塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事の記事一覧

東京 江戸川区 屋根葺き替え工事

【東京・江戸川区】 屋根葺き替え工事 I様邸 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(*^^*)   本日ご紹介させて頂くのは、江戸川区 I様邸での「屋根葺き替え工事」です。 屋根のリフォームでは、塗り替えや葺き替えと屋根材の種類や劣化具合によって 適した工事方法がございます。 無駄なく正確に工事を行うには、その工事に適した施工会社を選びましょう!   それでは、工事の様子をご紹介していきます😄   江戸川区 I様邸 屋根葺き替え工事(カバー工法)   今回の屋根工事では、既存の屋根材を残したまま 上から新しく屋根材を葺きつける、カバー工法で施工を行いました。   こちらは、既存屋根材の状態になります↓ 遠目で見ても、退色しているのが確認できますが以下の写真をご覧ください↓ 屋根材のほとんどが、写真の様に割れていたり、層間剝離が起こっている状態でこの既存屋根材はニチハのパミールと言う屋根材です。このパミールという屋根材は、近年不具合が多発している屋根材で塗装を行う事ができません。詳しくは、以下のリンク先ブログに載せていますので是非ご覧ください↓塗装してはいけない屋根材『パミール』初めの工程は、棟板金の撤去です↓ 棟は、屋根材を支える部分となりますので全ての施工が完了した後、新しい棟板金を取り付けます。棟板金を撤去したら、ルーフィングシートの貼り込みです↓ ルーフィングシートは、屋根の二次防水となる非常に重要な部材です。実は雨漏りは、屋根材だけでは防ぐことが出来ずどうしても屋根材同士の隙間から、屋根内部へ雨水は侵入してしまいます。そこで、二次防水となるルーフィングシートを屋根材の下に敷いておくことで屋内への雨漏りを防ぐ事が出来るのです。屋根リフォームを行う際は、屋根材の劣化だけではなくルーフィングシートの耐用年数も考慮し行いましょう。次に屋根材を葺いていく作業です。スターター取り付け↓           葺きつけ↓  スターターは屋根材を葺く際の、スタート位置になります。そして、屋根材は屋根の中央部分である棟からではなく端部となる軒先から棟に向かって葺いていきます。完了です↓ 屋根材を葺き終えたら、棟部分には貫板を設置します↓ 貫板は板金を取り付ける為の下地となります。その為 、いい加減に取り付けを行ってしまうと板金は貫板ごと吹き飛んでしまいますので、しっかりと取り付けを行う必要がございます。板金取り付け後↓ ジョイント部は、雨が侵入しやすいのでシーリング処理を施し施工完了となります!   最後に、施工前・後を見比べてみましょう👀   before              after      株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクスト始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年08月26日 更新

屋根葺き替え工事スタッフブログ

雨漏り修理 東京 江戸川区 葛飾区

【葛飾区】 新小岩 Kハイツ 屋根葺き替え工事 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😊   本日のブログでは、葛飾区 新小岩のKハイツで行いました 屋根葺き替え工事の様子をご紹介させて頂きます。 屋根リフォームには塗り替えや、既存の屋根材を撤去して新たに屋根材を葺く工事がありますが Kハイツでの葺き替え工事は、既存屋根材の上から新しく屋根材を被せるカバー工法での工事になります。   葛飾区 Kハイツ 屋根葺き替え工事   葺き替え工事を行う屋根は、こちらになります↓既存屋根はアスファルトシングル屋根でした。足場を組立て、作業スタートとなります!既存屋根の上からルーフィングシートを貼り付けていきます↓ カバー工法という事で、既存屋根は撤去せずに工事を行います。ルーフィングシートは、自着型とシート型の2種類ありますが今回使用しているのは 自着型のルーフィングシートになります。自着型は、裏面を剥がせば後は貼りつけるだけですので、作業性に優れたシートです。ルーフィングシートをキレイに貼り付けたら最後にしっかりと 密着させるため、転圧をかけます↓ただ貼り付けただけでは、密着しきらずに 不具合が生じてしまいますので転圧によりしっかりとルーフィングシートを貼り込みます。ルーフィングシートを貼り込む際は上からではなく、屋根端部である下側から貼っていきます。こちらが、ルーフィングシート貼り込み後の屋根になります↓ルーフィングシートには二次防水という大事な役割があります。屋根は一見、屋根材のおかげで雨漏りが防がれているように思いますが、実は 屋根からの雨漏りを防いでいるのは、ほとんどがルーフィングシートなのです。屋根材と屋根材の間には、隙間があり雨水はそこから屋根内部へと侵入します。屋根材の下にルーフィングシートがある事で、その雨水を防ぐことができますので屋根メンテナンスは、屋根材の状態だけではなく ルーフィングシートの耐用年数も考慮しましょう。次に屋根材を葺く前に、スターターを取り付けます↓写真には写っておりませんが、軒側にもスターターは取り付けます。スターターは、屋根材を葺くスタート位置となります。屋根端部にこれらの役物を取り付けなければ、屋根材を葺く事が出来ません。そして、スターターを止めているビスですがビス周りからの雨漏りを防ぐ為、シーリングを施します↓ 屋根材は、ルーフィングシートと同じく、端部である軒先から中央部分である棟へ向かって葺いていき、最後に棟板金の取り付けを行います。こちらが 葺き替え完了になります↓ この場合 棟は、屋根の四つ角に棟板金を取り付けます。棟板金は加工を行い、形を合わせてから設置します。この板金は、「隅棟」と呼ばれ 屋根の隅で斜め下に降りている棟の事です。屋根の清掃を行い 完工となります!   最後に 施工前と後を見比べてみましょう👀 beforeafter   見た目も大きく変化しましたね! 屋根の葺き替え工事は、早めに行う事で 将来的なメンテナンス費用を抑える事が出来ます。 屋根材の劣化だけならまだしも、それを放置する事で 屋根材の下にあるルーフィングシートや野地板などの腐食が進んでしまい、大掛かりな工事が必要となってしまいます。 工程が増えるという事は、勿論 工期も伸びてしまい 良い事は何一つありません。 皆さんの大事な資産の価値を維持する為にも、早めの屋根工事をオススメ致します。     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクスト始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など、皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。   ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。   Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。   Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊   2019年02月26日 更新

屋根葺き替え工事スタッフブログ

屋根工事 雨漏り工事 東京 江戸川区 葛飾区

【足立区】 K様邸 屋根葺き替え工事 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです   今回のブログでは、足立区 K様邸での 屋根葺き替え工事をご紹介させて頂きます。 K様邸での葺き替え工事は、既存の屋根がパミール屋根で 傷みが激しく カバー工法をご提案させて頂きました。   足立区 K様邸 屋根葺き替え工事(カバー工法)   こちらは、施工前の屋根の状況です↓洗浄を行った後ですが、既存の屋根材はボロボロです😱 このままでは、雨漏りが起こるのも時間の問題です…それだけではなく 強風が吹けば屋根材も飛んで行ってしまい、大事故にもなりかねません!最悪の状況になる前に、屋根の修繕工事を行いましょう(´▽`)まずは、棟とその下にある板を撤去し防水の役目となるルーフィングシートを、軒側から敷き詰めていきます↓ そして、屋根の端部には間を開ける為、「スターター」と呼ばれるものを設置します。スターターをビスで固定し、ビス周りから 雨水を侵入させないようシーリングを充填させます。スターターを取り付けたら、いよいよ屋根材を葺いていきます↓ 屋根材は、上下に引っ掛けるようにして葺く事で、雨水の侵入を防ぎます。一枚ずつ葺いていくと、どうしても隅の部分はサイズが合わなくなってしまいますので、サイズを測り その場で加工します。以上の工程を繰り返し行い 完了となります↓こちらは、施工前と施工後の写真になります。【before】 【after】    ご覧の通り見た目の変化は一目瞭然ですが、カバー工法は見た目だけでなく 断熱機能・防水機能にも優れている工法なのです。 基本的に、ニチハのパミールは塗り替えではなく、葺き替えをオススメ致しますが 劣化具合によっては、塗装可能な場合もございます。 ですが、長期的な目でみると 葺き替えを行う事が、経済的になる事が多いですので もし ご自宅の屋根材がパミール屋根でしたら、工事の際は業者さんと 入念な打ち合わせを行ってください😊   これまでご紹介させて頂いた、K様邸の工事は 外壁塗装・防水工事・屋根葺き替え工事となりますが、 全て施工事例の方にも 載せさせて頂きますので、まとめて見たい! という方は、是非 そちらもご覧ください。     外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われいる材料など、皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。   ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。   Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。   Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年02月19日 更新

屋根葺き替え工事スタッフブログ

屋根修繕 雨漏り修理 東京 江戸川区 葛飾区

【船橋市・墨田区】 屋根葺き替え工事/外壁塗装 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは!   東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店のラクストです(^^)/     本日、行われている各現場の様子をご紹介させて頂きます。   まずは、墨田区のS様邸での屋根葺き替え工事になります。 S様邸の屋根材はコロニアルで築30年、ノーメンテナンスでしたが、 今回 雨漏りが生じてしまった為、工事のご依頼を頂きました。   散水検査の結果、屋根と外壁の取り合い部分からの漏水(この箇所からの雨漏りは比較的少ないです)、 外壁クラック部からの漏水が見られました。   工事内容のご提案としては、屋根工事(カバー工法・葺き替え)・外壁クラック補修(外壁塗装)をご提案させて頂き、 コロニアルの寿命も終える時期でしたので、今回は屋根の葺き替え工事・クラック部補修を施す事になりました。   それでは、作業の方を見ていきましょう!   既存屋根の撤去・防水シートの貼り込みまで完了しておりました↓   防水シートも屋根材も、上から下へ降りながら貼り付けていくイメージが強いかと思いますが、 どちらも、下から上へ(軒先から棟)登りながら貼り付けます。   ビスを打ち込み固定します↓     本日、屋根の葺き替えを完了させ 明日、雨樋の交換工事に入ります(^-^)     次に、千葉県船橋市のS様邸での様子をご紹介いたします!   S様邸では、この間葺き替え工事が完了し 本日は、外壁塗装の養生作業を行っておりました。   完成した屋根はこんな感じです☆彡 施工前と比べてみましょう👀   既存の屋根はパミールが使用されており、劣化症状も酷く不安な屋根でしたが、これで一安心です😊   では、養生の様子を見ていきましょう!   まずは、玄関です↓ 玄関は鍵穴があったり、人の出入りが激しい場所ですので、扉を開けれるよう 鍵穴を埋めないように養生を施します。   シャッターや窓にも、同じように養生を施します↓ 観葉植物にも忘れず養生しましょう↓ メーター・換気フード↓ 塗料が地面に落ちないよう、高所ではこの様に養生を行います↓ 1階部分を塗装する際は、地面に敷物を敷いて塗装を行います。   こちらは、屋根と屋根の間を塗装するため上下ともに養生を施します↓ その下にも屋根や窓がある為、厳重に養生を行います↓ ここの屋根には、窓が付いているため窓にも養生を施します↓ 室外機には、専用のカバーをかけ飛散を防止いたします↓   明日から、塗装が始まりますのでそちらの様子もご紹介させて頂きたいと思います。     以上、東京 墨田区のS様邸と千葉県 船橋市のS様邸の進捗状況になります!     外壁塗装・屋根塗装・防水工事は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまでご連絡ください。   ショールームへのご来店もお待ちしております。   ラクスト 東京 江戸川 新小岩ショールーム 住所;〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 TEL:0120-978-917 (営業時間9:00~18:00)FAX:03-6231-3146 外壁、屋根の構造が分かることや、外壁、屋根の色が分かるシステムもありますので、ぜひお気軽に東京江戸川にある新小岩ショールームにご来店ください!   東京 江戸川区、葛飾区で外壁塗装、屋根塗装をお考えの方はこちらへ⤵ 外壁塗装39万円メニュー屋根塗装19万円メニュー   東京 江戸川区、葛飾区の外壁塗装&屋根専門店 ラクストへのメールでのお問い合わせはこちらです⤵ お問い合わせフォーム   外壁塗装、屋根塗装工事エリア 東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都荒川区、東京都台東区 2018年12月11日 更新

屋根葺き替え工事スタッフブログ

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、足立区、墨田区、江東区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト