社 Luxst (ラクスト) のweb担当若宮と申します(^^)
いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
私は葛飾区の柴又出身で、ラクストでは元々防水職人として現場へ出ておりました!
ホームページでは、最新の施工事例情報や実際にいただいたお客様の声・外壁塗装の豆知識などを随時配信しております!
葛飾区・江戸川区の皆さん、外壁塗装や雨漏りについてはぜひラクストへお任せください(^^)/

Instagram

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区・葛飾区、城東エリア、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト東京