塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 屋根リフォーム工事

屋根リフォーム工事の記事一覧

葛飾区 瓦 補修

【葛飾区】瓦屋根が落ちてきた!?瓦屋根の修理方法とは

江戸川区・葛飾区のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)新小岩店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 地震や台風の多い日本では、瓦が飛んでいってしまったなどのニュースも多く、日本各地では被災されている方が多くいらっしゃいます。 屋根は雨漏りを防いだり、強い日差しを避けたりと、私たちの暮らしに欠かせない存在です。 しかし、劣化が進んでしまえば耐久性は衰え、瓦が割れたり飛ばされたりと、私たちの当たり前の暮らしは一転する事となるでしょう。 今回のブログでは、瓦屋根の『修理』について詳しくご説明していきます!   瓦の修理方法   瓦屋根の修理方法は大きく2種類に分かれ 壊れた箇所だけを直す『部分補修』と 屋根全体を直す『葺き替え』となります。 部分補修から順番に ご説明していきたいと思います(^^)    劣化した瓦の交換 瓦は台風や地震などの影響により負担がかかり、間違いなく傷みが生じます。 実際に目に見える傷みでなくても、永久的な耐久性を持っている訳ではありませんので、 瓦は少しずつ少しずつ劣化し、その経年劣化に耐えられずズレてしまったり、欠けてしまうのです。 このような場合は、傷んだ瓦だけを部分的に交換します。 屋根は日ごろから見える位置にないため、日々の生活の中で気づくケースは少なく ほとんどの場合が「雨漏りしてから」「瓦に何か起きてから」瓦の劣化に気付きます。 しかし、雨漏りしてから気付いた場合、手遅れな状態が多く、建物の内部に雨が染みこんでしまっています。 ですので、台風や豪雨・地震の起きた後には近くの屋根業者に瓦の状態を見てもらいましょう!    漆喰の塗り直し 漆喰とは石灰岩を焼いて水を加えた水酸化カルシウムで、実は私たちも良く目にした事のある 学校のグラウンドに線を引いていた、あの白線の粉と同じ原料です! そして、屋根に施されている漆喰は、屋根の一番高い位置にある「棟」の台土を守るために、塗り込まれています。 瓦が無傷の場合でも、自然災害や経年劣化によって漆喰の方が先に傷んでしまう事もあります。 漆喰の剥がれは『雨漏りの原因』にもなりますので、瓦の交換が必要ない場合でも 漆喰の塗り直しを行いましょう!    瓦屋根の葺き替え工事 瓦屋根の工事では部分工事の他に、『葺き替え工事』というものがございます。 こちらは、屋根全体の工事になりますので、全ての瓦を新しい物に交換する大掛かりな工事です。 瓦の耐久性は瓦の種類によって異なり、短いもので20~30年ほど、長いもので50~80年の耐久年数があります。 「意外と長いじゃん!」と思われる方も多いと思いますが、戸建て住宅で屋根が瓦のお家は 人生に一度は葺き替え工事を行う事になります。 瓦の葺き替え工事は「ただ単に瓦だけを剝がして新しい物に変える」という簡単な工事ではなく、 瓦の下地となる野地板の張り替えや、瓦と瓦を繋ぐ棟板金工事なども必要です。 工事費用や工事規模が大きくなりますので、計画的に葺き替え工事を行いましょう!     Luxst(ラクスト)新小岩店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。江戸川区・葛飾区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)新小岩は塗装価格に自信があります! ■Luxst(ラクスト)新小岩店には、お客様から選ばれる理由があります! 2021年04月12日 更新

屋根リフォーム工事コラム

江戸川区 外壁塗装

【江戸川区】屋根塗装はなぜ行う?屋根塗装を行う劣化サインは?

江戸川区・葛飾区のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)新小岩店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 外壁塗装と同じ時期に行われる屋根塗装ですが、お問合せの中には「外壁塗装だけ」を ご検討されている方も多くいらっしゃり、そもそも屋根塗装を行う意味や 施さなければならない理由を知らない方が多いです。 屋根も住宅を守る大事な箇所であり、外壁と同じくらい重要な部材です。 そこで今回は、屋根塗装の必要性についてご紹介していこうと思います(^^)   1.塗装を行う3つの理由   塗装には【住宅の美観向上】【住宅を守る】【機能性を加える】と3つの意味があります。  ①住宅の美観向上 外壁も同じくですが、屋根に塗装を施すことで新築時の輝き・美しさを取り戻します。 住宅の外観はそのお家に住む人のイメージにも繋がります。 また、ガラッと色を変えることでイメージチェンジでき、 皆さん自身も心機一転、新しい気持ちで生活を迎えることができます。 以下のリンクでは、色選びについてご紹介しております😄 今後、塗装工事をご検討中の方や、色選びにお困りの方は是非ご覧ください↓ ・失敗しない色選び ・色選びのコツ! ・ツートンカラーのコツ!  ②住宅を守る 塗装を施すことで紫外線や雨風など、外的要因から住宅を守ることができます。 塗料を塗ることで、屋根や外壁を守る為の「塗膜」ができますが、 この塗膜が住宅の鎧となり、紫外線のダメージを最小限に抑えたり、住宅の劣化を防ぐのです。 塗装をしなければ、外側だけでなく住宅の内側にまで劣化が生じ、一年毎ではなく日に日に蝕んでいくでしょう。 劣化と言うものはメンテナンスをおこなわなければ、止めることはできませんので 住宅メンテナンスを放置することで、あっという間にボロボロなお家の出来上がりです…。 また、塗膜は一度作れば永久的という訳ではないので、10年前後を目安に定期的な塗り替えが必要なのです。 屋根は外壁に比べ紫外線にあたっている時間も長く、雨風に晒されることも多いので、屋根の方が塗膜の寿命は短くなります。 外壁と同じ塗料を使うのであれば、必然的に屋根の塗り替え回数の方が多くなり、足場代もその分かかってしまいます。 ですので、屋根塗装を行う際には、外壁よりも耐久性の高い塗料を選択し 毎回、屋根塗装と外壁塗装は同じタイミングで行う事をオススメいたします😊  ③機能性を加える 塗り替えの際に機能性のある塗料を使用することで、さらに快適で住みやすいお家になります。 塗料により色々な機能がありますが、例えば防カビ性のある塗料を使用すれば、カビの発生を抑えることができたり 低汚染性の塗料を使用すれば、塗装箇所が汚れにくくなります。 このように、皆さんのお家の立地や環境に合わせて、機能を選ぶことで快適な暮らしが実現されます。 他にも遮熱・断熱塗料など、数多くの種類がございますので 塗装を行う際には塗装業者と打合せをしながら、自分好みの塗料を選択しましょう!   2.屋根塗装をおこなうべき劣化のサイン   屋根は常日頃から簡単に見える位置にあるわけではないので、劣化症状を確かめるのも大変ではありますが、 メンテナンスの時期が近づいてきたら、しっかりと屋根業者に診断してもらいましょう。 塗装時期を逃し劣化が進行すれば、塗装工事では済まなくなり 重ね葺きや葺き替え工事など、大掛かりな工事が必要となり費用もかさんでしまいます。    ①瓦の滑落 瓦のひび割れを放置してしまいますと、最終的に瓦は滑落してしまいます。 また、台風などの暴風雨でも瓦がズレたり、飛んで落ちてしまうことがあります。 瓦が滑落すると、瓦の大きさによって瓦の下の防水材、防水材を止めている釘が丸見えになってしまいます。 この状態で放置をすると、雨が降った際に雨水が釘穴をつたい、野地板に雨水が浸入し最終的に雨漏りの原因となってしまいます。 更に、雨漏りにも気づかずに放置してしまうと、雨水により野地板が腐ってしまいます。 その後、屋根の葺き替えとなってしまうため、早急な対処が必要となります。    ②棟板金の浮き、釘抜け スレート屋根や金属屋根の場合、屋根のてっぺんに棟板金というものがありますが、 釘抜けとは、棟板金が気温の影響により膨張・収縮を繰り返すことで、 棟板金を止めている釘を一緒に押し出し、最終的に抜けてしまうことを言います。 これを放置しておくと、棟押さえのはずれや錆びの原因になり、 さらにはいつの間にか、下地材がむき出しになってしまうというケースもありますので、 こちらも早急にメンテナンスを行う事をおすすめ致します。  ③漆喰の劣化・剥がれ 日本瓦やセメント瓦では、瓦の固定・接着に漆喰を使用します。 この漆喰も風雨や紫外線に晒され続けているため、他の屋根材と同じように経年劣化が生じます。 地上から目視した際に、ひびや剥がれを見つけた場合は危険です。 瓦を固定している力が弱まっているため、ちょっとした風や地震で瓦がズレたり、最悪の場合は落下してしまう可能性もあります。 また衝撃によって欠け・割れが生じ、そこから雨水が浸入して雨漏りに繋がることもありますので、 漆喰の劣化を発見した際も早急なメンテナンスが必要になります。    ④苔や藻・カビの発生、瓦の反り・ひび割れ 屋根材の塗膜が劣化し防水性が低下すると、雨水や湿気により苔が発生します。 早急に屋根塗装をする必要はありませんが、そのまま放置しておくと 屋根そのものの耐久性が悪化してしまい、結果として雨漏りの原因となりますので、早期メンテナンスが必要です。 瓦の反りやヒビ割れは、スレート瓦の防水性が劣化し始めると、苔の発生では収まらず反りや割れが生じます。 瓦が水を含んだまま凍ったり、雨の降った後の晴れ間に強い日差しで急激に乾燥したりなど 防水性を失ったことにより湿気と乾燥を繰り返し、瓦の反りにつながります。 こちらも早めにメンテナンスを検討しましょう。   以下のリンクでは、防藻防カビ塗料・遮熱・断熱塗料のご紹介をしております(^ω^) 気になる方は、是非ご覧ください😁↓ ・遮熱・断熱塗料ってなに? ・防カビ・防藻塗料のご紹介!   また、こちらではラクストおすすめの塗料をご紹介しております!! 【ラクストのおすすめ塗料紹介】     Luxst(ラクスト)新小岩店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。江戸川区・葛飾区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)新小岩は塗装価格に自信があります! ■Luxst(ラクスト)新小岩店には、お客様から選ばれる理由があります! 2021年01月13日 更新

屋根リフォーム工事コラム

江戸川区 外壁塗装

【江戸川区】外壁塗装と屋根工事は同時期にやるもの?

江戸川区・葛飾区のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)新小岩店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 外壁塗装をおこなうとなると、屋根リフォームも一緒にやるか別々でやるか、と悩ましいところです。 また、外壁も屋根も塗装のタイミングがいまいち分からず放置気味。。なんて方も少なくありません。 今回のコラムブログでは、外壁塗装と屋根リフォームを施すタイミングと、 2つの工事は一緒にやった方がいいのか?という疑問を解消していきたいと思います(*^^*)   外壁塗装のタイミング   まずは外壁からですが、一般的に塗装の目安として言われているのがチョーキング現象が見られるかどうかです。 チョーキングというのは、外壁を手で撫でたとき塗料が粉のように手につく状態のことです。 塗料には色を出すために"顔料"という成分が混ざっていますが、その顔料が劣化し粉化することで チョークの粉のようなものが出てきます。 このような症状が生じていないか、一度お家の外壁を触って確かめてみましょう。 それ以外にも外壁にクラック(ひび割れ)が発生したり、コケや藻・雨染みなどの汚れが目立ってくると、外壁塗装のタイミングだと言えます。   屋根リフォームのタイミング   次に屋根のタイミングですが、屋根は普段目につきにくい箇所なので 直接状態を確認するのは難しいです。 例えば、瓦が落下するなど目で分かるような変化が確認できた場合には、すぐに気づくことができますが、 このような症状が起きない限り、屋根リフォームのタイミングはよく分かりません。 屋根材の劣化を調べる方法として、自ら屋根に上って調べるのは危険すぎますので、 家内部の天井裏を空け雨水が侵入していないか確認しましょう。 雨漏りしていない場合でも、"雨染み"が出来ている事もあります。 雨染みができていたら、屋根の防水機能が劣化しているサインなので、フォームするタイミングと言えます。   外壁と屋根は一緒にリフォームをおこなうべき!   結論から申し上げますと、外壁塗装と屋根のリフォームは同時におこなう事をオススメいたします。 瓦屋根など、ほとんどメンテナンスの必要がない屋根材であれば話は別ですが、 コロニアル屋根やトタン屋根などの場合は、外壁と同時にリフォームしましょう😄   足場代が何回もかからずに済む 住宅の外装リフォームをするとなると足場が必要となり、外壁と屋根の工事を同時にやっても別々でやっても、 いずれも高い場所での作業となるため、家の周囲に足場を立てる必要があります。 建物の大きさや施工業者にもよりますが、足場を設置する費用は約15~20万円ほどかかってしまいます。 外壁と屋根の工事を別々におこなえば、2回足場を組むことになり倍の金額になってしまいますが、 同時に工事をすることで、足場費用が1回分で済むのです。 どちらかの工事の予定がまだまだ先であれば仕方がないですが、数年後におこなうのであれば 同時に工事を依頼した方がお得ではないでしょうか(^^)   業者に何度もリフォームしてもらわなくて済むので気分が楽になる いくら屋外のリフォームとはいえ、毎日業者が家にやってきて工事をする中で暮らすというのは、緊張感があるものですよね。 リフォームをする前には、現地調査や見積もりなど様々な下準備も必要です。 どちらかを分けてリフォームをすると、その手間や緊張感を2回分感じることになりますので、 その手間をなくすことができるのは、同時にリフォームをすることの大きなメリットです。 近隣の方々への配慮を考えても、一度で工事を行ってしまえば負担が半減できます。 外壁と屋根のリフォームはそれぞれ2週間くらいの期間がかかりますが、 同時に行えば足場の組立から解体まで 全て含め、工期が短くなるメリットもあります。   住宅の外観が一気に美しくなる 外壁と屋根を同時にリフォームしない場合、どちらかは綺麗になったけど、どちらかは汚れたままというバランスの悪い状態になってしまいます。 せっかく綺麗にするのなら、外観が全体的に美しくなるほうが嬉しいですよね。 外壁と屋根を同時にリフォームすることで、色合いが綺麗になって楽しみも倍になります(^^♪     Luxst(ラクスト)新小岩店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。江戸川区・葛飾区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)新小岩は塗装価格に自信があります! ■Luxst(ラクスト)新小岩店には、お客様から選ばれる理由があります!   2020年11月14日 更新

外壁塗装屋根リフォーム工事コラム

東京 江戸川区 屋根葺き替え工事

【江戸川区】屋根葺き替え工事・I様邸

皆さんこんにちは! 江戸川区、葛飾区、外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(*^^*)   本日ご紹介させて頂くのは、江戸川区 I様邸での「屋根葺き替え工事」です。 屋根のリフォームでは、塗り替えや葺き替えと屋根材の種類や劣化具合によって適した工事方法がございます。 無駄なく正確に工事を行うには、その工事に適した施工会社を選びましょう!   それでは、工事の様子をご紹介していきます😄   江戸川区 I様邸 屋根葺き替え工事(カバー工法)   今回の屋根工事では、既存の屋根材を残したまま 上から新しく屋根材を葺きつける、カバー工法で施工を行いました。   こちらは、既存屋根材の状態になります↓ 遠目で見ても、退色しているのが確認できますが以下の写真をご覧ください↓ 屋根材のほとんどが、写真の様に割れていたり、層間剝離が起こっている状態でこの既存屋根材はニチハのパミールと言う屋根材です。このパミールという屋根材は、近年不具合が多発している屋根材で塗装を行う事ができません。詳しくは、以下のリンク先ブログに載せていますので是非ご覧ください↓塗装してはいけない屋根材『パミール』初めの工程は、棟板金の撤去です↓ 棟は、屋根材を支える部分となりますので全ての施工が完了した後、新しい棟板金を取り付けます。棟板金を撤去したら、ルーフィングシートの貼り込みです↓ ルーフィングシートは、屋根の二次防水となる非常に重要な部材です。実は雨漏りは、屋根材だけでは防ぐことが出来ずどうしても屋根材同士の隙間から、屋根内部へ雨水は侵入してしまいます。そこで、二次防水となるルーフィングシートを屋根材の下に敷いておくことで屋内への雨漏りを防ぐ事が出来るのです。屋根リフォームを行う際は、屋根材の劣化だけではなくルーフィングシートの耐用年数も考慮し行いましょう。次に屋根材を葺いていく作業です。スターター取り付け↓           葺きつけ↓  スターターは屋根材を葺く際の、スタート位置になります。そして、屋根材は屋根の中央部分である棟からではなく端部となる軒先から棟に向かって葺いていきます。完了です↓ 屋根材を葺き終えたら、棟部分には貫板を設置します↓ 貫板は板金を取り付ける為の下地となります。その為 、いい加減に取り付けを行ってしまうと板金は貫板ごと吹き飛んでしまいますので、しっかりと取り付けを行う必要がございます。板金取り付け後↓ ジョイント部は、雨が侵入しやすいのでシーリング処理を施し施工完了となります!   最後に、施工前・後を見比べてみましょう👀   before              after      株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクスト始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年08月26日 更新

屋根リフォーム工事スタッフブログ

東京 江戸川区 葛飾区 屋根修繕 屋根リフォーム

【江戸川区】屋根葺き替え(カバー工法)工事・U様邸

皆さんこんにちは! 江戸川区、葛飾区、外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^_^)v   本日のブログでは、江戸川区 U様邸で行った 屋根葺き替え工事の作業の様子をご紹介させていただきます。 本工事では、カバー工法で屋根工事を施しました。 葺き替え工事には2パターンの施工方法があり、カバー工法は元々ある既存の屋根材の上から 新しい屋根材を葺いていく工法で、もう一つの葺き替え工事はその名の通り 既存の屋根材を撤去し、野地板やルーフィングシートから新しいモノに取り換える工法になります。   それでは、工事の様子をお届けしていきましょう!   江戸川区 U様邸 屋根葺き替え(カバー工法)工事   こちらは、施工前の屋根になります↓ここから、どのように変わっていくのでしょうか!続きをご覧ください😄初めに、ルーフィングシートを貼っていきます↓ ルーフィングシートは二次防水の役割があり、住宅にとって無くてはならない存在です。と言いますのも、戸建住宅の雨仕舞は 「一次防水」と「二次防水」の二重構造になっています。「一次防水」とは屋根本体や板金による仕上げ材による防水を指し、直接雨水が建物内へ浸水しない為の役割があります。ですが 屋根材自体が劣化したり 、予測のできない激しい雨が降った際には、建物内部へと浸水してしまいます。つまり、一次防水である屋根材や仕上げ材のみでは、雨水の侵入を防ぐ事に限界があるのです。その為、「二次防水」であるルーフィングを用いて、雨漏りを防ぐ設計が住宅設計でなされています。しかし ルーフィングシートにも寿命があり、もちろん劣化により シートが破れたり剝がれたりしてしまいます。その際には 雨漏りが生じる事もありますので、屋根材だけではなく ルーフィングシートの交換も必要なのです。ルーフィングシートを貼り込んだら、スターターを設置します。 スターターは屋根材を葺くためのスタート位置で、屋根材は下からの上に、軒先から棟に向かって吹いていきますので軒先部分にスターターを取り付けます。その後、屋根材を棟部分まで葺き 貫板の設置を行います↓ 貫板は棟板金を固定するための部材で、棟板金を設置する箇所に取り付けを行います。設置完了↓ 最後に、板金の取り付けを行い 施工完了となります↓屋根での作業は非常に危険で、使用する材料も大きなものが多く足場上や地上で作業するのとは、条件が大きく異なります。その為、屋根勾配がキツイ場合には 屋根足場を設置する必要がございます。これは屋根塗装の行う場合も同じく、勾配によっては屋根足場が必要になります。足場代が多少加算されますので、屋根リフォームの際には頭の片隅にでも覚えておいて下さい😮   以上、江戸川区 U様邸 屋根葺き替え(カバー工法)工事のご紹介でした!     外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。   ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。   Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。   Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年06月21日 更新

屋根リフォーム工事スタッフブログ

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装

【江戸川区】屋根塗装・K様邸

皆さんこんにちは! 江戸川区、葛飾区、外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^_^)v   本日は、前回ブログに引き続き、江戸川区 K様邸の屋根塗装工事についてご紹介させていただきます。 K様邸 外壁塗装については、こちらからご覧ください↓ 江戸川区 K様邸 外壁塗装工事   それでは、屋根塗装の様子をお届けしていきましょう!   江戸川区 K様邸 屋根塗装   こちらは、洗浄を行う前の屋根になります↓  コケなどの汚れが確認できます。また、屋根の勾配が急な為、屋根足場を設置して作業を行います。屋根塗装などの屋根工事では、勾配が16寸以上ある場合、必ず足場とは別に「屋根足場」を設置して、施工を行わなくてはなりません。簡単に言ってしまうと、傾きが急すぎる為屋根足場が無ければ 立つ事が出来ませんので、工事が不可能になってしまいます。まずは、工程の一番目である高圧洗浄作業を行います↓ 高圧洗浄を行う事で、長年蓄積された汚れを落とし塗膜の密着性を向上させます。また、屋根に多く発生する コケや藻・カビなどの汚れは、水で高圧洗浄を施しただけでは、塗装後に再発してしまいます。その為、バイオ薬品を使用しバイオ高圧洗浄を施し繫殖や再発を防ぐ必要がございます。塗装完了後の屋根になります↓ 全ての汚れが無くなりました!洗浄後は屋根材が水を吸収していて、濡れている状態ですので乾燥の為のオープンタイムを設け、翌日塗り作業を行います。翌日、屋根の状態を確認して下塗りを行う前にタスペーサーの取り付けを行います↓ タスペーサーは屋根材と屋根材の縁切りを行うための道具です。このタスペーサーが販売されるまでは、主にカッターを使用して塗装後、屋根材の間を一つ一つ切って 縁切りが行われていました。タスペーサーは、塗装前に等間隔で屋根材に差し込むだけで縁切りができるので作業スピードが向上され、工期短縮・人件費が削減できる優れものなのです♪その後、いよいよ塗り作業です。塗り作業では、初めに下塗り塗装を施します↓ 下塗り塗料は、透明なモノや白色のモノが多く鉄部塗装の場合は、赤色の塗料が多く使用されています。下塗りは 非常に重要な役割があり、いくつかある役割の中でも下地と上塗り塗料の密着性を高める働きが重要視されています。下塗りが抜けていると、塗膜が上手く密着できずにどんなに性能の良い塗料を使用しても、耐久性は無くなり僅か数年で塗膜がボロボロになってしまいます。抜けの無いよう、慎重に行います😎そして、中塗り・上塗りと同じ塗料を塗り重ねます↓ 同じ色の塗料を塗り重ね、カスレ・色ムラを無くし美観性を高めます。また、耐久性が向上され 屋根を長持ちさせる事ができ、塗料本来の性能を発揮させます。上塗りを全体に塗装し、屋根塗装完了です↓   以上、江戸川区 K様邸での屋根塗装工事のご紹介になります!     外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。   ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。   Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。   Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年06月17日 更新

屋根リフォーム工事スタッフブログ

雨漏り修理 東京 江戸川区 葛飾区

【葛飾区】 新小岩 Kハイツ 屋根葺き替え工事 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😊   本日のブログでは、葛飾区 新小岩のKハイツで行いました 屋根葺き替え工事の様子をご紹介させて頂きます。 屋根リフォームには塗り替えや、既存の屋根材を撤去して新たに屋根材を葺く工事がありますが Kハイツでの葺き替え工事は、既存屋根材の上から新しく屋根材を被せるカバー工法での工事になります。   葛飾区 Kハイツ 屋根葺き替え工事   葺き替え工事を行う屋根は、こちらになります↓既存屋根はアスファルトシングル屋根でした。足場を組立て、作業スタートとなります!既存屋根の上からルーフィングシートを貼り付けていきます↓ カバー工法という事で、既存屋根は撤去せずに工事を行います。ルーフィングシートは、自着型とシート型の2種類ありますが今回使用しているのは 自着型のルーフィングシートになります。自着型は、裏面を剥がせば後は貼りつけるだけですので、作業性に優れたシートです。ルーフィングシートをキレイに貼り付けたら最後にしっかりと 密着させるため、転圧をかけます↓ただ貼り付けただけでは、密着しきらずに 不具合が生じてしまいますので転圧によりしっかりとルーフィングシートを貼り込みます。ルーフィングシートを貼り込む際は上からではなく、屋根端部である下側から貼っていきます。こちらが、ルーフィングシート貼り込み後の屋根になります↓ルーフィングシートには二次防水という大事な役割があります。屋根は一見、屋根材のおかげで雨漏りが防がれているように思いますが、実は 屋根からの雨漏りを防いでいるのは、ほとんどがルーフィングシートなのです。屋根材と屋根材の間には、隙間があり雨水はそこから屋根内部へと侵入します。屋根材の下にルーフィングシートがある事で、その雨水を防ぐことができますので屋根メンテナンスは、屋根材の状態だけではなく ルーフィングシートの耐用年数も考慮しましょう。次に屋根材を葺く前に、スターターを取り付けます↓写真には写っておりませんが、軒側にもスターターは取り付けます。スターターは、屋根材を葺くスタート位置となります。屋根端部にこれらの役物を取り付けなければ、屋根材を葺く事が出来ません。そして、スターターを止めているビスですがビス周りからの雨漏りを防ぐ為、シーリングを施します↓ 屋根材は、ルーフィングシートと同じく、端部である軒先から中央部分である棟へ向かって葺いていき、最後に棟板金の取り付けを行います。こちらが 葺き替え完了になります↓ この場合 棟は、屋根の四つ角に棟板金を取り付けます。棟板金は加工を行い、形を合わせてから設置します。この板金は、「隅棟」と呼ばれ 屋根の隅で斜め下に降りている棟の事です。屋根の清掃を行い 完工となります!   最後に 施工前と後を見比べてみましょう👀 beforeafter   見た目も大きく変化しましたね! 屋根の葺き替え工事は、早めに行う事で 将来的なメンテナンス費用を抑える事が出来ます。 屋根材の劣化だけならまだしも、それを放置する事で 屋根材の下にあるルーフィングシートや野地板などの腐食が進んでしまい、大掛かりな工事が必要となってしまいます。 工程が増えるという事は、勿論 工期も伸びてしまい 良い事は何一つありません。 皆さんの大事な資産の価値を維持する為にも、早めの屋根工事をオススメ致します。     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクスト始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など、皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。   ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。   Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。   Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊   2019年02月26日 更新

屋根リフォーム工事スタッフブログ

屋根工事 雨漏り工事 東京 江戸川区 葛飾区

【足立区】 K様邸 屋根葺き替え工事 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです   今回のブログでは、足立区 K様邸での 屋根葺き替え工事をご紹介させて頂きます。 K様邸での葺き替え工事は、既存の屋根がパミール屋根で 傷みが激しく カバー工法をご提案させて頂きました。   足立区 K様邸 屋根葺き替え工事(カバー工法)   こちらは、施工前の屋根の状況です↓洗浄を行った後ですが、既存の屋根材はボロボロです😱 このままでは、雨漏りが起こるのも時間の問題です…それだけではなく 強風が吹けば屋根材も飛んで行ってしまい、大事故にもなりかねません!最悪の状況になる前に、屋根の修繕工事を行いましょう(´▽`)まずは、棟とその下にある板を撤去し防水の役目となるルーフィングシートを、軒側から敷き詰めていきます↓ そして、屋根の端部には間を開ける為、「スターター」と呼ばれるものを設置します。スターターをビスで固定し、ビス周りから 雨水を侵入させないようシーリングを充填させます。スターターを取り付けたら、いよいよ屋根材を葺いていきます↓ 屋根材は、上下に引っ掛けるようにして葺く事で、雨水の侵入を防ぎます。一枚ずつ葺いていくと、どうしても隅の部分はサイズが合わなくなってしまいますので、サイズを測り その場で加工します。以上の工程を繰り返し行い 完了となります↓こちらは、施工前と施工後の写真になります。【before】 【after】    ご覧の通り見た目の変化は一目瞭然ですが、カバー工法は見た目だけでなく 断熱機能・防水機能にも優れている工法なのです。 基本的に、ニチハのパミールは塗り替えではなく、葺き替えをオススメ致しますが 劣化具合によっては、塗装可能な場合もございます。 ですが、長期的な目でみると 葺き替えを行う事が、経済的になる事が多いですので もし ご自宅の屋根材がパミール屋根でしたら、工事の際は業者さんと 入念な打ち合わせを行ってください😊   これまでご紹介させて頂いた、K様邸の工事は 外壁塗装・防水工事・屋根葺き替え工事となりますが、 全て施工事例の方にも 載せさせて頂きますので、まとめて見たい! という方は、是非 そちらもご覧ください。     外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われいる材料など、皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。   ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。   Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。   Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年02月19日 更新

屋根リフォーム工事スタッフブログ

屋根修繕 雨漏り修理 東京 江戸川区 葛飾区

【船橋市・墨田区】 屋根葺き替え工事/外壁塗装 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは!   東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店のラクストです(^^)/     本日、行われている各現場の様子をご紹介させて頂きます。   まずは、墨田区のS様邸での屋根葺き替え工事になります。 S様邸の屋根材はコロニアルで築30年、ノーメンテナンスでしたが、 今回 雨漏りが生じてしまった為、工事のご依頼を頂きました。   散水検査の結果、屋根と外壁の取り合い部分からの漏水(この箇所からの雨漏りは比較的少ないです)、 外壁クラック部からの漏水が見られました。   工事内容のご提案としては、屋根工事(カバー工法・葺き替え)・外壁クラック補修(外壁塗装)をご提案させて頂き、 コロニアルの寿命も終える時期でしたので、今回は屋根の葺き替え工事・クラック部補修を施す事になりました。   それでは、作業の方を見ていきましょう!   既存屋根の撤去・防水シートの貼り込みまで完了しておりました↓   防水シートも屋根材も、上から下へ降りながら貼り付けていくイメージが強いかと思いますが、 どちらも、下から上へ(軒先から棟)登りながら貼り付けます。   ビスを打ち込み固定します↓     本日、屋根の葺き替えを完了させ 明日、雨樋の交換工事に入ります(^-^)     次に、千葉県船橋市のS様邸での様子をご紹介いたします!   S様邸では、この間葺き替え工事が完了し 本日は、外壁塗装の養生作業を行っておりました。   完成した屋根はこんな感じです☆彡 施工前と比べてみましょう👀   既存の屋根はパミールが使用されており、劣化症状も酷く不安な屋根でしたが、これで一安心です😊   では、養生の様子を見ていきましょう!   まずは、玄関です↓ 玄関は鍵穴があったり、人の出入りが激しい場所ですので、扉を開けれるよう 鍵穴を埋めないように養生を施します。   シャッターや窓にも、同じように養生を施します↓ 観葉植物にも忘れず養生しましょう↓ メーター・換気フード↓ 塗料が地面に落ちないよう、高所ではこの様に養生を行います↓ 1階部分を塗装する際は、地面に敷物を敷いて塗装を行います。   こちらは、屋根と屋根の間を塗装するため上下ともに養生を施します↓ その下にも屋根や窓がある為、厳重に養生を行います↓ ここの屋根には、窓が付いているため窓にも養生を施します↓ 室外機には、専用のカバーをかけ飛散を防止いたします↓   明日から、塗装が始まりますのでそちらの様子もご紹介させて頂きたいと思います。     以上、東京 墨田区のS様邸と千葉県 船橋市のS様邸の進捗状況になります!     外壁塗装・屋根塗装・防水工事は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまでご連絡ください。   ショールームへのご来店もお待ちしております。   ラクスト 東京 江戸川 新小岩ショールーム 住所;〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 TEL:0120-978-917 (営業時間9:00~18:00)FAX:03-6231-3146 外壁、屋根の構造が分かることや、外壁、屋根の色が分かるシステムもありますので、ぜひお気軽に東京江戸川にある新小岩ショールームにご来店ください!   東京 江戸川区、葛飾区で外壁塗装、屋根塗装をお考えの方はこちらへ⤵ 外壁塗装39万円メニュー屋根塗装19万円メニュー   東京 江戸川区、葛飾区の外壁塗装&屋根専門店 ラクストへのメールでのお問い合わせはこちらです⤵ お問い合わせフォーム   外壁塗装、屋根塗装工事エリア 東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都荒川区、東京都台東区 2018年12月11日 更新

屋根リフォーム工事スタッフブログ

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区・葛飾区、城東エリア、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト東京