塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > バルコニー防水工事

バルコニー防水工事の記事一覧

江戸川区 防水工事

【東京・葛飾区】 S様邸 バルコニー防水 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(*^_^*)   本日のブログでは、葛飾区 S様邸でのバルコニー防水工事の様子をお届いたします。 S様邸で使用した防水材は、オート化学工業から販売されている 「オートンウレアックスHG」という材料です。 1DAY工法が可能な大変優れた防水材で、既存がFRP防水の場合のみ使用できます。 戸建住宅のバルコニーは、FRP防水である事が多いので ほとんどの戸建住宅で行われる、改修工事では このオートンウレアックスHGが使用されます。 ウレタン防水材はトップコートという保護塗料が必要ですが、オートンウレアックスHGは 材料を二回塗れば施工完了となります。 比較的 施工が簡単な防水材ですので、DIYを行われる方にはオススメの防水材です😄 また、オートンウレアックスHGはトップコートと勘違いされやすいですが、この材料は防水材です。   それでは、S様邸のバルコニー防水工事のご紹介に参りましょう!   江戸川区 S様邸 防水工事   防水工事では初めに、ケレン・清掃作業を行います↓  工事前に高圧洗浄を行っておりますが、防水工事の際は必ず一番最初の工程でケレン・清掃を施します。防水工事はわずかなゴミでも残っていると、プライマーの性能が低下したり仕上がり・性能に影響を与えてしまいますので、一工程ごとに清掃や是正を施す必要がございます。次に、プライマーの塗布作業です↓ 防水材には接着力が無く、既存にそのまま塗布してもくっつくことが出来ませんので、工事の翌日には、防水層が全て剥がれてしまいます。その為、防水材を塗布する前にプライマーをしっかりと塗布する事で、下地と防水材がガッチリと接着し、強度のある防水層を作り出せるのです。DIYで施工する場合は、プライマーの塗布を忘れないようご注意ください😊最後に防水材の塗布作業になります。一層目塗布中↓              二層目塗布中↓  防水材は二回に分けて塗布を行います。一度に塗布できる塗布量が定められてますので、一回の塗布で厚みを付けすぎてしまうとフクレなど 施工不良の原因となります。毎工程、しっかりと手順を守る事で 最大限の性能を引き出せるのです。以上の工程でバルコニー防水工事完了です(^^)↓     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年09月20日 更新

バルコニー防水工事スタッフブログ

東京 葛飾区 江戸川区 防水工事

【東京・江戸川区】 バルコニー防水工事 I様邸② |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😄   本日のブログでも、江戸川区 I様邸でのバルコニー防水工事の様子をお届いたします。 前回ブログは以下のリンクよりご覧ください(*^^)↓ I様邸 バルコニー防水工事①   江戸川区 I様邸 防水工事   前回は入隅シーリングまでのご紹介でしたので、今回はいよいよウレタン防水材の塗布作業からになります!   まずは一層目の塗布を行います。塗布中↓                 塗布完了↓ ウレタン防水材は、立上りと平場では全く性質の異なる材料を使用します。立上りは地面に対して垂直に建っていますので、柔らかい材料では全て流れてしまいます。その為、立上り材は硬い性質で 塗布後はローラーの形がくっきりと残ります。そこで ヘラを使い押さえる事で、平滑な面ができ 尚且つ、膜厚を確保することが出来ます。対して平場材は、非常に柔らかい材料で硬化する前は柔軟性があります。材料を塗布すると、ある程度平たくなってくれますのでコテやローラーで厚みを均一に付け、平滑な面を作り膜厚を整えます。   次に、二層目を塗布します。塗布中↓                 塗布完了↓ 防水材は、一度に膜厚を付けすぎてしまうと施工不良が生じ、一度に規定膜厚を確保するのが難しいので、二回に分けて防水材を塗り重ねます。また、一層目の材料が硬化するまでに ゴミなどがついてしまった場合、二層目の塗布を行う前に、カッターでゴミを除き 是正を施します。塗り物は上から下へ塗っていきますので、立上り→平場の順で塗布を行います。   最後は、トップコートを塗布します↓トップコートとは、ウレタン防水材の保護塗料となります。ウレタンは紫外線に弱いため、トップコートで保護をしなければ早期的に不具合が生じてしまいます。そのため 防水工事後も 数年に一度、防水層の露出を防ぐためにトップコートの塗り替え工事を行う事も効果的です。また、トップコートを平場に塗布する際は、「チップ」と言う防滑材を混合させ塗布を行います。トップコートはあくまでも、ウレタン防水層の保護をする為のもので、防水材ではありません。ですので、改修工事の際 防水層に不具合があるにも関わらず、トップコートの塗り替えだけを提案してくる業者には、気を付けましょう。   以上の工程で、バルコニー防水工事 完了となります(*^_^*)     ウレタン塗膜防水は、知識・経験・技術が重要になりますので、信用のできる防水業者選びをしましょう(^^) 株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクスト始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年09月05日 更新

バルコニー防水工事防水スタッフブログ

東京 江戸川区 葛飾区 防水工事

【東京・葛飾区】 F様邸 バルコニー防水 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^-^)   本日のブログでは、葛飾区 F様邸のバルコニー防水工事の様子をお届け致します。 これまで F様邸は、外壁塗装や付帯部塗装のご紹介もさせて頂きましたので、 以下のリンクよりご覧ください↓ F様邸 外壁塗装 F様邸 付帯部塗装   今回の防水工法は、ウレタン塗膜防水密着工法で、使用している防水材は FRP防水の改修工事専用材、 「オートンウレアックスHG」という材料になります。 この防水材は その日の気候などにもよりますが、たったの一日で施工が可能で ウレタンを紫外線から保護するための、トップコートが不要な防水材です。 また、一液性のため 比率の間違えや、攪拌不足などによる硬化不良の心配もございません。   それでは、バルコニー防水工事の様子を見ていきましょう👀‼   葛飾区 F様邸 防水工事   まずは、施工前のバルコニーです↓ 外壁塗装や屋根塗装と同じく、バルコニーにも高圧洗浄を行い汚れやゴミなどを洗い流します。バルコニーや屋上などでは、入隅やドレン廻りに汚れが集中しますのでその箇所を重点的に洗浄します。汚れが付着したままプライマーを塗布しても、プライマーの機能が低下してしまい、防水材の密着力までも弱まります。結果として、防水層全体の機能も低下してしまいますので下地の処理はとても重要な作業なのです。ケレン・清掃です↓ ケレンで突起物を取り除き、平滑な面を作る下準備を行います。また、洗浄時は汚れを落とす事は出来ますが、地面が濡れている為掃き掃除ができませんので、ケレン後に清掃を行いゴミを取り除きます。先ほどもご説明した通り、ゴミや汚れが残ったままでは仕上がった防水層に影響を与えてしまいますので、清掃もしっかりと行います。そして、プライマーを塗布していきます↓ プライマーは既存防水層とウレタン防水材を、しっかりと接着させる役割がございます。プライマーはいくつか種類があり、下地がウレタン防水なのか塩ビシート防水なのか、またはコンクリートなのかなど、既存下地により使用するプライマーを使い分ける必要があります。下地に適したプライマーを使用する事で、性能を最大限に引き出す事が出来るのです。次に、ウレタンの一層目を塗布します↓ 冒頭でも、「オートンウレアックスHG」についてご紹介致しましたが、この防水材は、立上りも平場も同じ材料で施工が可能です。通常のウレタン防水材は、立上り専用と平場専用で分かれていますので、それぞれ施工を行う度に 計量をして希釈をして攪拌をする、という工程を踏みますがこちらの防水材は、一度に使用分の材料をバケツなどに移し 一気に施工を行えます。硬化も非常に速く、作業性に優れておりますので、1DAY工法というものが実現できます。一層目の硬化後に、二層目を塗り重ねます↓ 一層・二層と塗り重ねる事で、必要膜厚の確保が出来ます。「それなら一層で厚めに付けて一回で終わらせちゃえばいいじゃん!」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、どうしても二層に塗り分けなければならない理由がございます。通常のウレタン塗膜防水に使用される、ウレタン防水材も同じですが一回に塗布できる膜厚は、メーカーから指定されているもので一度に膜厚を付けすぎてしまうと、膨れなどのトラブルを引き起こしてしまいます。防水層を100%の状態で仕上げる為には、1つ1つ手順を守る事が大事なのです。最後に施工完了です↓     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクスト始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年07月16日 更新

バルコニー防水工事防水スタッフブログ

外壁塗装 防水工事 東京 江戸川区 葛飾区

【江戸川区】 Uマンション バルコニー防水 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^ω^)   昨日 ご紹介させて頂きました、Uマンションですが バルコニー防水工事の様子をお届けしていきたいと思います。 屋上とバルコニーの防水工事を行いましたが、屋上は「塩ビシート防水」  バルコニーは「ウレタン塗膜防水」と、種類が別ですので 分けてご紹介させて頂います。   江戸川区 Uマンション バルコニー防水   まず施工前のバルコニーがこちらです↓既存はコンクリートで、所々ひび割れが起こり雨水を吸収していました。放置していれば 雨漏りの原因となりますが、今現在、雨漏りが起きていない状態で防水工事を行う事で、将来起こり得る雨漏りを防ぐことが出来ます。雨漏りが生じれば建物の劣化は進み、劣化が進めば進むほど修繕工事は大規模な工事となり時間もお金もかかってしまいます。定期的なメンテナンスはどの工事でも同じですが、「トラブルが起きたから」するのではなく「トラブルが起きる前に」行う事が大切です。インフルエンザなどの予防接種と同じように考えて下さい。病気にかかる前に予防を行うのと、病気にかかった後に治療を行うのとでは、意味も内容も変わってきます。まずは、一番最初の工程であるケレン・清掃を行います。 バルコニーは、隣の部屋のバルコニーとも繋がっていますので、ゴミを端からブロワーで吹いていき、最後の部屋でまとめて拾います。バルコニーが仕切られていれば、一部屋ずつ清掃を行いますが仕切りの下の部分が空いていれば、一気にゴミを吹き飛ばす事で作業効率が上がります😄次に、下地調整です↓ 今回の下地調整は「ノロ引き」とも呼ばれ、水分を多めに含ませた柔らかい材料でカチオンをローラーやハケで塗布していきます。ケレン・清掃・下地調整により、既存下地を平にする事で仕上がりが向上され、綺麗な防水層が出来上がります。また、劣化が進み おうとつが酷く見られる場合は「しごき」と呼ばれる方法で、材料を硬めに作りコテで均しながら不陸調整を行い平滑な下地を作ります。下地と防水材を密着させる為、プライマーを塗布します。 汚水桝には塗布できませんので、ハケで慎重に見切りながら、塗布していきます。防水材には接着力がありませんので、プライマーを塗布しなければ下地と接着することができません。ウレタン塗膜防水工事において、プライマーの塗布は要となる工程です。こちらは、ほかの箇所のバルコニーですが入隅部にシーリングを施していきます↓入隅は 屋上でも同じですが、平場や立上りと比べ 劣化しやすい為、シーリングで強化します。車の振動や地震、生活の中で起こる「揺れ」により、建物は動きます。そして、立上りと平場が同時に同じ動きをしたり、違う動きをする事で入隅はその繋ぎ目部分ですので、揺れによる影響が非常に大きいのです。シーリング処理を施さなければ、簡単に破断してしまいますので全ての入隅箇所にシーリング処理を施します。バルコニー防水は、ウレタン塗膜防水の密着工法ですのでプライマー・シーリング充填後は、ウレタンをかけます↓ 平場にウレタンを塗布する際は、「塗る」ではなく「ウレタンを流す」や「ウレタンを撒く」という言い方をします。それは、ローラーにウレタンを付けて塗る訳ではなく、平場に直接ウレタンを流し、コテやローラーで塗膜を調整する事からその様な言い方をされています。そして、翌日  しっかり硬化しているを確認しウレタンの二層目を流していきます↓ ウレタンは二層に分けて塗布を行う事で、膨れなどのトラブルを防ぎ防水材本来の性能を100%発揮することが出来ます。二層目の硬化後は、トップコートを塗布しますがドレンにも色をつける為、エポタールを塗布します↓ エポタールとは、歴青質とエポキシ樹脂塗料を主成分とした2液性の常温乾燥型高級防食塗料です。その後、トップコートを塗布します↓ バルコニーの様な人が歩行する場所には、防滑材である「チップ」という粉を混ぜて トップコートを塗布します。トップコートは、防水層を保護する為の保護塗料ですので定期的にトップコートの塗替えを行うだけでも、防水層の寿命は大きく変わります。トップコートを全面に塗布したら完了になります↓   以上、Uマンションのバルコニー防水工事のご紹介でした!     外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など、皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。   ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。   Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。   Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊     2019年02月28日 更新

バルコニー防水工事スタッフブログ

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、足立区、墨田区、江東区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト