塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 助成金

助成金の記事一覧

東京 葛飾区 エコ助成金

《葛飾区にお住まいの方必見!!》外壁・屋根塗装の助成金最大20万円

みなさん、こんにちは! 外壁・屋根塗装専門店のラクスト新小岩店です。 外壁塗装や屋根塗装工事等でも助成金が支給されるのを知っていましたか? 東京都では都・区市町村にそれぞれ住宅建設及びリフォーム関連の助成制度があり、環境問題を改善する政策に特化した助成制度の中に、外壁塗装及び屋根塗装工事に対して、助成金が交付されています。 そこで今回は、東京都葛飾区にて実施されている「かつしかエコ助成金」の中にある、外壁塗装への助成金に関して徹底解説していきたいと思います。   外壁塗装助成金交付申請への申請条件や必要書類、記入方法なども見本を踏まえてわかりやすく説明していきますので、最後までお読みいただけると幸いです。 尚、今回のブログでは、個人住宅向けの外壁塗装助成金になりますのでご注意ください。 この記事ではこの先はすべて「個人住宅」を「戸建て」に言葉を統一します。 また、記事の内容は高反射率塗装関連の内容を編集、抜粋しておりますので、全文確認はかつしかエコ助成金のご案内をご確認ください。   ラクスト新小岩店では、助成金申請を無料サポートしております。 戸建ての他にも集合住宅、事務所も対応しておりますので、ご興味のある方はぜひラクスト新小岩店までお問い合せください。 さらに!ご相談、お見積もり、現地調査全て無料です!! ※お電話での受付もお待ちしております!! フリーダイヤル:0120-978-917 電話受付 10:00~20:00   かつしかエコ助成金について 再生可能エネルギーの利用促進や、省エネ・節電対策として、太陽光発電システムや省エネ機器などを戸建てに導入する際にかかる費用の一部を補助することが目的としています。 以下8つが葛飾区エコ助成金での戸建てに該当する助成金項目となっております。   太陽光発電システム 家庭用燃料電池 蓄電池 ホームエネルギーマネジメントシステム 遮熱塗装等断熱改修 LED照明機器 電気自動車・プラグインハイブリッド自動車・燃料電池自動車・電動バイク ゼロエネルギーハウス   この中で塗装工事に関連するのが「5.遮熱塗装等断熱改修」となっております。 対象機器は塗装工事とします。   外壁塗装の助成金を利用することのメリット、デメリット メリット ①外壁塗装及び屋根塗装工事費用を抑えられる。 ②環境問題改善、SDGsに貢献できる。   ほとんどのお客さまが外壁塗装工事費用を抑えられることを1番のメリットとし、助成金も申請を行っております。 なぜかというと、、、 こちらの外壁塗装及び屋根塗装工事に対しての助成金は葛飾区や限られた地域でしか行っていない助成制度なんです!! ちなみにお隣の江戸川区ではこのような助成制度はありません。 そのため、葛飾区へお住まいの方は他の地域の方よりも、断然お安く外壁塗装及び屋根塗装工事ができる!という最大のメリットがあります!!   デメリット ①塗料が指定されているため、好きな塗料を選ぶことができない。 ②助成金に必要な書類を作成、準備するのが大変。 ③助成金を申請してから助成金交付まで時間がかかる。   ②、③に関しては、確かにお客さまにとっては1番手間がかかる部分ではありますよね。 ラクスト新小岩店では、このような助成金申請に必要なめんどうな申請書類作成を、全て無料代行しておりますので、ご安心ください。   申請期間 令和3年4月1日(木曜日)から令和4年3月31日(木曜日)まで【必着】 ※予算を超えてしまうと条件を満たしていても助成金を交付できません。 外壁塗装、屋根塗装の助成金を検討されている方はお早めにご相談ください。   助成金対象者 次の要件をすべて備えた方になります。  区内の自ら居住する個人の方で、原則として世帯主。 新築不可、築1年以上を経過した建物。 改修する建築物は、建築基準法その他の法令等に適合していること。 住宅の販売又は譲渡を目的としていないこと。  賃貸住宅又は使用貸借住宅の場合は、住宅の所有者から改修することについて同意を得ていること。 令和 2 年度の特別区民税・都民税を滞納していないこと。※平成 31 年 1 月から令和元年 12 月 末までの所得 同じ遮熱塗装等断熱改修で区で実施している他の制度による助成を受けていないこと。  同じ種類の遮熱塗装等断熱改修に対して、既にかつしかエコ助成金制度等に基づく区の助成を受けていないこと。  助成金交付後に代金還元(キャッシュバック)を受けないこと。※キャッシュバックがあった 場合、助成金を返還していただくことがあります。 塗装工事対象箇所、使用塗料について 塗装工事対象箇所 屋根・屋上・壁等 ※塗装工事箇所は、屋根のみ、屋上のみ、壁のみでの助成金申請が可能です。 使用塗料等 高反射率塗料等 ※国内の第三者機関における日射反射率が 50%以上又は同等以上の性能であること。  遮熱塗装等断熱改修工事助成金額限度額について 屋根、屋上、壁等における高反射率塗装等に対し限度額20万円 ※助成対象経費の 1/4 又は施工面積 (㎡)×1,000 円(助成単価)のいずれか小さい額  ただし、屋根、屋上、壁等における高反射率塗装等以外の遮断熱塗料等断念改修 ①窓における遮断熱塗装等 ②断熱改修(外壁、屋根・屋上、天井、床、窓)) を同時に行う場合はこれらの助成対象経費を含めた限度額20万円分の交付となります。 ※「窓における遮熱塗装等」についてはラクストでは対応しておりません。   その他注意事項 ・印鑑は提出書類すべて同じものを使用してください。  ※スタンプ印不可 ・同一種類の助成については、一つの建物に対して 1 回限りとなります。  ※年度が替わっても一度助成 を受けた種類の助成に対しては対象となりません  ・国や都の補助制度との併用も可能です。  ・1,000円未満の端数は切り捨てとなります。 ※高反射率塗装関連の内容を編集、抜粋しておりますので、全文確認はかつしかエコ助成金のご案内をご確認ください。   かつしかエコ助成金申請方法について かつしかエコ助成金助交付申請から助成金の受領までの流れ 1.葛飾区役所にて外壁塗装助成金の交付申請 ↓審査2〜3週間程度 2.交付承認通知書を受領 3.外壁塗装工事着工 ↓塗装施工期間2週間程度 4.外壁塗装工事完工 ↓工事完了後2カ月以内 5.外壁塗装工事完工後に報告書等を提出 (6.場合によっては葛飾区役所員による施工した住宅の確認) 7.交付決定兼交付額確定通知書を受領 8.葛飾区役所から助成金・補助金交付 9.助成金の受領 ※工事完工報告書等を提出から1ヶ月程度 以上9つの事項が、基本的な流れになります。   塗装工事前申請必要書類 お客さまが必要な書類  かつしかエコ助成金交付申込書 前年度(令和 2 年度)の特別区民税・都民税納税証明書 賃貸住宅又は使用貸借住宅の場合は、住宅の所有者の機器等導入にかかる同意書  ※工事契約者=申込者個人であること。建物は共有名義可。 ※役所等の発行する証明書類は発行後3ヶ月以内のもの。   お客さま必要ではない書類 使用する塗料の本体価格、塗装工事費用などの内訳がわかる見積書の写し 塗装工事の施工箇所の形状及び面積がわかる平面図又は立面図及び面積の計算式を記載したもの 使用する塗料の規格がわかるパンフレットやカタログ等の写し  塗装工事の改修予定場所がわかるカラー写真又はカラー印刷のもの   その他書類 区長が必要とする書類提出を求めることがあります。 なお、当助成金の交付手続きにあたり、助成金額の交付の調整が必要となるときは、当該申請情報を東京都等と協議の上、提供することがあります。 塗装工事完了後必要書類 塗装工事完了後、2カ月以内に以下の必要書類を提出してください。   お客さまが必要な書類 かつしかエコ助成金完了報告書兼助成金交付申請書(第 7 号様式) かつしかエコ助成金交付請求書(第 10 号様式) 申請者が設置した住宅に居住していることを確認できるものの写し(保険証、運転免許証、住基 カード等のコピー、住民票の写し(原本)などで住所とお名前の記載があるもの。)  ※保険証の場合は、被保険者等記号・番号等にマスキング(黒塗り等)をしてください。 1.かつしかエコ助成金完了報告書兼助成金交付申請書(第 7 号様式) 2.かつしかエコ助成金交付請求書(第 10 号様式) こちらの2つの書類に関しては、かつしかエコ助成金交付申込書を提出した後に、葛飾区役所から届交付承認通知書と共に、お客さまのご自宅に送付されてきますので、無くさずに保管ください。   お客さまが必要ではない書類 塗装工事にかかる、領収書の写し及びその内訳書の写し 塗装工事箇所の施工中、施工後の写真、施工後の建物全体写真 使用塗料空缶の写真 高反射率塗装関連の内容を編集、抜粋しておりますので、全文確認はかつしかエコ助成金のご案内をご確認ください。   かつしかエコ助成金のQ&A Q.満額はどのくらいおりるの?A.20万円が限度額になります。Q.計算方法はどうやっているの?A.【対象工事費用の1/4】もしくは【塗装面積㎡数×1,000円】 どちらの計算も行い金額の小さい方が適用されます。Q.対象工事はどこからどこまで?A.塗装工事に付帯する作業や項目 足場組立・高圧洗浄・クラック補修工事等です。 付帯部の塗装は屋根・外壁塗装工事とは関係が無いため、対象にはなりません。Q.外壁塗装・屋根塗装どちらも工事をしないと申請できない?A.外壁塗装のみ、屋根塗装のみでも申請はできます。 また、どちらか片方のみに遮断熱塗料を使用する場合でも申請可能です。Q.外壁塗装だけ、屋根塗装だけだと限度額は変わるの?A.限度額は変わりません。 ですが計算方法が工事費用や塗装面積を基準としているため、満額おりるケースは少ないです。Q.外壁は対象塗料を使用、屋根は対象塗料以外を使用する場合、対象工事の費用はどうなるの?A.足場や高圧洗浄は外壁にも屋根にも必要なため、このようなケースの場合は分割されます。Q.遮断熱塗料であればどんな塗料でも良いの?A.いいえ、日射反射率が50%以上の遮断熱塗料に限ります。 また、提出する使用塗料のカタログやパンフレットの表紙に、ETV(環境技術実証企業)と記載されていない場合、第三者機関の証明書が必要となります。   「かつしかエコ助成金」まとめ 最後までブログを読んでいただきありがとうございます。 葛飾区で実施されている「かつしかエコ助成金」に関してご理解いただけたでしょうか? ラクスト新小岩店では助成金代行申請無料サポートを行っております。 そのため、ラクスト新小岩店スタッフは、助成金の申請内容にも詳しくお客様にご納得いただくまでご説明をさせていただきます。 ラクスト新小岩店ではこれまで多くのかたが「かつしかエコ助成金制度」をご利用になられ、ご自宅を綺麗にされてきています。   外壁塗装、屋根塗装工事に関してどんなに些細な疑問でもかまいません!! 外壁塗装、屋根塗装工事を少しでも費用を抑えたい!という方は、ぜひこの機会にラクスト新小岩店へご相談ください!! また、助成金には「個人宅」「集合住宅」「事業所」とそれぞれ内容が異なりますので、 かつしかエコ助成金のご利用をお考えの方は相談だけでもお問合せください(*^-^*)   ご相談、お見積もり、現地調査全て無料!! ※お電話での受付もお待ちしております!! フリーダイヤル:0120-978-917 電話受付 10:00~20:00     お得なキャンペーン情報!   💡1月31日(月)までWキャンペーン開催💡   スピードくじに挑戦しよう! 見積提出時に来店→誰でも参加OK! ※詳細は画像をタップ!   リフォームローンキャンペーン開催! 出費が重なる時期でも安心して外壁塗装ができる! 今なら金利負担0円でご案内いたします(^^)/ ※詳細は画像をタップ!   2022年01月27日 更新

助成金コラム

葛飾区 外壁塗装 助成金

【2022年最新版】東京都外壁塗装の助成金について徹底解説

みなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)新小岩店です! 外壁塗装を行う際に、助成金が受けられる事を知っていますか? 各自治体にて、外壁塗装などの住宅リフォームを行う場合に助成金または、補助金が適用されます。 今回は外壁塗装で適用される助成金について詳しく説明していきます。   外壁塗装で助成金がもらえるのはなぜ? みなさんも地球温暖化という言葉を聞いたことありますよね。 今日本だけではなく、世界中で地球温暖化や地球環境に関連する問題は深刻化してきています。 そこで、日本政府は他国とも協力して、全世界規模で環境問題を改善し、これからの未来の環境を良くするための取り組みを積極的に実施しております。 京都議定書というのも、その先駆けとなった条約の一つであり、最近ではよくSDGsという言葉を耳にする方も増えたかと思います。   この環境問題を改善する活動や取り組みに協力してくれる企業や個人へ、日本政府から助成金や補助金が交付されるということなんです。   地方公共団体の支援制度 住宅リフォーム関連での助成金・補助金が国や地方自治体から支給される項目は主に以下の7項目に分類されます。 ・耐震 ・バリアフリー ・省エネルギー ・環境対策 ・防災対策 ・同居対応 ・その他 これらは地方公共団体の支援制度にあたります。 外壁塗装はどの部分にあたるかというと、省エネルギー化:窓・壁等の断熱化、省エネ設備の設置等に該当します。   外壁塗装における省エネルギー化とは では、外壁塗装がどのような省エネルギー化に繋がるかというと、主にヒートアイランド現象を防止するための対策が目的とされています。 ヒートアイランド現象とは、都市の中心部の気温が郊外に比べて島状に高くなる現象です。 現在、国内で制度化されている対策には、緑化の推進や屋根面の高反射化(クールルーフ)、省エネなど様々なものがあります。   ヒートアイランド現象の主な3つの原因 ①地表面被覆の人工化(緑地の減少と舗装や建物な どによる人工的被覆面の拡大) ②都市形態の高密度化(密集した建物による風通しの阻害や天空 率の低下) ③人工排熱の増加(建物や工場、自動車などの排熱の増加) 都市特有の環境問題として近年注目を集めています。   ヒ ートアイランド現象は年間を通じて生じていますが、特に夏季の気温上昇が都市生活の快適性を 低下させるとして問題となっています。東京周辺で 30℃以上となる時間数は、1980 年代前半には、 年間 200 時間程度でしたが、最近では 20 年前の約2倍になり、その範囲も郊外へ広がっています。 世界の平均気温は、ここ 100 年で 約 0.7℃上昇しており、地球温暖化 が主な原因と考えられています。 一方、東京の平均気温はこの 100 年あたりで約3℃上昇しています。地球温暖化による気温上昇にヒートアイランド現象が加わり、 急速に都市の温暖化が進んでいると 言えます。 主な対策技術として (1)緑陰形成(街路樹、パーゴラ) (2)人工日よけ設置(オーニング等) (3)壁面の緑化(生垣) (4)敷地の緑化  (5)植え込み設置  (6)建物被覆の親水化・保水化 (7)舗装の保水化 (8)舗装の高反射化 (9)水景施設の設置 (10)ミスト噴射装置設置 が挙げられています。 その中で「(8)舗装の高反射化」が省エネルギー分野において、地球温暖化対策及びヒートアイランド現象対策の一貫として、地方公共団体より外壁塗装の助成金・補助金が交付されます。   資料)環境省 ヒートアイランド対策マニュアル ヒートアイランド対策ガイドライン平成24年度版 高反射性・遮熱塗料についてはコチラの記事をどうぞ   助成金と補助金の違い 補助金や助成金、給付金は「国・地方公共団体・民間団体など」から支出されるもので、原則は返済不要です。   【助成金】 助成金は決められた特定の塗料を使用する等の条件を満たしていれば誰でも受け取れるものです。 助成金とは国や地方公共団体が支給するものです。審査がなく要件を満たせば受けられるのが特長です。なかには要件が厳しいものもあり、申請すれば必ず受けられるものではありません。   【補助金】 補助金には受給にあたって審査があり、審査に通った場合のみ受給ができます。 補助金とは国や地方自治体の政策目的のために予算を組んで交付するものです。そのため、申請しても必ず受けられるものではありません。政策実現のためのものであるため、目的に一致していないと補助を受けることができません。 先着順で予算の上限までのものや公募で定められた応募期間に応募して認定を受けると補助金の対象となるものなど申請の方法は補助金により違います。 また、なかには補助金を受けたあとの報告が義務付けられているものもありますので注意しましょう。   補助金の方が審査が厳しい事から、助成金よりも支給額が高い場合が多いようです。 この記事ではこの先はすべて「助成制度」、「助成金」に言葉を統一します。   住宅リフォームに関する支援制度について 住宅リフォーム支援制度検索方法 1.お住まいの自治体ホームページにて検索、お問合せ 住宅関連の助金制度は交付元である、地方自治体のホームページに記載されています。 お住まいの自治体のホームページを検索し、該当の補助金を探しましょう。 2.住宅リフォームに係わる支援制度検索 地域住宅リフォーム関連の支援制度を一括検索できる便利なサイトがあります。 それが、住宅リフォームに係わる支援制度検索サイトです。 お住まいの市区町村と制度内容を入力すると自治体が実施する助成制度が検索できるようになっており、省エネなどカテゴリーや都道府県ごとに支援制度を検索できます。 3.お住まいの地域公共団体へ直接お問合せ ホームページなどをみても助成制度に関して、細かい規定や本当にたくさんの種類の支援があり、それも全て把握し理解するのが難しいかと思います。 そのため、お住まいの自治体へ直接お問合せいただき、ご相談されることをおすすめします。   住宅リフォームに関連する支援制度は外壁塗装だけじゃない 東京都江東区を例にみていきましょう。 先ほどの地域公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイトにて、東京都江東区の支援制度を検索してみると、以下のように複数の助成制度が検索結果として一覧がでてきます。 例)東京都江東区住宅リフォーム支援制度一覧 都道府県 実施地方公共団体 制度名(事業名) 支援分類 支援方法 工事施工者 東京都 江東区 マンション共用部分リフォーム支援・利子補給制度 ②バリアフリー化 ⑤防災対策 ⑦その他 ③利子補給 ④要件なし 東京都 江東区 高齢者住宅設備改修給付事業 ②バリアフリー化 ①補助 ④要件なし 東京都 江東区 身体障害者住宅設備改善費の給付 ②バリアフリー化 ①補助 ④要件なし 東京都 江東区 地球温暖化防止設備導入助成事業 ③省エネルギー化 ⑦その他 ①補助 ④要件なし 東京都 江東区 マンション共用部分リフォーム支援・利子補給制度 ①耐震化 ⑤その他 東京都 江東区 耐震改修等助成金の交付制度 ①耐震化 ①補助 ④専門家等派遣 ③その他の要件 東京都 東京都 家庭における熱の有効利用促進事業 ③省エネルギー化 ①補助 ④要件なし 東京都 東京都 自家消費プラン ③省エネルギー化 ①補助 ④要件なし そのため、本当は対象となるのにも関わらず、見逃してしまったりすることもあるので、こちらのサイトを利用すると効率的に検索することができるかと思います。大きなカテゴリーは同じリフォームでも、支援先や対象物件が個人や集合住宅、事務所によっても異なっていたり、自治体内でも担当部署がそれぞれ違ってくることから、このように複数の支援制度がバラバラの事業に記載されています。 ここでもう少し情報を付け加えると、こちらの地域公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイトに記載されていない住宅関連におる助成制度が存在します。そちらに関しては、東京都住宅対策本部の都・区市町村における助成事業、東京都における助成事業、または、区市町村における助成事業をご確認ください。 ※助成金・補助金は同時期に複数の申請ができない場合や、1度しか申請ができない場合がありますので、必ず申請元企業へ事前にお問い合わせください。   外壁塗装助成金を申請について 外壁塗装助成金申請申込み期限 年度初めから年度終わりの1年間が申請期間 ※予算額に達した場合はその時点で申請受付を終了 このような自治体がほとんどのようです。 年度の後半になってくると、予算に達し申請受付を終了しまったり、申請期限内に外壁塗料完工報告書を提出する必要がある場合などがございます。 そのため、助成金申請をご検討されている方は、早めに申込み準備を始めることをおすすめします。 また、翌年度分の助成金に関しては、予算決定後に発表されるため、3月中旬から4月1日以降の年度初めになります。   外壁塗装助成金を交付するための最低条件 助成金を申請するための条件は、主に以下の4つを満たしている必要があります。 ・建築基準法を遵守していること ・遮熱塗料や断熱塗料など基準に達した塗料を使用すること ・工事の着工前に申請すること ・きちんと納税していること 外壁塗装助成金申請から助成金受け取りまでの流れ 助成金の受け方は、それぞれの自治体により多少異なりますが、基本的な流れをご紹介いたします。 住居エリアの自治体にて外壁塗装助成金の交付申請 交付承認通知書を受け取る 外壁塗装工事着工 外壁塗装工事完工 外壁塗装工事完工後に報告書を提出 自治体による施工した住宅の確認 交付決定兼交付額確定通知書を受け取る 助成金・補助金の受給 以上8つの事項が、基本的な流れになります。 各必要書類提出後の承認通知書は、早くて2〜3週間、遅くて1ヶ月ほどかかるようです。 外壁塗装助成金助成金交付申請に必要な書類 ・助成金交付申請書 ・施工に係る費用と内訳がわかる見積書の写し等 ・助成対象要件を満たすことがわかるパンフレット等 ・施工前の写真 ・前年度の特別区民税・都民税納税証明書  ・建物の所有者を証する書類 自治体により 「見取り図」や「平面図」などの提出が必要となる場合や、個人宅や集合住宅、賃貸、事務所等で必要書類が異なってきますので、必ず事前に各自治体へご確認をお願い致します。 外壁塗装工事完工後の報告書に必要な書類 ・完了報告書 ・領収書または支払いを完了したことを証する書類の写し ・領収内訳書 ・出荷証明書 ・施工・設置した場所が分かる図面 ・施工中・施工後の写真  ・使用済み塗料缶の写真 ・助成金交付請求書   自治体により、「申請者が設置した住宅に居住していることを確認できるものの写し」や「建物登記事項証明書」などが必要となる場合や、個人宅や集合住宅、賃貸、事務所等で必要書類が異なってきますので、必ず事前に各自治体へご確認をお願い致します。 また、外壁塗装工事完工後に報告書を提出までを年度内(助成金実施期間内)に提出しなければならない場合もございます。 必要書類や提出方法、期限などはそれぞれ異なりますので、必ず事前に各自治体へご確認をお願い致します。   助成金申請代行を依頼するときの注意点 助成金は補助金よりも審査が通りやすいとは言われていますが、通らない場合もある。 申請代行業者へ依頼する際に、不正に申請料が請求される場合がある。 ラクスト新小岩店では、外壁塗装の助成金に関しての、代行申請を無料で行っております。 面倒な書類作成、申請も全て外壁・屋根の専門店のラクストへお任せください!!   ご相談、お見積もり、現地調査全て無料! ※お電話での受付もお待ちしております!! フリーダイヤル:0120-978-917 電話受付 10:00~20:00   2022年01月20日 更新

助成金コラム

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区・葛飾区、城東エリア、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト東京