塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 防水工事 > 【江戸川区】ウレタン防水工事のあれこれ

【江戸川区】ウレタン防水工事のあれこれ

防水工事コラム 2021.02.27 (Sat) 更新

江戸川区・葛飾区のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)新小岩店です!

今回のブログを執筆させていただく若宮です!

江戸川区 外壁塗装

防水工事と一口に言ってもシート防水やウレタン防水、アスファルト防水など色々な内容の工事があり

工法も様々です。

本日は数ある防水工事の中でも、ウレタン防水工事についてご紹介させていただきます。

 

1.ウレタン防水工事とは

 

一般的に集合住宅や戸建て住宅の改修工事で行われる防水工事です。

液状のウレタン樹脂を下地に塗布させ、所定の厚みを付け防水層を形成する方法で

シート防水とは違い“液状”のため、階段や狭い箇所・複雑な形状の場所でも施工が行えます。

主に屋上やバルコニーでの施工が多いですが、マンションの共用廊下や駐車場などでも施工が可能です。

シート防水など継ぎ目のできる防水工事では、継ぎ目部分から漏水の恐れがありますが

ウレタン塗膜防水には継ぎ目が無く、平滑で綺麗な防水層となります。

※その仕上がりは工事を施す職人の技術次第で左右されてしまいますので、必ずしも同じ仕上がりになるとは限りません。

また、古い既存防水層を撤去せずに、既存防水層の上から施工を行えますので

撤去費用がかからない分、工事費用を抑えると共に工期を短縮する事も可能です。

ウレタン防水層の保護塗料で、仕上げとなるトップコートの色は

基本的には“グレー”“ライトグレー”が多いですが、他の色を選択する事もできます。

一度ウレタン防水を行ってしまえば、トップコートの塗り替えだけという

簡単な工事で防水層を長期的に保つ事ができるのです。

他の防水工事と比べ、防水層自体が軽量ですので建物への負担も軽減されます。

 

2.施工方法

 

ウレタン防水材は二液性の材料がほとんどで、最近では一液性の材料も販売されておりますが

現在では、まだまだ二液性の材料が主流となっております。

二液の材料は主剤と硬化剤に分かれていて

この主剤と硬化剤の分量を量り、機械を使って攪拌する事で硬化します。

多く作りすぎてしまえば、材料を使いきる前に硬化が始まり使用できなくなってしまったり

時間内に塗布する事ができても余ってしまいます。

反対に、少なく作ってしまえば材料がなくなる度に、材料を作る手間がかかりますので

材料を作る際は施工範囲や時間を計算して作る事で、作業効率も上がり無駄な費用をかけずに工事を行えます。

これも、施工を行う職人の腕にかかっています。

ウレタン塗膜防水工事は、作業だけでなく材料の使い方もとても重要です。

また、材料を作る際主剤と硬化剤の分量を間違えたり、攪拌が足りなかったりすると

ウレタン防水材が固まらず硬化不良となってしまいます。

その場合には、全撤去し一から作業を施す事となります。

 

3.トップコートとは?

 

皆さんのお家でも、屋上やバルコニー・ルーフバルコニなど

どこかしらに防水工事が施されていると思いますが、それぞれに「トップコート」という塗料が塗られています。

 ここでは、トップコートについてご説明していきたいと思います。

 

防水工事のトップコートとは、防水層を保護する為の塗料で

マニキュアを塗る際も、最後にコーティングとしてトップコートを塗りますよね?

防水工事に使用されるトップコートも同じ様なモノで、

「防水層のコーティング塗料」と考えるとイメージしやすいかと思います。

防水工事のトップコート塗装とは、防水層を守るための塗装です。

トップコートのざっくりとした説明をしましたが、なんだかモヤッとしませんか。

なぜかというと「防水工事とは壁なり屋根なりを塗装すること」と認識していたのに、

防水層を塗装するという不思議なフレーズが出てきたからではないでしょうか。

実際に住宅の防水で重要な働きをしているのは、防水層と呼ばれるものです。

防水層とは何かを簡単に説明すると、雨水の建物内部への浸入を防ぐために作られた層の事です。

防水工事とは防水層を形成することなのです。

防水を施す場所は、屋根やベランダなど外気にされされる箇所がメインとなります。

直接外気に触れる部分は、紫外線や風雨の影響によりダメージを受けていきます。

ダメージを受け続ければ、防水層の劣化が進み防水の機能が失われていき、

雨漏りや建物内部の腐敗に繋がっていってしまいます。

そこで防水層にトップコートを塗り、防水層を保護しダメージ軽減させるのです。

トップコートは保護の役割であり、防水性能はありません。

防水層の劣化が見られずトップコートの劣化のみであれば、「トップコートの塗り替え」で十分ですが

防水層の劣化が生じているのに「トップコートの塗り替えだけ」をしても

トップコート自体には防水効果はありませんので、状況が良くなる事がありません。

 

ウレタン塗膜防水は、知識・経験・技術が重要になりますので、信用のできる防水業者選びをしましょう(^^)

 

 

Luxst(ラクスト)新小岩店外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
江戸川区・葛飾区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■Luxst(ラクスト)新小岩は塗装価格に自信があります!

江戸川区 外壁塗装葛飾区 外壁塗装

■Luxst(ラクスト)新小岩店には、お客様から選ばれる理由があります!

葛飾区 外壁塗装

投稿担当者

若宮 里穂RIHO WAKAMIYA

出身:東京都葛飾区

お客様へのメッセージ

皆さんこんにちは!株式会社 Luxst (ラクスト) のweb担当若宮と申します(^^)
いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
私は葛飾区の柴又出身で、ラクストでは元々防水職人として現場へ出ておりました!
ホームページでは、最新の施工事例情報や実際にいただいたお客様の声・外壁塗装の豆知識などを随時配信しております!
葛飾区・江戸川区の皆さん、外壁塗装や雨漏りについてはぜひラクストへお任せください(^^)/

Instagram

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区・葛飾区、城東エリア、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト東京