塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外壁塗装

外壁塗装の記事一覧

江戸川区 外壁塗装

【江戸川区】サイディング外壁の外壁塗装

皆さんこんにちは! 江戸川区、葛飾区、外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😄   現在の日本の戸建て住宅に多いのが、サイディング外壁です。 今回は、そんなサイディング外壁に起こる劣化症状や 外壁塗装の必要性をご紹介していきたいと思います!   サイディング外壁に塗装を施す必要性   サイディング外壁は、建設中に組み立てられるものではなく、予め工場で作られた板状の外壁材です。 それを建物の外壁面に取り付け、住宅の外装が作られます。 ですが、どんなに耐久性に優れたサイディング外壁だとしても、 雨風や紫外線などの外的要因により、常にダメージを受けていますので 数年、数十年経てばサイディング外壁に施されている塗料や、サイディング外壁自体の劣化が生じます。 また、そのダメージは外装のみならず、建物内部へと浸透し建物全体の寿命を短くしてしまうのです。   サイディング外壁の劣化症状 年数が経てば経つほど、経年劣化が進み建物はボロボロになっていきます。 これは、サイディング外壁も同じことが言え、様々な劣化症状が現れます。 以下に様々な劣化症状をまとめましたので、 皆さんのご自宅にはどんな症状が出ているか確かめてみましょう!   サイディング外壁の塗膜劣化症状   【色褪せ】 紫外線や雨風の影響により、初めは綺麗な色だった外壁も退色が生じます。 色褪せが発生していたら、外壁塗装を行う時期が近づいています。   【ひび割れ】 塗膜の耐久性が無くなるとひび割れが生じます。 塗膜が割れてしまうと、サイディング外壁自体の劣化も進みますので、外壁塗装を検討しましょう。   【剥離】 塗膜剥離は、塗膜の耐久性が無くなっているサインです。 塗装後数年でこの症状が起こった場合は、手抜き工事が行われている可能性が高いので、慎重な業者選びをしましょう。 経年劣化による剥離である場合は、早急に外壁塗装を行うことをオススメいたします。   【膨れ】 塗装前のサイディング外壁が濡れていたり、乾燥時間を十分に取れていないと 太陽光により塗膜内部に残った水分が温められ、塗膜の膨れが生じてしまいます。 また、塗装作業の前に行われる洗浄作業が不十分の場合にも、膨れは生じます。   【チョーキング】 塗膜の耐久性が低下することで、塗料に含まれている顔料が粉化し塗膜表面に現れます。 手で軽く撫でるだけで、触れた箇所に粉が付きますので、チョーキング現象の確認は簡単です。 ご自宅の外壁でも試してみてください。   【カビ・苔・藻の発生】 日当たりの悪い箇所や、湿気が溜まりやすい箇所には、カビ・苔・藻が多く発生します。 これらは、繁殖する生き物で人体にも悪影響を与えますので、 洗浄を行うなどの対策を取りましょう。 また、洗浄を行う際には通常の洗浄ではなく、 バイオ洗浄を行い菌を根本から除去することをオススメいたします。   サイディング外壁の劣化   【クラック】 塗膜のひび割れではなく、経年劣化によりサイディング外壁自体にクラックが生じます。 クラックには、ヘアークラックという0,3㎜以下の細いクラックと 構造クラックという0,3mm以下の大きなクラックがあり、 構造クラックとなると、ひびも深くなり補修工事が必要となります。 ですが、クラックが生じている時点で、外壁塗装を行う時期となりますので 外壁塗装と同時にクラック補修を行うことをオススメいたします。   【反り】 塗膜の耐久性が低下したり、外壁目地に施されているシーリングが劣化することで、 サイディング内部へ雨水が漏水し、外壁材は常に水を含んだ状態となります。 そこへ、太陽の日差しや外気が触れることで、外側は水分が乾燥し 内側は水を含んだ状態となり、内部と外部のズレが生じサイディング外壁の反りや歪みが起こってしまいます。 反りを放置すると、雨漏りの原因にもなりますので、早めの対策が必要です。   外壁目地シーリングの劣化   【ひび割れ】 シーリング材は塗膜と同じく、雨風や紫外線の影響によりひび割れが生じます。 ひび割れた箇所から雨水が浸入した場合、サイディング外壁の劣化を促進させてしまいますので、 外壁塗装工事を行うと同時に、打ち替え工事も検討しましょう。   【肉やせ】 本来シーリング材は、外壁材と外壁材の間にピッタリと収まっておりますが、 経年劣化によりやせ細ってしまい、外壁材との間に隙間ができてしまいます。 肉やせが生じた場合も、建物内部へ浸水させてしまう恐れがありますので、早めの対策が必要となります。   【剥離】 シーリング材と目地の下地の密着ができていないと、硬化後シーリングが剥がれてしまいます。 シーリングが剥がれてしまえば、施されていないことになりますので、 外壁材へ負担がかかってしまい、クラックの発生を引き起こします。 また、簡単に雨漏りしてしまうでしょう。 皆さんが思っている以上に、住宅に施されているシーリングは大切な役割を果たしていますので、 すぐにでも修繕工事を行いましょう!     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、 雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております 2020年04月02日 更新

外壁塗装コラム

外壁塗装 東京 江戸川区 中央 ラクスト

【江戸川区】高圧洗浄の基礎知識とは?様々な洗浄方法を覚えよう!

皆さんこんにちは! 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^^♪   外壁塗装・屋根塗装に伴う洗浄作業は、塗装の仕上がりに大きな影響をもたらします。 ですが、「高圧洗浄ってなに? 」「数十分かけて簡単に水で洗い流すだけでしょ?」などと 高圧洗浄を安易に考えてしまう方や、少し疑問に思っても深く考えない方が少なくないかと思います。   実際に お客様の中でも、 塗装とそこまで関係のない事だと思っている方もいらっしゃいました。 それは、大きな間違いで 数多くある外壁塗装業者の中には 、高圧洗浄の重要性があまり知られていない事をいいことに しっかり工賃だけを頂き、中途半端な洗浄をする悪徳業者が存在します。 その様な事を未然に防ぐためにも、今回は外壁塗装の前に必ず行われる高圧洗浄について、ご紹介させていただきます。     外壁塗装にともなう高圧洗浄の重要性   外壁塗装を行うには、外壁塗装を施す前 古い塗膜やコケ・カビを落とし、外壁をまっさらな状態に戻す作業が必要です。それが、高圧洗浄です。新しく塗る塗料が、外壁にしっかりと付着するよう 密着性を高める為に、絶対に欠かせない作業です。外壁には、目に見えない汚れ 反対に頑固な汚れが、長い年月をかけ蓄積されていますので、長い時間を掛け、全体的にしっかりと汚れを落としていく必要があるのです。コケなどの汚れが残ったまま外壁塗装を行うと、塗装後 数ヶ月・数年で新しい外壁塗装は剥がれてきます。従って、汚れている外壁のみならず 外壁塗装を行う前には、高圧洗浄をする必要があるということです。コケなどの汚れは、ただ拭いただけで落ちるものもありますが、大体がそんな程度では落ちません。以前までは、ブラシを使い手で洗浄を行っていましたが、外壁材によっては 凹凸の深いものもございます。そういった個所だと汚れが落としづらかったり、落とし漏れなどがあったりしましたが、機能性の高い高圧洗浄機の登場により、深い溝や落としにくい汚れ、細かい汚れ なども綺麗に落とすことが可能になりました。また、工期の短縮にも繋がります。外壁塗装を行う際の高圧洗浄の期間は、平均的に1~2日ですが これを手で行うとなると、1週間くらいはかかるでしょう。ですが、塗装を行うにも1工程に1日かかるのに、洗浄だけで丸一日掛かるというのは 長く感じるかもしれません。 それは、入念に外壁を洗う必要があり 建物の維持をする為なのです。ですので、外壁塗装に伴う高圧洗浄は非常に必要性の高いモノだといえます。   高圧洗浄後は2日間(48時間)の乾燥時間が必要   高圧洗浄の際に、気を付けなければならない事は「乾燥」です。気を付けると同時に大事な項目の一つにもなります。高圧洗浄は水で行うため、乾燥させて乾ききった状態で塗装を行わないと、後々 塗膜の膨れなどを引き起こしてしまいます。乾燥時間には、季節にもよりますが 最低でも1日(24時間)、できれば2日(48時間)は必要です。例えば、外壁塗装を行う工程として 木曜か金曜に着工し 1日目 足場組み立て2日目 高圧洗浄土日の休業日を利用して3日目、4日目を乾燥機関として使う といった工程が望ましいです。乾燥期間を1日も取らない事がどういう事かというと、高圧洗浄が夕方に終わり 夜は太陽が出ていないため 乾きにくい状態です。そんな中、翌日の朝に次の塗り工程に入っても、18時に終わったとして翌日の朝だと14~15時間しか経っていませんので、外壁はまだ乾ききっていません。外壁に水分が残ったまま、次に工程である下地調整や塗装作業に移っても、仕上り後に 塗膜の剝離や気泡ができるなどといった、塗膜の不具合が発生し みるみるうちに劣化してしまいます。ですので、外壁塗装の高圧洗浄後は十分な乾燥時間を設けましょう。もし、1日も開けずに塗装を行う業者であれば、悪億業者の可能性が高いので、注意しましょう。   高圧洗浄の作業時間が異常に短い   先ほどもお話しましたが、高圧洗浄には基本的に丸一日掛かります。建物の大きさや、汚れの付き方によっては 2日かかる場合もございますが、大体が1日かかり、それを時間に換算すると7~8時間程の時間を費やします。ですが、高圧洗浄の時間が非常に短く、2~3時間ほどで終わってしまう業者がいます。皆さんお分かりだとは思いますが、高圧洗浄というのは、専用の機会を使い家全体を洗浄する作業です。そして、水を使いホースなどで軽く洗い流すという訳ではなく、非常に強い水圧で旧塗膜などを削り落とすイメージです。つまり、サッと一回水で撫でるだけで削り落とせる訳がありません。高圧洗浄作業をたった2~3時間で終わらせてしまうような業者だった場合、下地調整や塗装作業といった他の塗装工程も、手を抜かれてしまう可能性が大いにあります。   高圧洗浄の種類   まず初めに「トルネード洗浄」です⇩   トルネード洗浄とは?   トルネード洗浄とは、高圧洗浄機のノーマルノズルを トルネードノズルに取り換え行われます。通常の高圧洗浄は、先端がグルグルと回り、通常の高圧洗浄よりも勢いのある水を噴射することで、通常の洗浄では落とせない汚れを落とすことが出来ます。劣化した外壁には、長年蓄積されているゴミや古くなった塗膜などが付着しておりますが、トルネード洗浄を施す事で 綺麗に取り除けます。また、トルネード洗浄は通常の洗浄機とは違い、水が飛散しにくいというメリットもございます。トルネード洗浄は、バイオ洗浄のように洗剤を混合させるわけではなく、水を噴射するノズルが特殊な形の為 しつこい汚れを取り除きます。   威力が強すぎるので、取扱いに注意 トルネード洗浄は、非常に水圧が強いため 調整を間違えると、洗浄してるものを破損させたり人体に切り傷が出来てしまうほどの勢いがあります。他にも、網戸やサッシ・劣化の進んでいる箇所などに噴射をすると、お家に損傷を与えてしまう場合がございますので、屋根・外壁やなどでノズルを付け替え行うケースも多いです。トルネード洗浄は、主に屋根洗浄時に使用され、コロニアルやカラーベストなどのストレート屋根で、コケやぬめりの酷い屋根で活躍します。コケ・カビ・藻・ヌメリ・汚れ・旧塗膜を取り、洗浄前には黒かった屋根が真っ白になります。こうすることで、塗装後 長期にわたりキレイな屋根を保持することが可能になります。トルネード洗浄は、非常に圧力が強まるため ヌメリや汚れを確実に落とし、外壁塗装の美観や耐久性を向上させますがその反面、建物の破損などに繋がってしまい そうなると元も子もありませんので、水圧を調整したり程度に合わせた洗浄施してくれる信頼できる業者に任せた方が安心です。その点にも気を付け、依頼業者を選びましょう!   次に『バイオ洗浄』についてです⇩   バイオ洗浄とは?   バイオ洗浄とは、殺菌作用のある薬剤を水に混ぜて行う洗浄です。ここでは、そんなバイオ洗浄の性能を 更に掘り下げてご紹介していきたいと思います。新しい塗料や素材を使って外壁塗装を施す際は、外壁塗装を行う前に 必ず外壁を綺麗に洗い落とさなければなりません。外壁塗装の際、一番知られている洗浄方法は 高圧洗浄 だと思いますが、長年外壁に蓄積されているコケやカビは、高圧洗浄だけは落とし切れない場合があります。この様な 頑固な汚れはいくら高圧洗浄をしても意味がなく、そこで活躍するのが『バイオ洗浄』です。バイオ洗浄は、殺菌性のある薬剤を使用することで 頑固なコケやカビ・藻などを 根からそぎ落とし、再発を防いでくれます。外壁や屋根のコケ・カビを放置していると、塗料の密着性が低下するだけではなく 外壁材そのものの劣化を急速に早めます。せっかく塗替え工事を行うのなら、しっかりと落としておきたいですね(T_T)バイオ洗浄の際の、洗浄剤には有害な成分は含まれておりませんので、皆さんの大事なお家に使用しても問題はありません。ですので、外壁塗装の際 コケやカビが落ちにくそうであれば、是非 『バイオ洗浄』を選択してみてください。   バイオ洗浄のメリット バイオ洗浄で外壁を洗浄する事で、外壁の耐久性を高めるメリットがございます。同時に、耐久性が高まる事で 建物の寿命を延ばす効果もあります。塗装では、外壁の洗浄・下地調整の正確さで仕上りの良し悪しが決まりますので、コケやカビなどが 外壁に残っているままでは、良い塗料を使い外壁塗装のを施しても カビやコケはまた増殖します。また、洗浄がしっかり行われていないと 塗料が下地の密着せず、すぐに外壁塗装の塗り替えが必要になってしまいます。その為、バイオ洗浄で 外壁の凹凸に入り込んでしまっている汚れをしっかりと洗い落とし、塗料と下地ががっちりと密着するよう、下準備をしておく必要があるのです。     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、 雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております 2020年03月18日 更新

外壁塗装コラム

葛飾区 外壁塗装

【葛飾区】セラミック塗料のメリット・デメリット

皆さんこんにちは! 葛飾区、江戸川区、外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^^♪   先日、【セラミック塗料の特徴や間違えた知識】についてご紹介させていただきましたが、 今回のブログでは、【セラミック塗料のメリット・デメリット】をご紹介いたします。 セラミック塗料の特徴などについては、こちらのリンクよりご覧いただけます。   セラミック塗料のメリットとは?   前回ブログと被る部分もございますが、おさらいも含めセラミック配合の セラミック塗料について見ていきましょう👀   親水性 塗料を塗装することで形成される塗膜ですが、セラミック塗料で外壁塗装を行うと この塗膜表面にセラミックが広がり、親水性が高まります。 汚れは外壁に付着する訳ではなく、外壁塗装を行うことでできる塗膜に付着するのですが、 塗膜表面と汚れの間に水を通す機能を付けることで、雨が降るだけで汚れが落ちるのです。 これを親水性といい、セラミック塗料のメリットの一つです。   遮熱性・断熱性 セラミックの粒子が空洞を作り、この空洞は熱されると真空状態になります。 真空は熱を通さないので、セラミック粒子の入っている塗料は、遮断熱性が高いです。   デザイン性 セラミックが配合されている塗料は、塗膜表面がザラザラとした 細かい石の様なデザインとなり、高級感溢れる仕上がりになります。   セラミック塗料のデメリットとは?   メリットがあれば、デメリットもある! お次は、セラミック塗料のデメリットを見ていきましょう👀   クラックが生じやすい セラミック塗料は塗膜が固いことも特徴で、そのため塗膜が割れやすいのです。   濃い色が出せない セラミックの結晶は白色のため、淡い色しか出せず、どうしても濃い色をだすことができません。 そのため黒い色など、スタイリッシュな色を選定できません。 セラミック塗料は色の選択肢が少ないところもデメリットです。   作業性に欠ける 塗料に配合されているセラミックを、均等にし塗装する必要があるため 塗装を行う前に、通常の塗料よりも長い時間をかけて攪拌する必要がございます。 そして、セラミック成分の入った塗料は、塗装中の伸びが悪いため塗りにくく 作業に影響を与えてしまいます。   以上の様に、セラミック塗料には独特なデメリットがあるため 実績と経験が無ければ、十分に扱うことができません。 もしも、セラミック塗料を使用する際は、セラミック塗料の扱いに慣れた塗装業者を選びましょう!     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、 雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております   2020年03月18日 更新

外壁塗装コラム

葛飾区 外壁塗装

【葛飾区】セラミック塗料はどんな塗料?その知識は間違ってる!?

皆さんこんにちは! 葛飾区、江戸川区、外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(*^^)v   近年、訪問販売などでも「セラミック塗料」を使った外壁塗装を進められることが増えていますが、 果たして「セラミック塗料」とはどんな塗料なのでしょうか? セラミック塗料の性格な定義はなく、100%セラミック塗料というのもありません。 また、超高耐久な訳でもないので「セラミック塗料を使用するから大丈夫です」などと言うような業者は、 悪徳業者である可能性が高いので、要注意が必要です! それでは、セラミック塗料について、更に掘り下げてご説明していきたいと思います😎   セラミック塗料とは?   セラミックと聞くと強靭なイメージがありますが、セラミックは陶磁器全般を指す言葉で、 外壁塗装のセラミック塗料とは、「セラミックという原料を含んだ塗料」のことを指します。   セラミック塗料の間違えた知識   セラミック100%の塗料 結論から申し上げますと、セラミック100%の塗料は存在しません。 それは、塗料に含まれる成分の問題で、そもそも塗料には「樹脂」を混合させる必要があり、 この「樹脂」のおかげで塗料は外壁に付着し、塗膜を作る事ができます。 反対に言えば、「樹脂」を入れなければ塗料として機能することができないのです。 セラミックとは、その上から混合させる添加物ですので、塗料の「ベース」となるわけではありません。 よって、セラミック100%の塗料は存在しません。 また、セラミック塗料を勧められた際に気を付けなくてはならないポイントがあります。 それは、塗料に微量でもセラミックが入っていれば、「セラミック塗料」と呼ぶことができるのです。 という事は、ほとんどセラミックの効果がない塗料でも、「セラミック塗料」として勧めることができ、 もしも、悪徳業者の言葉巧みな営業トークにひっかり、そのセラミック塗料で外壁塗装を行うとなれば 消費者である皆さんは、セラミックとして効果のないその塗料に対して、高い金額を支払わなければなりません。 セラミック塗料を勧められた際には、安易な気持ちで話を聞かずに、 色々な角度からその塗料を調べ、正しい知識を得る事が大切です。   耐久性・耐用年数は上がりません セラミックが入っているからと言って、塗料の耐久性が向上されるわけでも、耐用年数が延びるわけでもありません。 こちらも先ほどと同じように、塗膜の主成分は「樹脂」であるため、塗料の耐久性は「樹脂」で左右されるのです。 樹脂のグレードは、下からアクリル→ウレタン→シリコン→フッ素となり、 現在日本で主流な塗料は、真ん中のグレードであるシリコンです。 シリコン樹脂の耐用年数は、おおよそ10~15年とされておりますので、 樹脂がシリコンのセラミック塗料の場合、耐用年数はシリコン樹脂に基づき10~15年となるのです。 ですので、「セラミック塗料だから耐久性が高いですよ!耐用年数が長いですよ!」と勧めてくる業者がいたら、 知識のない業者か悪徳業者の二択なので、この場合も要注意が必要です。   効果が異なるセラミック塗料 全てのセラミック塗料で同じ効果が得られるわけではなく、 それぞれの効果は、おおまかに塗料別に分類すると3種類に分けられます。   【意匠性の向上】 セラミックを入れることで、表面がザラザラとした細かい石のような、石材調の高級感あふれる外壁になります。 他の塗料を使用しても、セラミックのような高級は出せないので、セラミック塗料ならではの意匠性です。   【断熱性・遮熱性の効果】 「断熱」とは、部屋内の暖かい空気を逃がさず保温効果のあるモノで、 「遮熱」とは、太陽の熱を反射させ室内に熱を通さないモノです。 遮熱・断熱性のあるセラミック塗料で外壁塗装を行う事で、住宅にこれらの性能を持たせることができます。   【低汚染性】 親水性の高いセラミックは、塗装後の塗膜にセラミックの層を形成し 塗膜表面に付着した汚れの下に入り込み、汚れを洗い流してくれます。 これを「セルフクリーニング効果」といいます。     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、 雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております   2020年03月16日 更新

外壁塗装コラム

江戸川区 外壁塗装

【葛飾区】外壁塗装で起こるアレルギー反応とは?

皆さんこんにちは! 葛飾区、江戸川区、外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😄   世の中には様々なアレルギーが存在し、外壁塗装工事中に引き起こすアレルギーも存在します。 ご家族の中にアレルギーをお持ちの方がいれば、「外壁塗装はしたいけど家族のアレルギーが心配…」 と不安になられる方も多くいらっしゃいます。 また、今までは無かったけど外壁塗装を行う事で引き起こすアレルギーもございます。 今回は、外壁塗装工事で起こるアレルギーとその対策をご紹介させていただきます。   外壁塗装工事で引き起こすアレルギー症状   ◆ 喘息 ◆ 頭痛 ◆ めまい ◆ 湿疹 ◆ のどの痛み   それぞれの具体的な症状   喘息 喘息は気道の炎症により、咳や喘鳴が出たり、息苦しくなるのが特徴の症状です。 この症状を放置すると、事態は悪化し呼吸困難になってしまったり、最悪の場合死に至るケースもございます。 私も重度の喘息の出る時は、救急車で搬送され点滴を打たなければ治らない、という時もありました。 喘息というのは、外壁塗装以外でも激しい運動をしたときや、タバコの副流煙を吸ってしまった時など症状の出る条件は様々です。 また、年間では約1500人もの方が喘息で亡くなっているデータもあり、無視できない症状であります。 小児喘息は大人になってから治るケースがほとんですが、 大人になってからなる喘息は、症状が一度出てしまうと完治することはほとんどありません。 それでは、なぜ外壁塗装で喘息が出るのかと言いますと、塗料に含まれる「トルエン」や「キシレン」 と呼ばれる有機物質が原因で引き起こされます。 これらは、耐久性の高い溶剤系塗料に含まれる物質になります。 ですが、先ほどもご説明した通り、喘息は塗装以外にもダニやホコリでも起こるため、 明確な原因を特定するのは難しいものです。 少しでもその様な症状が出た場合は、病院で薬や吸入器をもらい最悪な事態を免れましょう。   頭痛 外壁塗装工事中には頭痛が起こる事もあり、その主な原因としては「シンナー」が考えられます。 「シンナー」に含まれる成分によって健康被害が生じたり、臭気によって頭痛が発症されます。 特に臭いに敏感な方であれば、シンナーの強い臭気に耐えられず頭痛が起こるでしょう。   めまい 外壁塗装中に起こるめまいの発症原因としては、これもまた「シンナー」で シンナーに含まれるVOCと呼ばれる揮発性有機化合物です。 人体にとって有害物質ですので、最近の塗料では影響を低減させるため 含有量を減らす対策もとられておりますが、 めまいの下人自体がシンナー以外でも発症しますので、こちらも詳しい原因は判明しておりません。   湿疹 湿疹は外壁塗装工事中に発症する場合もございますが、その明確な原因は判明されておりません。 そのため、溶剤系ではなく水性塗料を使用して外壁塗装したとしても、湿疹の起こる可能性がございます。   のどの痛み こちらの主な原因も、シンナーに含まれるVOCとされております。 また、VOC以外にも吹付け塗装を行った場合、吹付けた塗料が飛散し吸い込む恐れがあります。 塗料を吸い込んでしまうことで、のどの痛みに繋がる事もございます。   外壁塗装工事中のアレルギー対策   水性塗料の使用 外壁塗装で使用する塗料には「水性塗料」と「溶剤系塗料」があり、 溶剤系塗料は、シンナーで希釈を行ったり主な成分として溶剤が使われている塗料です。 水性塗料は、水で希釈を行い主な成分が水のため、アレルギーを引き起こす原因となる物質が少ないのです。 また、溶剤系塗料と比較すると臭気が少なく、頭痛やめまいなども起こりにくいでしょう。   防毒マスクの使用 喘息などの呼吸器に関わるアレルギーの場合、工事中や工事完了直後は防毒マスクや粉じんマスクなど 性能の高いマスクを着用することで、発症する確率を低減させる事ができます。 ですが、マスクを着用したままでは生活しづらいので、主には工事期間中の対策と考えましょう。 工事後の対策をするのであれば、使用塗料に気を遣う事が重要ポイントです。   住居を移す 工事期間中は親戚のお家やご実家など、住居を移すということも 外壁塗装工事中のアレルギー発症の回避には、最も効果的な対策と言えます。 工事完了後、自宅に戻った際に症状が起こる可能性がありますが、 期間中在宅しているよりも発症を抑えることができるでしょう。   最後に…   これらの症状は、毎日現場に出ている職人さんでさえも起こる症状です。 稀に起こる事ではございますが、狭い所を塗っている時や臭気の強い塗料を扱っている時など、 常に塗料と関わっている方でも簡単に発症します。(もちろん発症しない方も多くいますよ!) 実際に私自身も防水職人として現場に出ている時は、シンナーを扱う時はなるべく顔は近づけない様にしたり、 湿疹が出ないよう軍手の下にゴム手袋をしたり、臭いの強いモノを扱う時や這いつくばって作業をしなくてはならない時には 機能性の高いマスクを使用したりと試行錯誤をしながら現場に出ていました。 元々、喘息持ちで肌の荒れやすい私が、防水職人を目指したのが問題ではありますが…(笑) アレルギーなど何もない方でも臭気は気になるモノで、特に幼いお子様や高齢者、ペットのいるご家庭は 気を付けていただきたいところです((+_+))     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、 雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」 そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております 2020年03月13日 更新

外壁塗装コラム

江戸川区 外壁塗装

【江戸川区】外壁塗装に使用されるハケの豆知識💡

皆さんこんにちは! 江戸川区、葛飾区、外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😁   本日のブログでは、外壁塗装では欠かせない道具である「ハケ」についてご紹介させていただきます。 一言に「ハケ」と言いましても、油性塗料なのか水性塗料なのか、でも使用するハケは違ってきます。 施工中の細かい工程や仕様を守る事も大切ですが、もっと細かい事を言うと 塗料や施工箇所に適した道具を使用することも、外壁塗装工事成功の道となります(^^) 色々な豆知識をご紹介していきますので、お時間ある方は是非最後までご覧ください!   ハケの基本知識   ハケは、プラスチックや木の柄の先端に毛が取り付けられた道具で、塗装など何かを塗る時に使用されます。 書道やお化粧などで使われる道具は、筆と呼ばれていますが、ハケと筆に明確な違いや定義はありません。   形状の違いとして、ハケは平たく幅の広い形状をしていて、比較的広い面への塗布を目的として用いられます。 対して筆は、丸い形で刷毛のように平たい形状ではありません。 文字や絵など、広すぎない面で何かを描くことを目的に使われます。   ハケに使われる毛には、様々な種類があります。 天然繊維である動物繊維と植物繊維、などなど、ご紹介していきましょう!   刷毛の種類と特徴   刷毛には無数に種類があり、毛質・何性なのか・サイズにより仕様や塗りやすさが変わってきますので 塗る面積、場所によって刷毛をチョイスすれば綺麗に仕上げる近道となります。   水性用刷毛 水性塗料専用の刷毛はソフトでコシがあり、速乾水性塗料用から 国産ナイロン最高級を毛に用いた化繊刷毛や白色、茶色の毛が特徴的です。 柔らかい毛なので、塗料をよく含みます。   油性用刷毛 ニス・ラッカー・油性ペンキなど、溶剤系に対応した刷毛です。 水性同様、塗料の含みが多くなっている物が多く、黒や茶色の毛が特徴的です。 また、毛を束ねている接着剤も耐溶剤性でできています。   万能刷毛 水性と油性、どちらにも使用でき、外装や鉄部にも対応しているオールアラウンドな刷毛です。 両材料を用いる方には打って付けの刷毛かと思われます。 ですが、やはり適用の刷毛と同じような使いやすさではなく、 硬くて塗料をあまり吸わなかったりなど、不便な面もございます。   目地刷毛 他の刷毛には比べる、持ち手が長く毛の幅も狭いので、細かい所も難なく塗れる刷毛です。 例えば、狭い目地の間や溝など、細かくて塗り込むのが困難な部分も、能率よく綺麗に仕上げる事が可能です。 水性、油性と一本ずつ持っておきたい刷毛です。   動物繊維(動物の毛)   それぞれの動物の毛の特徴をご紹介していきます。   馬の毛  部位ごとにそれぞれ特徴がありますが、どの部分でも高級な原料とされていて、耐水性に優れている事が特徴です。 たてがみ:腰が強く、塗料の含みが良い 蹄の周囲:ハリがあり、細い毛だけど強い 胴体:柔らかく毛のまとまりが良い 尾っぽ:太い毛で、接着剤塗布用に使われる 尾っぽの付け根:新毛は天尾と呼ばれ、最高級品   豚の毛  馬の毛よりも硬く、弾力と腰があります。 毛先が割れているので、毛質のわりに柔らかいことが特徴です。   山羊の毛 馬の毛と同様、余すことなく全身の毛が使われます。 毛質が柔らかく、塗料の含みが良い所が特徴です。   その他の動物の毛 上記の3種類が主流となっておりますが、猪や鹿の毛を用いた刷毛もございます。 また、漆塗装用の筆やハケには人毛が使われることもあります。 動物繊維は、毛先が繊細で色艶が良く弾力のある物が良いとされます。   化学繊維   PBTというポリエステル系の樹脂繊維や、カネゴートというアクリル系化学繊維、またはナイロンやアクリルの化学繊維が使われます。 PBTとは、ポリブチレンテレフタレートの略で そのPBTは、耐水性・耐薬品性に優れており、酸やアルカリにも強く、化学繊維の中では高級素材と言われております。 乾燥が早く、曲がりやたわみの回復性に優れているのも特徴です。 カネゴートは軽量で耐水性・保水性に優れており、ソフトな質感ですが、コシはあまりありません。     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、 雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」 そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております 2020年03月06日 更新

外壁塗装コラム

江戸川区 外壁塗装

【江戸川区】乾燥時間が外壁塗装成功のカギ🔑

皆さんこんにちは! 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😎   外壁塗装では、高圧洗浄や下塗りが大切だと言われ重要視されています。 確かにそれはまちがいありません。 ですが、外壁塗装工事ではそれぞれの工程を終えるごとに、"乾燥時間"という オープンタイムを設ける必要があり、その"乾燥時間"は外壁塗装を成功させるカギにもなります。 「高機能な塗料」や「オシャレな色」を選ぶことに気を取られ、 施工内容まで気が向かなくなってしまった、その結果工事が失敗に終わってしまっては意味がありません。 今回は、外壁塗装の乾燥時間についてご紹介させていただきます(^^)   外壁塗装に必須な『乾燥時間』   外壁塗装や屋根塗装を行う目的は、塗料を塗り塗膜を成形することで 外壁や屋根を外的要因から守ることです。 また、住宅を守るという事は皆さんの暮らしを守る事でもあります。   塗料は乾燥させることで本領発揮ができる   塗料の中には防カビ・防藻性のある塗料や、遮熱・断熱性のある塗料、 耐用年数の長い耐久性に優れた塗料がございます。 ですが、これらの性能も塗膜が乾燥しなくては発揮する事ができないのです。 と言いますのも、外壁塗装時の塗料は塗装しやすいようにシンナーや水で薄めて使用します。 そして、塗装後乾燥させる事で塗膜の中のシンナーや水が抜け塗膜が固まります。 この工程を経てようやく、塗料に備わった機能が発揮され、外壁や屋根を守る事は出来るのです。 よって、皆さんの好みや生活に合わせて選んだ塗料の性能を最大限に発揮させる為には、 十分な乾燥時間を取ることが絶対条件なのです。   塗料以外も乾燥時間が必要   外壁塗装といえば塗料の事ばかり気になってしまいますが 外壁塗装工事では、塗装以外にもコーキングの打替えや高圧洗浄作業などがあり、 それらにも乾燥時間が重要になります。   【高圧洗浄】 外壁塗装の最初の工程として、外壁に付着した汚れを洗い落とす洗浄作業があり、 この洗浄作業を行う事で、洗浄後の外壁は水分をたくさん含んでいる状態です。 塗料は水分が一番の天敵ですので、雨が降っていなくても塗装面に水分が残っていれば 施工不良を引き起こしてしまいます。 そのため、この高圧洗浄作業後にも乾燥時間をしっかり取る必要があるのです。 洗浄後は一日程、乾燥時間を設ける必要がございます。 洗浄作業は半日~1日かかりますが、その日のうちに塗装まで行うような業者は 悪徳業者である場合がありますので、要注意しましょう。   【コーキング工事】 経年劣化により外壁にクラックが生じたり、目地やサッシ周りに施されているコーキング材が剝離したりします。 外壁のクラックには下地補修と言ってコーキング処理を施し、 目地などは打ち替え工事を行いますが、この工事の際にも乾燥時間が必要です。 打設直後のコーキング材は、少し触れるだけで形が変わってしまうほど柔らかく、時間の経過とともに硬化します。 コーキング材は、硬化して初めて性能を発揮しますので、きちんと乾燥時間を設け硬化させる必要があるのです。 また工程としては、コーキング工事後に塗装を行いますので、 コーキング材が硬化していないと塗装工事も出来ません。 しっかりと乾燥時間を設けることで、材料本来の耐用年数が期待できます。     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、 雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」 そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております 2020年03月02日 更新

外壁塗装コラム

江戸川区 外壁塗装

【江戸川区】おしゃれな外壁塗装×ネイビー

皆さんこんにちは! 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😁   住宅のメンテナンスは十数年に一度行ないます。 そして、そのメンテナンスのほとんどが、外壁塗装や屋根塗装などの塗装工事だと思います。 今回は、外壁塗装時の色選びについてですが 外壁塗装工事において、色選びは最大の難関といっても過言ではないほど 皆さん悩まれますので、一緒におしゃれな色選びを学んでいきましょう!   ネイビーの外壁   スタイリッシュで上品な印象を与え、外壁では白とネイビーのツートンカラーが人気です。 それでは、メリット・デメリットを見ていきましょう👀   メリット   【重すぎず爽やか】 ネイビーは誰からも好まれやすい色で、地域の印象にも影響を与えず 「ご近所さんの目が不安」、という方でも配慮が万全なカラーです。 色のトーンが暗くても、落ち着いた印象の仕上がりになりますので、 「落ち着いた見た目にしたいけど、黒色だと重いなあ…」という方におススメです。   【色のトーンによって大人っぽい演出もかわいい演出も可能】 一口に「ネイビー」と言いましても、様々な種類があります。 色のトーンを変えるだけで、自分好みの住宅を演出でき、その振り幅は大きいため 業者さんにカラーシュミレーションなどで何通りかお願いしてみましょう。   【紫外線に強い】 外壁には、色褪せや変色といった不具合がよく起こりますが、 そのような劣化現象の一番の原因は「紫外線」なのです。 青系統の色は紫外線を反射する性質があるため、ネイビーで塗装を行うと 色褪せや変色が起こりにくくなります。 せっかく塗装を行うのであれば、色褪せしにくい色を選びたいですよね。   デメリット   【色褪せが目立つ】 ネイビーが色褪せや変色の起こりにくい色とはいえ、そのような症状が起こらない訳ではありません。 外壁塗装は数十年に一度塗り替えを行いますが、それはどんな色の塗料でも経年するからです。 では、なぜネイビーの色褪せが目立つのでしょうか? それは、色褪せを起こした塗膜表面は、チョーキング現象が起こり白っぽく変化するため 本来の色との対比により、淡い色と比べると濃い色の方が目立ちやすくなります。 色褪せなど見た目に影響を与える劣化症状は、より古びた印象を与えますので、 ネイビーで外壁塗装を行う場合には、耐用年数の長いシリコン塗料やフッ素塗料を使用することで 美観を保つことができます。   【汚れが目立つ】 外壁に付着する汚れは、カビや藻・砂埃など原色にグレーを混ぜた中間色が多いため、 ネイビーなどの濃い色は、汚れとの色の差が大きく汚れが目立ちやすくなってしまいます。 これは、ネイビーに限ったことではなく その他の濃い色を使用する場合も同じで、 低汚染性のある塗料や防カビ・防藻性のある塗料を選びましょう!   【艶々しい】 光を反射しやすい色は艶を際立たせるため、艶有り塗料を選んだ場合、 当初のイメージよりも目立ちすぎてしまう恐れがございます。 艶が出すぎると、ネイビー本来の印象である落ち着いたイメージが無くなり、 安っぽい印象や派手な印象を与えてしまいます。 ですが、使用する塗料によって異なりますが、艶消・3分艶・5分艶・7分艶・艶有 と選べますので、 ご自身のイメージに近い艶感を選択しましょう!     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、 雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」 そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております 2020年02月23日 更新

外壁塗装コラム

江戸川区 外壁塗装

【江戸川区】外壁塗装の2度塗りはあり得ない!! ※悪徳業者に要注意

皆さんこんにちは! 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^^♪   外壁塗装工事では、下塗り・中塗り・上塗り3回塗りが鉄則で、中塗りと上塗りでは同じ塗料を使用します。 ところが、手抜きを行う悪徳業者は、この中塗り工程を省くケースが多く 塗り回数を減らすことで、塗料本来の対応年数が短くなってしまいます。 また、耐用年数が短くなるという事は、劣化の発生が早まります。 本来10年耐久の塗料でも 早ければ2~3年程で劣化症状が見られます。 塗料にはそれぞれ、メーカーより規定された膜厚があり その膜厚を確保する事で初めて、塗料本来の性能を発揮できるのです。 もしも業者が、2回塗りで3回分の厚みを付けると言ったら注意が必要です。 一度に多くの塗料を塗っても、外壁塗装では意味がありません。 塗料には、一度に塗布できる塗布量が決まっていて、 必要以上に膜厚を付けすぎてしまうと、膨れなどの施工不良を引き起こしてしまうからです。 他にも、塗り回数を減らした挙句、塗料の希釈率を上げる手抜き方法もあり、 塗り替え回数を減らすような悪徳業者は、希釈率を上げることもやりかねません。 塗料を薄めて塗装することで、より膜厚が付けられなくなり、耐久性や耐用年数は更に低下します。 仮に、3回塗りを行ったとしても、必要以上に希釈してしまえば 耐久性は低下します。 外壁塗装では、メーカーの定めた規定に準じて行う事が一番大切なのです。 そして 素人目からして、2度塗りか3度塗りかを見抜くことは安易ではありません。   しっかりと工事を施してもうためのチェックポイントを覚えておきましょう⇩   ・見積書の塗装項目を確認 ・工程表の確認 ・工程毎の写真撮影をしてもらう ・作業を良く見る   見積書の塗装項目を確認 見積書の内容には、使用される塗料の名前や工法・施工箇所・平米数や個数など 様々な工事内容が記載されています。 見積書の内容が細かければ細かいほど、信頼のおける業者と言えます。 もし、塗り回数など重要な部分や気になる部分が抜けていれば、 遠慮せずにどんどん明細を確認しましょう。   工程表の確認 外壁塗装では、工事期間中どの日にどんな作業をするのかがを記載した工程表を作成します。 通常 塗装工事は、7日かかる工事ですので 着工~完工までの期間が、あまりにも短い場合は注意しましょう。 また、その際も何日目にどの作業を行うのか、塗料の乾燥期間は考慮されているのか、 雨の多い梅雨時期や夏の時期は、雨も考慮された工程なのかなど、事細かに業者へ質問をして下さい。   工程毎の写真撮影をしてもらう 各工程毎に写真を撮ってもらい、提出してもらう事で 適切な工事を実施しているのかが、簡単に確認でき 業者側も手は抜けません。 ですが、写真撮影の箇所だけ丁寧に作業をし、その他は手を抜く という悪徳業者も存在しますので、一番初めの業者選びが非常に肝心です。   作業を良く見る 日中、お仕事や用事のある方は難しいかもしれませんが、 代理でお家にいる人にチェックしてももらうなど、対策をしていきましょう。   その他の注意事項   外壁塗装工事で3回塗りが鉄則だからと言って、一日で3回塗ることは絶対にしてはいけません。 もしも 一日で塗装を終わらそうとしているのであれば要注意です。   季節や天候にもよりますが、塗料が乾燥するまでに大体4時間ほどかかり、 暑い時期や天候に恵まれていれば一日で2回の塗装は可能です。 しかし、一日に3回塗装するというのは、物理的にも厳しく 施工仕様的にも施工不良を引き起こします。 3回塗りを行うには、乾燥期間や塗り面積などを考慮すると、三日以上が望ましいです。   また、下塗りを行ってから中塗りを行うまでの期間は、出来るだけ短くなければなりません。 長期間放置してしまうと、下塗り塗料の性能が低下し 塗膜表面に汚れが付着してしまうので、密着しづらくなってしまいます。 そしてこれは、中塗りでも同じことが言えますので、 雨が降るなどの特別な理由も無く、一週間以上放置されている場合は直ぐに業者へ問い合わせましょう。   3回塗り以上も危険ですので、詳しくは以下のリンクよりご覧ください😄↓ 外壁塗装の4回塗りは良い?悪い?     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、 雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」 そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております 2020年02月14日 更新

外壁塗装コラム

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、城東エリア、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト東京