塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 防水

防水の記事一覧

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装

【東京・墨田区】 S様邸 シーリング工事 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです   本日のブログでは、墨田区 S様邸での外壁塗装に伴うシーリング工事の様子をご紹介いたします。 シーリングは外壁の目地や、窓枠・玄関枠の周りに施されている ゴムのようなモノをいいます。 建物が揺れることで外壁に負担がかかり、その結果ひび割れが生じるのですが、 シーリングには伸縮性があるため、振動を緩衝し外壁材を長持ちさせてくれる働きがあります。 また、外壁目地に施されているシーリングもそうですが、サッシ周りなどに施されているシーリングは 雨水の侵入を防いで入れているのです。 そのため、シーリングが劣化し破断などが起こると、その箇所から雨水が侵入し雨漏りの原因となってしまいますので、 外壁塗装と同じく、定期的なメンテナンスを行いましょう!   墨田区 S様邸 シーリング工事   施工前の外壁目地になります↓ シーリングは外壁塗装の前に行われる工事なので、上から色がかぶりますので、使用材料の色は何色でも構いません。ですが、使う材料によって耐久性は大きく変わります。シーリング材も、皆さんのお家を守る大事な部材ですので、工事前にどんな材料を使うのか、しっかりと打ち合わせを行ってください。初めの工程は、プライマーの塗布作業です↓ プライマーには、シーリング材の接着力を高める役割があり、このプライマーを塗布しているおかげで、シーリング材は長い間 剥がれることなく皆さんの暮らしを守ってくれているのです。非常に重要な工程ですので、塗り忘れや手抜きは許されません。外壁塗装でいうと、下塗りと同じ役割を持っていますので、すべての箇所に、しっかり必要塗布量を塗っていきます。続いて、充填作業です↓ プライマーを塗った箇所に、シーリング材を打ち込みます。この時、材料が多すぎても少なすぎてもいけません。少なければシーリング材本来の耐久性は発揮できず、早い段階で劣化が始まります。多ければ気泡ができるなどの不良が生じますので、適量を充填させる必要があるのです。そして、押さえ作業です↓ 押さえ作業は、総仕上げの工程ですので 慎重に行います。いくら上から塗装をして色を付けるといっても、形までは変える事は出来ません。専用のヘラを使い、空気が残らないよう押さえていきます。以上の工程で、シーリング工事は完了となります↓     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、 雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。   ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。   Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。   Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております 2019年11月06日 更新

住宅塗装防水スタッフブログ

江戸川区 防水工事

【東京・江戸川区】 M様邸 防水工事② |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^.^)   本日のブログでは、前回に引き続き 江戸川区M様邸での屋上防水工事の様子をお届けいたします。 前回ブログは以下のリンクよりご覧ください↓ M様邸 防水工事①   江戸川区 M様邸 屋上防水工事   前回、改修用ドレンの取り付けまでのご紹介でしたので、平場のメッシュシート貼り作業になります↓ メッシュシートは、補強用クロスとも呼ばれウレタン防水単体の時よりも防水層に厚みが出ます。その結果、さらに防水性を高め、ウレタン塗膜だけでは大きな力が掛かった時に、亀裂や破断が起きてしまいますが、補強用クロスを入れることで防水層を補強しますので、それらのトラブルを防ぐことが出来ます。屋上やバルコニーなど、ウレタン防水を施す面に 架台やピンコロがある場合も、その箇所に補強用クロスを入れます。次に、ウレタン一層目を塗布します。 塗り物は上から下へ作業を進めますので、立上りに一層目を塗布した後平場にも一層目の塗布を行います。防水層は膜厚が命ですので、一回目の規定塗布量を塗布していきます。また、ウレタン塗膜防水では、一度に塗布できる量が決めらておりますので一層目の硬化後、二層目の塗布を施す必要がございます。二層目 塗布中です↓ 一度の塗布で一気に膜厚を付けてしまうと、膨れなどの不良が発生してしまう為、二層に分けて防水材を塗布していきます。一層目は厚めに付け、細かいおうとつ部分を二層目で形成していくようなイメージです。ウレタン防水材の塗布には、ローラーの他にも「コテ」を用いることがあり大体の防水職人がコテを使えますが、ローラーで塗る時よりも技術が必要なため経験の少ない職人さんがコテを使い、塗布を行うと デコボコな仕上がりとなってしまいます。仕上げに、トプコートの塗布です↓トップコートとは、ウレタン防水材の保護塗料でウレタンは紫外線に弱くトップコートが無いと、直ぐに劣化が始まり防水機能がなくなってしまいます。また、ウレタン防水材が硬化すると、「タック」と呼ばれるベタツキが残り、歩行するのが困難な状態になりますので、防水層を守る為にも 通常通りの生活を行う為にもトップコートは必ず塗布しなければなりません。   以上の工程で、M様邸での防水工事が完了になります! 最後までご覧いただき、ありがとうございました😊     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年10月10日 更新

防水スタッフブログ

江戸川区 防水工事

【東京・江戸川区】 M様邸 防水工事① |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^-^)   本日のブログでは、江戸川区 M様邸で行った屋上防水工事の様子をお届いたします。 ウレタン塗膜防水 密着メッシュ工法で、施工を行いました。 密着メッシュ工法とは、平場・立上り共にメッシュシートを用いて補強し、均一な防水を作る施工方法です。 施工場所が複雑な形状の場合は、ウレタン塗膜防水を採用することで、継ぎ目のない平滑な防水層を作る事ができます。 ウレタンは有機溶剤のため、臭気が気になるところではありますが、 仕上がり・耐久性・価格のどれをとっても、文句のない防水工事です。   それでは、M様邸での防水工事の様子を見ていきましょう👀!   江戸川区 M様邸 バルコニー防水   施工前の屋上の様子です↓ 既存防水層がチョーキングをおこし、退色しています。ケレン・清掃をおこない、突起物やゴミを取り除きます。ケレン・清掃後は、入り隅シーリングを施します↓ 入隅部は、立上りと平場の取り合い部分ですので、負担が最もかかります。例えば、立上り面は右から揺れ、平場面は左から揺れていたとすると、入隅部はどちらの方向にも引っ張られている状況になります。その時、防水層だけでは負担に耐えられず、千切れや破断が生じる可能性がありますので、シーリングを施し強化する事で、地震や日々の生活の中で起こる衝撃に耐えられる防水層となるのです。次に、プライマーの塗布を行います↓ ウレタン防水材には接着力がないため、そのまま塗布しても翌日には剥がれてしまいます。プライマーには接着剤の効果がありますので、プライマーを塗布する事で下地と防水材がしっかりと接着・密着し、強い防水層が作られます。プライマーの乾燥後は、改修用ドレンの取り付けです↓ この時すでに、立上り面にはメッシュシートが貼られています。ドレン周りには 最も雨水が溜まりますので、入念に防水処理を施す必要がございます。そのため 改修用ドレンを取り付ける際は、鉛部分の接着面にプライマーを塗布しシーリングやブチルテープという、防水用の超強力両面テープを貼り取り付けます。また、平滑な面に仕上げるため、ハンマーで叩きながら鉛部分を平らに仕上げ、ドレンの使用には、メッシュシートを貼ります。   本日のご紹介は以上になりますが、明日も引き続きご紹介いたしますので、是非 ご覧ください😊     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年10月09日 更新

防水スタッフブログ

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装

【東京・江戸川区】 I様邸 シーリング工事 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😎   本日のブログでは、江戸川区 I様邸でのシーリング工事の様子をお届けいたします。   I様邸で使用されたシーリング材は、オート化学工業から販売されている「オートンイクシード」という材料です。 通常のシーリング材の耐久性は7~8年ほどですが、このオートンイクシードは 15年長持ちするシーリング材で非常に耐久性に優れています。 外壁塗装で高耐久性塗料を使用し耐久性が15年だとすると、通常のシーリング材を使用すると 外壁塗料の半分ほどしか持たず、次回の外壁塗装までの間にシーリング工事を施さなくてはなりません。 そこで、オートンイクシードを使用する事で、外壁塗装もシーリングも同時に工事を行えますので、 通常のシーリング材を使用した場合と比べ、足場費用を減らす事ができます。   それでは、江戸川区 I様邸でのシーリング工事についてご紹介していきます!   江戸川区 I様邸 シーリング打替え工事   施工を行う前の外壁目地がこちらです↓ 既存シーリングは劣化が進んでいますので、上から新たにシーリング材を充填させても既存シーリングごと剝離してしまいます。そのため、まずは撤去作業を行います↓ シーリングが施されている目地の両端に、カッターで切り込みを入れラジオペンチなどで引き抜くと、スルスルと既存シーリングが剥がれていきます。ここで、既存シーリングを取り残してしまうと、後に施工不良を引き起こす原因となりますので、全ての目地のシーリングをしっかりと撤去します。次に清掃です↓ ラスター刷毛と言われるハケで、撤去後の目地を清掃します。既存シーリングのゴミが残っていると、プライマーの性能を低下させてしまいますので残らず撤去していきます。清掃後はプライマーの塗布作業です↓ プライマーを塗布する事で、下地とシーリング材がしっかりと密着力でき強靭なシーリングとなり、本来の性能を発揮する事ができるのです。シーリング工事の中で最も、プライマーは最も重要な役割を果たします。プライマー無しではシーリングを充填しても、剝離してしまいます。そして、シーリング材の充填です↓ シーリングは厚みが重要ですので、工事後もシーリングが痩せないよう適量を充填していきます。最後に押さえ作業になります↓ ヘラ押さえは仕上げ作業となります。この上から塗装を施すといっても、色付けをする程度ですのでシーリングの形までは変形させる事ができません。形を整えながら、空気を入れない様に仕上げていきます。以上の工程で、シーリング打替え工事は完了です↓     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年10月08日 更新

防水スタッフブログ

江戸川区 防水工事

【東京・江戸川区】 Mコーポ 屋上防水工事 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😊   本日のブログでは、江戸川区 Mコーポで行った屋上防水工事についてご紹介させて頂きます。 Mコーポで行った防水工事は、ポリマーセメント防水で 使用材料はユニオン建材工業から販売されている「エクセルテックス」と言う防水材になります。   有害物を一切含まず、コンクリート躯体などに直接塗布するもので 柔軟かつ強靭な防水塗膜を形成する事ができます。 粉体と主剤・水を混合させ使用します。 もちろん、屋上などの屋外にも使用できますが、貯水槽や地下でも使用のできるシリーズがございます。   それでは、防水工事の様子を見ていきましょう👀!   江戸川区 Mコーポ 防水工事   まずは、高圧洗浄を施します↓ 汚れやゴミが残ったまま防水工事を行うと、既存と防水材が付着できずに、弱い防水層を作ってしまいます。もっと言ってしまえば、施工不良・手抜き工事となります。雨漏りを防ぎ、皆さんの暮らしを守る為にも高圧洗浄により長年蓄積された汚れや、色々なゴミを取り除く必要があるのです。施工面が乾燥したら、プライマーの塗布を行います↓ プライマーには、既存防水層と防水材を接着させる役割があり防水工事の中でも最も重要な作業となります。防水材には接着力が無く、プライマーを塗布しなければ下地と接着する事ができず、翌日には全面剝離してしまいます。また、塗布量が足りていなかったり、下地に水気が残っているままだとプライマーの効果が薄まり、施工不良となります。次に、シーリングを施します↓こちらの写真は、入隅部にシーリングを行っています。入隅は立上り面と平場面を繋ぎぐ部分で、建物の揺れによる負担が最もかかります。その為、防水層だけでは衝撃に耐えられず、防水層にクラックや千切れなどのトラブルが生じてしまいます。そこにシーリングを施し、防水層の強化を行う事で未然に防ぐことが出来るのです。配管の基礎や、架台の入隅部にもシーリングを施していきます↓  いよいよ、防水材を塗布していきます↓  立上り→平場の順で塗布を行います。ウレタン防水材と違い、平場と立上りでは同じ塗料を使用でき立上りもヘラで押さえる必要がございません。ウレタン防水材に比べると、手間がかからず短い時間で工事を終える事ができます二層目を重ねます↓  一回で塗布できる量が定められているため、一層・二層と分けて塗布を行い防水層にとって非常に重要な膜厚を確保します。また防水工事は、一層目の塗布時も二層目の塗布時も 平滑に仕上げる必要がございますので職人さんの腕が試される工事となります😉最後にトップコートを塗布して施工完了です↓      株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年09月28日 更新

防水スタッフブログ

江戸川区 防水工事

【東京・江戸川区】 ウレタン防水層の劣化症状 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(*^^)v   本日のブログでは、住宅の防水種類の中でも多く使用されている、ウレタン塗膜防水の防水層劣化症状についてご紹介させて頂きます。   防水層の膨れ   防水層の膨れの原因は、密着工法での施工時において 雨が降った次の日などに施工した場合、下地の乾燥不足が考えられます。 その他にも、プライマーの塗布不足などになります。   また、建物の揺れや 伸縮を繰り返すことにより、最終的に膨れ部分が破けてしまう事もございます。   膨れの予防策としては、プライマーの必要な塗布量を確認し、必要な分をしっかり塗布する。 下地が乾燥するまで施工をしない=しっかりと乾燥した事を確認した上で施工をするという事です。   後は、脱気筒を設置する通気緩衝工法の採用するなど、工事費用は高くついてしまいますが、 膨れが起きない工法に変更するのも、一つの手段です。   防水層の破れ   ウレタン防水の耐久性が決まるのは塗膜厚です。   悪徳業者が激安工事を行う場合には、ウレタン塗膜防水材を規定以上に希釈し 薄く塗る事があるようですが、工事終了直後は規定膜厚量を付けた面との見た目の違いは 一般の方には判断出来ないと思います。   むしろ、判断どころか「ウレタン塗膜防水ってこんな感じなんだ」と、疑いの気持ちもないかと思います。 ですが、膜厚が十分についていない場合、下地の動き(建物)の動きについていけず 簡単に破けてしまうのです。   また、塗膜厚は多く付けすぎると 硬化不良などのトラブルを引き起こしてしまいますので、 ただ単に多くつければ良いという訳ではなく、しっかりと規定量を均一に付ける事が大事です。   トップコートの色褪せ・退色   トップコートとは、ウレタン塗膜防水において必要不可欠な仕上げ塗料で 紫外線に弱いウレタン防水層を、紫外線や加水分解などから保護する役割を持ちます。   そのトップコートが機能を失うと、ウレタン防水層は劣化が促進されてしまうのです。 トップコートの劣化は、早期メンテナンスでトップコートだけの塗り替えを行いましょう。   トップコートの塗り替えのみの工事であれば、 費用も安く済み防水層を長持ちさせる事が出来ますので 防水機能が衰える目に塗り替えだけ行う事をオススメ致します。   また、トップコートには様々な種類があり、それぞれランク分けされております。 ですので、皆さんのお住まい地域の環境や 施工を施す場所の環境に合わせて 使用材料を選考しましょう。     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年09月27日 更新

防水スタッフブログ

江戸川区 防水工事

【東京・江戸川区】 S様邸 バルコニー防水工事 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^^♪   本日のブログでは、江戸川区 S様邸でのバルコニー防水工事の様子をお届いたします。 S様邸で行った防水工事は、ウレタン塗膜防水 密着工法になります。   防水層は外壁塗装と同じく、永久的なものではありませんので、 紫外線や雨風などの外的要因により経年劣化が起こります。 その為、一概に何年とは言えませんが 数年・数十年の周期でメンテナンスを行わなければなりません。 その際には、施工場所や住宅の立地・環境にもよりますが、ほとんどの場合 足場が必要になりますので 外壁塗装をお考えの際には、屋上やバルコニーの防水工事も一緒に行う事をオススメいたします😊   それでは工事のご紹介に参りましょう!   江戸川区 S様邸 バルコニー防水   まずは、施工前のバルコニーの様子です↓ 高圧洗浄は施してありますが、変色している箇所や劣化の目立つ箇所が見受けられました。   初めの工程は、ケレン・清掃作業になります↓ ケレンとは施工面を削り、高圧洗浄で取り切れなかったゴミや突起物を取り除く作業です。平滑で強靭な防水層を作る下準備を行います。最後に清掃を施し、施工箇所をクリーンな状態にします。小さなゴミでも少しのゴミでも、清掃を行わずに残っているとプライマーの性能が低下してしまい、防水層が下地としっかり接着できなくなってしまいます。結果として、早期的に剝離やフクレなどが生じ 施工不良の原因となりますので、最初に行うケレン・清掃の工程は、重要性の高い作業です。   次に、プライマーの塗布作業です↓ ウレタン防水材には下地に接着する力が無く、プライマーを塗布しなければ、翌日には簡単に剥がれてしまいます。また、下地が湿っている状態や 水気の残った状態でプライマーを塗布してもプライマーの効果が無くなり、先ほどお話しした症状と同じ状況になります。少し水気が残っていても「プライマーだから大丈夫だろう」と安易な考えで構わずプライマーを塗布するような業者は、経験が無く無知な業者だと考えられます。プライマーは防水工事の要となる材料ですので、プライマーだからこそ必要以上に慎重にならなくてはなりません!   プライマーの乾燥後は、ウレタン防水材を塗布します↓ 塗布する手順は、立上り→平場の順になります。先に平場を塗布してしまうと、歩行が出来ず立上り面の施工が出来なくなるデメリットもございますが、塗り物は垂れる事がほとんどですので、上から下へ塗布行い その都度、修正しながら作業を進める必要があります。   一層目の硬化後は、二層目の塗布を行います↓  塗膜防水の防水材は、一度に膜厚を付けすぎてしまうと 施工不良が生じる為、一度に塗れる塗布量がメーカーにより定められています。そのため、二層に分けて塗布を行い 必要膜厚を確保する事で防水性能を最大限に引き出すことが出来るのです。   以上の工程で、バルコニー防水工事は完了になります★↓      株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年09月21日 更新

バルコニー防水工事防水スタッフブログ

江戸川区 防水工事

【東京・江戸川区】 H様邸 長尺シート張り変え工事 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^^)/   本日のブログでは、江戸川区 H様邸での長尺シート張り変え工事の様子をお届していきたいと思います。 H様邸は以前、外壁塗装工事の様子をご紹介させて頂きましたので、 以下のリンクよりご覧ください(^ω^)↓ H様邸 外壁塗装工事   江戸川区 H様邸 長尺張り変え工事   こちらは、工事を施す前の長尺シートになります↓ 既存のシートは撤去しますので、この段階では何もいたしません。撤去中です↓ 長尺シートは非常に頑丈に貼りつけられている為、ちょっとやそっとの力では撤去することが出来ません。基本的には既存シートに切れ込みを入れ、手作業で撤去を行いますが密着が酷い場合には、電動工具を使うなどしなければ撤去できない場合も少なくありません。撤去後はケレン作業です↓ ケレンでは、既存シートを貼り付けていたボンドを撤去します。おうとつが残っていては、新たに設置するシートもデコボコになってしまいます。また、ボンドの食いつきも悪くなり、長尺シートが剥がれてしまうため既存ボンドの撤去は入念に行います。長尺シートの下には、防水を施しますのでまずはプライマーの塗布を行います↓ プライマーは、長尺シートで言うボンドと同じ役割がありプライマーを塗布する事で、ウレタン防水材が接着できます。プライマーを塗布しなかった場合、防水層は防水機能は果たさず翌日には全て剥がれてしまいます。また塗布面に、水分が残っていたり プライマーの塗布量が足りていなければ施工不良となり 同じく防水層は剥がれてきます。とても大事な作業ですので、抜けの無いよう慎重に行う必要がございます。防水層の塗布作業です↓ 今回使用している防水材は、オートンウレアックスという1DAY工法が可能な防水材で立上り・平場と共に同じ材料で施工可能な防水材となります。非常に優れた防水材ではありますが、既存がFRPの防水層の改修工事のみにしか使用できません。ですが作業性にも優れておりますので、工期を大幅に短縮することが出来ます、防水材塗布完了です↓ 次に、長尺シートのボンドを塗布します。塗布中↓                 塗布完了↓ ボンドの塗布には専用のクシを使用します。塗布量を調節してくれますので、そのまま全体に塗っていきます。少し乾燥を待ち、シートを貼り込みます。貼り込みの際には、ローラーで転圧をかけます↓ 転圧をかけることで、密着性が高まり 中の空気を抜くことが出来ます。最後に、端部にシーリング処理を施します↓  端部からの漏水を防ぐため、シーリングを施し防水処理を行います。充填後、ヘラで押さえ仕上げます。以上の工程で、長尺シート張り変え工事完了です↓      株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクスト始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年09月17日 更新

防水スタッフブログ

東京 江戸川区 防水工事

【東京・江戸川区】 雨漏りと防水層 |東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水優良工事 ラクスト

皆さんこんにちは! 東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😎   本日のブログでは、屋上からの雨漏りについてご紹介させて頂きます。   平らな屋根の建物には、必ず防水施工がされています。 この防水層は、屋上に溜まる雨水が建物内部に侵入するのを防ぐためのものです。 防水層は雨が降れば常に雨水に晒される状況下ですので、もちろん改修工事が必要となります。 防水工事を行う際には、建物の寿命に合わせ改修工事を繰り返し行う事が前提です。 性能を保持したまま防水層を長持ちさせる為にも、劣化と雨漏りの原因を把握しておくことが重要です。 防水工事には様々な種類があり、液状の防水材を塗布する塗膜防水、 シートを貼り込むシート防水・アスファルトを使用して行うアスファルト防水になります。 下地の防水層や状況に合わせ、最も適した防水工事を施工します。 それぞれ、耐久性は約10年程とされておりますが、勘違いしないで頂きたいポイントは 「10年間雨漏りしない」という事ではありません。 施した防水工事によって保障はされますが、耐久性とは適切な改修工事を行った場合を前提とした目安で メンテナンスを施さなければ劣化は早まり、気づいた時には雨漏りが生じているというのも良く耳にするお話です。 例えば ウレタン塗膜防水では、ウレタンを紫外線から保護するトップコートの塗り替えが必要不可欠ですが、 塗り替え工事を怠ってしまうと、防水層にひび割れなどの不良が生じ雨水が建物内部へ侵入してしまいます。 また、下地に適した防水工事を行わなければ、施工後 早くて数日後 遅くても一年以内には不具合が生じ 雨漏りだけではなく、一度施工が完了した防水層を撤去し、一から防水工事を行わなければなりません。 適した防水工事を施していても、一度発生した不具合を防ぐ施工を施さなければ 原因を特定し、その不具合を防ぐことが出来ません。 様々な種類がある防水工事は、それぞれに工法がありメリット・デメリットがございますので 全ての防水工事対して知識や経験が無ければ、改修工事を行えません。 防水工事とは、簡単に見えるかもしれませんが、工程も多く皆様の想像以上に難易度の高い工事となります。 雨漏りが起きたり、メンテナンス時期の近づいている方は、 地元に根付く信頼のおける防水業者を選びましょう。     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクスト始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです! ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉ 株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 FAX:03-6231-3146 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2019年09月11日 更新

雨漏り工事防水コラム

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間9:00~18:00 日曜・祝日定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区、葛飾区、足立区、墨田区、江東区、荒川区、台東区、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト