塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > コラム

コラムの記事一覧

葛飾区 外壁塗装 助成金

【葛飾区】外壁塗装で助成金が受けられる?外壁塗装の助成金制度とは!?

江戸川区・葛飾区のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)新小岩店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 外壁塗装を行う際は、助成金や補助金が受けられる事を知っていますか? それぞれの地域の自治体にて、外壁塗装などの住宅リフォームを行う場合、補助金を出してくれる地域があります。 外壁塗装は数十万、数百万とかかる高価なものですので、国が補助してくれるのは大変助かります。 ですが、それには難しい手続きなどがありますので、 事前に補助金・助成金の気を付けるポイントや受け方を確認しておきましょう。   外壁塗装の補助金・助成金について   外壁塗装は、10年に一度が目安とは言え 大きな出費を要します。 ですが、条件さえ満たしていれば援助金や助成金を受け取れる場合がありますので、その条件と方法をご紹介していきます。   補助金と助成金 外壁塗装などの住宅リフォームをする際に、様々な助成金が受けられる事が出来るのは、知っている方も多いかと思いますが、 外壁塗装や屋根塗装でも、使える補助金と助成金がございます。 申請をする事で、自治体や国から受ける事が出来るものに補助金と助成金があり、 工事終了後に後払いで貰えるお金で、どちらも返済が不要です。 【助成金】 助成金は決められた特定の塗料を使用する等の条件を満たしていれば誰でも受け取れるものです。 【補助金】 補助金には受給にあたって審査があり、審査に通った場合のみ受給ができます。 補助金の方が審査が厳しい事から、助成金よりも支給額が高い場合が多いようです。   どこに住んでいても補助金や助成金の受給はできる? 補助金や助成金のシステムは、各自治体が定めているため 外壁塗装の際に申請を出来る条件や受給できる金額は、皆さんのお住まいの地域 それぞれで異なります。 なお、補助金は外壁塗装などの住宅リフォームを行ったら、自動的に対象になる訳ではなく、 業者へ依頼する前に申請をしなくてはならない場合もございますので、詳細はご自宅のある自治体へ確認をしてください。 そして、地域によっては 外壁塗装に関する助成金制度を 行っていない自治体もありますので、事前にお調べください。   助成金を受けるための条件や流れ   外壁塗装で助成金や援助金を受けるには、条件や一通りの流れがあります。 それは各自治体で異なるため、ここでは一般的な条件と流れをご紹介させて頂きます。   条件《外壁塗装を塗り替えるだけでは、受け取れない可能性がある》 助成金を受け取るためには、外壁塗装を塗り替えるだけでは対象外となります。 ですが、エコリフォームという内容での外壁塗装は対象となり、 エコリフォームをする工事として認められている塗料は以下のものになります。 ▼遮熱塗料 ▼断熱塗料 これら2つの塗料を使用した外壁塗装・屋根塗装を行う事で、一部費用を自治体が負担してくれるというケースが多いようです。 また、助成金の申請には 築年数や耐震基準を満たしているか、遮熱や断熱などの省エネリフォームが含まれているか、 などの条件が付いている事が多く、各自治体により 『見取り図』『平面図』『工事前・後の比較写真』などの提出が、 必要となる場合もございますので、事前にお家の情報を用意しておきましょう。   流れ《助成金・補助金の受け方》 助成金・補助金の受け方は、それぞれの自治体により多少異なりますが、基本的な流れをご紹介いたします。 1、住居エリアも自治体にて助成金の申請を行う 2、決定通知が届きます 3、外壁塗装工事着工 4、外壁塗装工事完工 5、完工後に報告書を提出します 6、自治体による施工した住宅の確認 7、再度、決定通知が届きます 8、助成金・補助金の受給 以上8つの事項が、基本的な流れになります。 そして、『どの様な工事が対象となるのか』『どの塗料であれば対象内なのか』 『申込期限はあるのか』『業者指定があるのか』など 細かい条件の確認は必ず必要です。 外壁塗装を依頼する業者を決定する前に、お住まいの自治体についてや市報などのチェックをしてみてください。 また、国の審査となりますので 申請には時間が掛かります。 その為、工事までの余裕を持って早めに申請に向けて動きましょう!   以上、外壁塗装の助成金・補助金についてのご紹介でした(^^)   外壁塗装は高価になってしまう事が多いですが、この様な手続きを行うだけで 返済不要な受給制度を受けられると 大変助かりますよね これから外壁塗装をお考えの方は、助成金なども視野に入れてみてはいかがでしょうか?   今がお得な外壁塗装!最大39万円OFF!   4日間限定!イベント開催! ラクスト松戸店では、11月6日(土)・7日(日)/13日(土)・14日(日) の4日間限定で大決算セールを開催いたします! 豪華特典もご用意しておりますので、ぜひご来場ください(^^) ※詳細は画像をタップ!     2021年10月27日 更新

助成金コラム

江戸川区 外壁塗装

【江戸川区】おしゃれなツートン外壁をご紹介(^^♪

皆さんこんにちは! 江戸川区、葛飾区、外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😎   本日はツートンカラーの魅力と、ラクストで工事を施したツートンカラーのお宅様をご紹介をさせていただきます。 ワンカラーでも勿論素敵な仕上がりですが、私が個人的にツートンカラーが好きなので 今回はツートンカラーのお話をしていこうと思いました(笑) 外壁塗装をご検討中の方や、そろそろ考えようと思っている方、最後までご覧いただけると嬉しいです😂   ツートンカラー外壁の魅力!   外壁をツートンで仕上げる魅力は、町行く人の目を引く「おしゃれ」さにあります! 色選びは、外壁塗装を考える際「明るくおしゃれな雰囲気にしたい」 「今のデザインには飽きたな…」などと悩みの種の一つだと思います。 そこでオススメなのが、特に「おしゃれ」さの高いツートンカラーの外壁です。   注意点さえ守れば皆さんのお家もオシャレな外壁に!   単色(ワンカラー)で行う外壁塗装は、どうしても地味な印象が拭えなかったり、物足りなさが残る場合がございます。 そこに一つの差し色を加え、ツートンの外壁塗装にする事で、簡単に「おしゃれ」な外壁にする事ができるのです! ただ、「単色で塗装を行うだけでも色選びに悩んでしまうのに、 もう一色プラスしたらなかなか決められないんじゃないの?」と不安になる方も多いでしょう。 ですが、街中にあるツートンカラーの外壁や、塗装業者がこれまで塗装した成功例の写真などを参考にすれば 自然と簡単におしゃれな外壁にできてしまうのです(^^) また、塗装業者であれば経験豊富なスタッフの方々が、おしゃれな仕上がりの配色を一緒に考えてくれますので、 不安がらずに皆さんも一度、ツートンカラーをご検討されてみてはいかがでしょうか?😊   ツートンカラーのおしゃれな組み合わせ   おしゃれなツートンカラーの外壁をい作るためのポイントは、 ・同系色でまとめる ・セパレーションカラーを上手に使う ・使用するカラーは3色まで これらのポイントを踏まえて、実際にツートンカラーで外壁塗装を行う際の おすすめの色の組み合わせをご紹介していきましょう!   黒×白 黒と白は誰が想像しても、おしゃれなイメージが湧くと思います。 とてもシックな印象を与え、縦に色分けをする事でカッコよさをプラスでき 個性的な印象も与えらます。   黒×グレー 黒×白よりもグッとおしゃれさがまし、モダンな印象を与えられる組み合わせです。   茶色×アイボリー 茶色とアイボリーは同系色で相性の良い組み合せです。 柔らかく温かいおしゃれなイメージの外壁に仕上がり、この組み合せを好むお客様も多くいらっしゃいます。 派手過ぎないおしゃれさを取り入れたい方におすすめの組み合せです!   紺×白系(orアイボリー) 紺は濃紺くらいの濃い目な色で、アクセントで白系の色を入れると、引き締まった外壁になります。 上下で色分けを行っても相性抜群な組み合せですので、カラーシュミレーションなどを利用して、 様々な組み合せを見てみましょう👀   ラクストが手掛けたツートンカラー外壁   ここでは、ラクストで工事を行わせていただいた一部をご紹介させていただきます(^^♪                     どれも素敵なお家ですね☆ 圧倒的に茶色系が多いですが、組合せや塗り方を変えるだけ印象は変わります😄 皆さんも外壁塗装の際には、自分好みの組合せを是非見つけていただきたいです! 最後までご覧いただき、ありがとうございました🙏   今がお得な外壁塗装!最大39万円OFF!   4日間限定!イベント開催! ラクスト松戸店では、11月6日(土)・7日(日)/13日(土)・14日(日) の4日間限定で大決算セールを開催いたします! 豪華特典もご用意しておりますので、ぜひご来場ください(^^) ※詳細は画像をタップ!   2021年10月27日 更新

外壁塗装コラム

東京 葛飾区 エコ助成金

《葛飾区にお住まいの方必見!!》かつしかエコ助成金制度とは? 申請代行のプロ!ラクストまでご相談ください(^^)

葛飾区のみなさん、こんにちは!補助金・助成金申請代行のプロ! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)新小岩店です! そして、今回のブログを執筆させていただく若宮です! はじめに   葛飾区にお住まいの皆さん、「かつしかエコ助成金制度」というものはご存知でしょうか? 外壁塗装を行う際にこの制度を使う事で、助成金や補助金を受け取れるのです。 外壁塗装工事は決して安価な買い物ではありませんので、国で補助してくれるのは大変助かりますよね ですが、どのような状態でも助成金制度を受けられる訳ではなく、条件や難しい手続きなどがあります。 今回は「かつしかエコ助成金制度」を受ける為の、ポイントをご紹介していきます! 葛飾区にお住まいの方で、これから外壁塗装をお考えの方は是非ご覧ください(^^)/   かつしかエコ助成金について   まず、助成金制度を受ける為には、外壁塗装の塗り替えだけでは対象にはなりません。ですが エコリフォームという内容で外壁塗装を行う事で、助成金制度を利用できる対象となり以下の塗料が、エコリフォーム工事として認められている塗料になります。 ・断熱塗料・遮熱塗料 これらの塗料を使用して外壁塗装や屋根塗装を行う事で、一部の費用を国が負担してくれます。また、以上の内容以外にも区民税の納税者である事や世帯主名義での申請など様々な条件を満たさなければ、助成金制度を受ける事が出来ません。申請はご自身でも行えますが、工事に関する色々な書類も必要となるため、工事を依頼する業者さんに頼むのが好ましいです。※ラクストでは申請代行も喜んで承っております! 断熱塗料・遮熱塗料については、以下のリンクよりご覧ください😄↓ ☆塗料紹介☆※遮断熱塗料を使用して外壁塗装や屋根塗装を行ったお宅様もご紹介させていただいております(*^-^*)   必要書類等   ・見積書 ・積算計算式 ・使用塗料のカタログ ・申込書・東西南北の全景写真(屋根含む)※全景写真は施工前・後の写真が必要です。・平面図 ・立面図 ・屋根伏図 ・使用塗料の使用前・後の写真・第三者機関発行の試験成績書 ・区民税の納税証明書(前年度分)   これだけの書類を全て用意し、郵送か持参にて申請を行います。助成金額は一概に○○円と言えず、申請後に区役所の計算に基づいて決定されます。助成金の受給は工事が始まる前ではなく、完工後に決定通知が届き、その後助成金が受給される形となります。※助成金制度には 一年を通して予算に限りがあり、予算を超えてしまうと条件を満たしていても制度を利用できません。   かつしかエコ助成金のQ&A   Q.満額はどのくらいおりるの?A.20万円が限度額になります。 Q.計算方法はどうやっているの?A.対象工事費用の1/4 or 塗装面積㎡数×\1,000→どちらの計算も行い、金額の小さい方が適用されます。 Q.対象工事はどこからどこまで?A.塗装工事に付帯する作業や項目→足場組立・高圧洗浄・クラック補修工事等です。 付帯部の塗装は屋根・外壁塗装工事とは関係がないので、対象にはなりません。 Q.外壁塗装・屋根塗装どちらも工事をしないと申請できない?A.外壁塗装のみ、屋根塗装のみでも申請はできます。 また、どちらか片方のみに遮断熱塗料を使用する場合でも申請可能です。 Q.外壁塗装だけ、屋根塗装だけだと限度額は変わるの?A.限度額は変わりません。ですが計算方法が工事費用や塗装面積を 基準としているため、満額おりるケースは少ないです。 Q.外壁は対象塗料を使用、屋根は対象塗料以外を使用する場合、対象工事の費用はどうなるの?A.足場や高圧洗浄は外壁にも屋根にも必要なため、このようなケースの場合は分割されます。 Q.遮断熱塗料であればどんな塗料でも良いの?A.いいえ、日射反射率が50%以上の遮断熱塗料に限ります。 また、提出する使用塗料のカタログやパンフレットの表紙に、 ETV(環境技術実証企業)と記載されていない場合、第三者機関の証明書が必要となります。   最後に   ラクストでは、エコ助成金の申請代行も承っており、これまでも数々のお客様が「かつしかエコ助成金制度」をご利用になられました。そのため、助成金の申請内容にも詳しく お客様にご納得いただくまでご説明をさせていただきます。また、葛飾区はラクストが根付く土地でもあります! 外壁塗装を行う際には、どんなに些細な疑問でもかまいませんので、ぜひ一度ご連絡ください!また、助成金には「個人宅」「集合住宅」「事業所」とそれぞれ内容が異なりますので、かつしかエコ助成金のご利用をお考えの方は、相談だけでもお問合せください(*^-^*)   今がお得な外壁塗装!最大39万円OFF!   4日間限定!イベント開催! ラクスト松戸店では、11月6日(土)・7日(日)/13日(土)・14日(日) の4日間限定で大決算セールを開催いたします! 豪華特典もご用意しておりますので、ぜひご来場ください(^^) ※詳細は画像をタップ!             2021年10月27日 更新

助成金コラム

東京 江戸川区 葛飾区 外壁塗装

【比較】地元外壁塗装業者 VS 大手ハウスメーカー

皆さんこんにちは! 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😊   築10年前後になると外壁塗装を考え出す方も増える頃ですが、 いざ 外壁塗装を行うとなると、どんな業者が良いのか? 良く名前を聞く大手ハウスメーカーが良いのか? それとも自宅の近くの地元塗装業者が良いのか?と、悩まれる方も少なくありません。 そこで今回は、初めての外壁塗装を行う方の為に  地元業者が良いのか、大手業者が良いのかをご紹介させていただきます(^^)   外壁塗装は地元業者?大手業者?   結論から申し上げますと、地域密着型の地元業者に工事を依頼しましょう。 なぜ 地域密着の地元業者が良いのか、以下よりご説明いたします(^^)/   緊急時に対応が早い 工事期間中に急なトラブルが起こっても、地元の外壁塗装業者であれば 会社から現場までの距離が近い為、直ぐに駆けつけ対応してくれます。   地域に合った外壁塗装 外壁塗装工事では、その地域によって景観ガイドラインがあり、 立地条件も異なりますので、皆さんがお住まいの地域に合った塗装を行う必要がございます。  地域密着型の地元塗装業者であれば、その地域で生まれ育っている方が多い為、 気候などにも詳しく、どんな性能の塗料が良いのか どんな色が良いのかを、分かってくれています。 また、地域によっては助成金制度を受けれる事もあり、様々な情報を知っていますので 地元塗装業者に工事を依頼する際には、工事内容だけでなく その他の事も聞いてみましょう。   費用を抑える 大手業者は下請け業者に工事を丸投げする事がほとんどで、下請け業者に工事を依頼する場合は、 中間マージンが発生しますので、その分費用がかさんでしまいます。 反対に地元業者は、自社職人で自社施工を行いますで 中間マージンが無くなり全体的な工事費用を抑える事が出来るのです。   スムーズに工事が進む 地元業者は自社施工のため、工事管理も自社で行っております。 その為、お客様からの伝達や 職人への指示などが行き届きやすく 工事中のストレスも減り、気持ちよく工事を終える事が出来るでしょう。 下請け業者に工事を任せている場合、職人は下請け 管理は自社と管理が不行届きになってしまうのです。 「担当の管理の人にはこうやってお願いしたのに、職人の施工内容が全然違う!」など、 伝達が上手くできなくなり、トラブルに繋がりやすくなってしまいます。   以上の事から、外壁塗装工事を行う際には 地域密着型の地元塗装業者をオススメしております😄     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、 雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、東京 江戸川区 葛飾区のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5 営業時間:9:00~18:00 電話番号:0120-978-917 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております 2021年10月02日 更新

外壁塗装コラム

外壁塗装 東京 江戸川区 葛飾区 ラクスト

【江戸川区】外壁塗装中も換気はできる?

皆さんこんにちは! 江戸川区 葛飾区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^^♪   外壁塗装工事中は、建物の汚れてはいけない箇所を全て養生します。 その時、換気をする為の窓や エアコンの室外機なども養生をしてしまうので、 室内の空気の換気が出来なくなってしまたり、夏や冬はエアコンが使えず困りますよね😱   そんな外壁塗装工事中でも換気がしたい!という方に 外壁塗装中に窓を開けて換気はできるのか、エアコンは使えるのか、をご紹介していきます。   外壁塗装工事中の換気   事前の相談で外壁塗装工事中も窓を開けての換気が可能に     外壁塗装の工事が始まると、足場が立ちその足場上を職人が、縦横無尽に歩き回ります。 こうなると、窓を開けるのに少し抵抗もありますよね。 また、塗料やシーリングの材料によっては、臭いや有害物質も気になり そんな中窓を開けて換気というのも逆効果な気もしますよね。   実際に、外壁塗装の工事最中は 窓は開けない方が得策です。 ですが、どうしても窓を締め切りのまま というのは嫌な方もいらっしゃると思います。   そこで、実は全ての窓を開けられるわけではございませんが、 事前に相談することによって、窓を開けられるような養生をしてくれます。 開けられる窓は、足場との関係がありますので どうしても難しい箇所もございますが、 足場を組む前に相談をしていれば大体は希望通りの箇所が開けられます。   ですので、事前に業者さんへ伝えておきましょう。   換気扇を回して臭いをシャットアウト     窓が開けられない場合でも、換気扇が回れば室内の換気は楽になります。 現在では、換気扇は1日中回せるように養生するのが一般的になっています。   しかし、業者により養生方法は異なるので、換気扇が使えるのかどうかも事前に確認しておきましょう。   外壁塗装はどうしても臭いが気になる工事ですので、 換気扇を回すことで、室内に入ってくる臭いをわずかでも防げるので、外壁塗装の工事中は 是非、お試しください。   ですが、換気扇のカバーを塗装する際は、換気扇は使用できなくなりますので、 換気扇の塗装スケジュールを業者さんと打ち合わせしておく事が大事です。   外壁塗装工事中の換気はどうするべき?   換気はできるけど塗料の有毒物質を吸わない工夫   換気が可能だとしても外壁塗装中に気を付けなければならない事があります。 外壁塗装は、塗料の臭いにプラスして シンナーなどから出る有毒物質が気になります。 これらは、窓を閉めていても室内に入り込んでしまいますので、 臭いに敏感な方は、水性塗料を採用することをオススメ致します。 水性塗料だと、油性塗料と比較して発する臭気と有毒物質が若干少なく、 どちらの塗料でもシンナーは使いますが、油性塗料はうすめ液にもシンナーを使用するため、より危険性が高いです。 ですので、臭いが気になる方・アレルギー症状がある方、 赤ちゃんやお年寄りの方が同居されている場合は、水性塗料がオススメです。 また、水性塗料よりも油性塗料の方が耐久性などの様々な面で勝っていますので、 油性塗料を使用したいと言う場合は、外壁塗装中はお家から離れる等の対策もございます。   窓を開けて換気できるタイミングとは?   外壁塗装中でも、窓を開けられる事が分かりましたが、 塗料の臭気や有毒物質が発生するため、いつでも窓を開けられる状況ではありません。 実際に、足場の組立て時や養生作業中は 騒音やホコリが舞っていますので、窓は開けられません。 更に、洗浄作業中も建物全体に水をかけて回る訳ですから、窓を閉めておかなければ室内は水浸しになってしまいます。 これらに加えて、外壁塗装は塗料を3度塗り重ねなければなりません。 塗装中は、できるだけ窓は開けず 臭い等を抑えることが、自分自身や家族の為でもあります。 つまり、外壁塗装工事中は窓の開けれらる日が限られています。 それでも、職人さんの休憩中や塗装が始まっていない面の窓など 換気を行っても良いタイミングがあるかもしれませんので、必要な場合は確認を取ってから換気をしましょう。 外壁塗装中は、業者さんと連携する事で、より過ごしやすい生活を送れます。   まとめ   職人や業者側は、作業の妨げになってしまう様な状況を作られてしまうと、 作業が進められず、お互いデメリットになってしまう為、何かしらのお願いはするかも知れませんが、 基本的には、聞かれた質問には答え、お施主様が取られる行動に関しても、何かお願いすることはございません。 ですので、例えば今すぐに窓を開けたいからと、黙って窓を開けていても 作業が進められるのであれば、そのまま作業を進めます。 外壁塗装工事が始まっていても、「臭いが気になるから臭いを発しない日はいつか」 と聞かれれば、お施主様のご都合の良い日や時間に合わせ、作業日程・予定を組み込みます。 そのため、外壁塗装中は その様な点は特に気になさらずお過ごしいただけるのではないかと思います。 2021年09月02日 更新

コラム

江戸川区 防水工事

【江戸川区】ウレタン防水工事に多い施工不良

皆さんこんにちは! 江戸川区、葛飾区、外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです😊   防水工事には、ウレタン防水やシート防水・アスファルト防水など色々な工法があり、 既存下地に適した防水工事が施されます。 今回は、その中でもウレタン防水工事で起こる施工不良についてご紹介いたします。 施工不良にもいくつか種類がございますが、ここでご紹介するのは「硬化不良」についてです!   ウレタン塗膜防水の硬化不良   硬化不良とは、仕上がった防水面の上を歩いたら足跡がついてしまったり、 防水材が触れた箇所に付いてしまうなど、防水材がしっかりと硬化していない現象です。 防水材は一液性のものと二液性の2種類あり、一液性の場合は硬化不良になることは少ないですが、 二液性の場合は硬化不良が生じるケースが多いです。 硬化不良が生じた場合、後から固める等の方法がないので全て撤去し、一から施工し直すしかありません。 全面撤去となるとかなりの時間と労力がかかり、材料も倍かかってしまうなど、とても面倒な作業です。 一層目で硬化不良が生じた場合、通常通り二層目を行っても 硬化不良の起こっている一層目を撤去してからでないと、再び施工不良を起こしてしまう可能性もございます。 また、一液性ですと二液性の材料よりも硬化が遅いため、硬化不良に思われることがありますが、 単に硬化が遅いだけですので問題ありません。 硬化の遅い一液性防水材を使用する際には、指定の硬化促進剤を使用する必要がございます。 他にも、防水材だけでなく二液性のトップコートが硬化不良を起こしているケースもあります。   硬化不良の原因   硬化不良は手抜きだけが原因とは限りません。 防水材の扱いを間違っていたり、手順は正しくても何かしらの要因で硬化不良が生じる場合もあるのです。   膜厚を付けすぎた ウレタン塗膜防水は、材料メーカーによって規定された膜厚があり、 防水材を2回に分けて塗り重ね、規定膜厚を確保するのは本来の施工方法です。 ですが、とにかく厚く塗布した方がいいと勘違いしている業者が、 1回の塗布で2回分の厚みをつけてしまう事が原因となります。 防水材を硬化させるには乾燥時間を取ることが当たり前ですが、 厚みが2倍になれば、乾燥時間は4倍程長くなります。 その結果、「表面は硬化しているけど中身は全く硬化していない」という状況になってしまうのです。   分量の間違え 二液性の防水材を使用した際に多く起こるのが、「分量の間違え」です。 二液性の防水材は、主剤と硬化剤という2種類に分かれていて この2つの液体を混ぜ、攪拌する事で初めて硬化することができるのです。 そして、使用する材料によって「2:1」や「3:2」などと、メーカーが指定している分量があり、 その分量に従って2つの液体を混ぜなくてはなりません。 これは、二液性のトップコートでも同じです。 硬化剤が2:主剤が1で合わせなくてはいけないところを、比率を反対で合わせてしまったり、 硬化剤が2:主剤も2など、分量を少しでも間違えてしまうと 防水材は硬化する事が出来ず、どれだけ綺麗に仕上げていても硬化不良が生じてしまうのです。   攪拌不足 これも、二液性の防水材を使用した際によく起こる硬化不良原因です。 硬化剤と主剤を規定の分量通り合わせられたとしても、 2つの液体をしっかりと混ぜ和せることが出来なければ、防水材は硬化できません。 攪拌器という材料を混ぜる電動工具を使用していても、 攪拌が足りなければ、硬化不良は起こってしまうのです。   乾燥時間の不足 気温が低い日に施工をすると、乾燥させるためのオープンタイムが長くなり、硬化不良が起こりやすくなります。 防水材には冬用・夏用と、季節により材料が分かれていますので 施工を行う季節に合わせて材料使い分けたり、硬化促進剤を混ぜることで回避できますが、 誤まって、冬場に夏用の材料を使ってしまうと全く硬化しません。 施工時期や施工日によって、材料を使い分け促進剤を使用する事が大切です。   まとめ   冒頭でもご説明した通り、施工不良が起こってしまうと防水層を全て剥がし、 また一からやり直しになるため、膨大な時間と手間がかかってしまいます。 そのような事が起こらない為にも、メーカーが規定している1回1回の膜厚を守り、 適正な分量をしっかりと混ぜ合わせ、適切な乾燥時間を設けましょう。 皆さんのご自宅で防水工事を行う際も、一つ一つの作業を丁寧に行ってくれる 優良業者さんを選定し、失敗しない防水工事を行いましょう!   今がお得な外壁塗装!最大39万円OFF!   4日間限定!イベント開催! ラクスト松戸店では、11月6日(土)・7日(日)/13日(土)・14日(日) の4日間限定で大決算セールを開催いたします! 豪華特典もご用意しておりますので、ぜひご来場ください(^^) ※詳細は画像をタップ!       2021年09月02日 更新

防水工事コラム

江戸川区 外壁塗装

ポリウレタン塗料とアクリルウレタン塗料の違い

江戸川区・葛飾区のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)新小岩店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 今回は、「ポリウレタンとアクリルウレタンの違い」をご紹介していきます。   ポリウレタン塗料とアクリルウレタン塗料とは? まず初めに、この二つはどの様な塗料なのかをご説明いたします。   ポリウレタンはポリオールという化合物と、ポリイソシアネートという硬化剤を組み合わせた塗料です。 対して、アクリルウレタンは、アクリルポリオールという樹脂と、ポリイソシアネートという硬化剤を組み合わせた塗料です。   最近では、ウレタンと言えばアクリルウレタンのことを示します。 ウレタン塗料とひとことで言っても以下の通り色々なタイプがあり、様々なメーカーから出されております。   ウレタン塗料のタイプ   〇 強溶剤1液型ウレタン塗料・強溶剤2液型ウレタン塗料 〇 弱溶剤1液型ウレタン塗料・弱溶剤2液型ウレタン塗料 〇 水性1液型ウレタン塗料・水性2液型ウレタン塗料   ウレタン塗料の詳しい情報 ウレタン塗料に関しましては、以下のリンクよりさらに詳しくご説明しております。 メリットやデメリットを知る事で、ご自宅に合った外壁塗装が行えますので ぜひご参考までにご覧いただけますと幸いです(*^-^*) ウレタン塗料の特徴とメリット・デメリット     今がお得な外壁塗装!最大39万円OFF!   4日間限定!イベント開催! ラクスト松戸店では、11月6日(土)・7日(日)/13日(土)・14日(日) の4日間限定で大決算セールを開催いたします! 豪華特典もご用意しておりますので、ぜひご来場ください(^^) ※詳細は画像をタップ!     2021年09月02日 更新

外壁塗装コラム

江戸川区 外壁塗装

【葛飾区】外壁塗装のパターンとは?

皆さんこんにちは! 葛飾区 江戸川区 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(*^-^*)   外壁塗装は色だけではなく、パターンによって雰囲気が左右されます。 今回のブログでは、外壁塗装の仕上げにおけるパターンの種類についてご紹介していきたいと思います。     ラクスト新小岩店では現在9月限定プライスダウンセール実施中!!! お 得 満 載!最大10万円OFF!来店特典最大1.3万円相当がもらえる!! ▶︎キャンペーンについて詳しくはコチラ   外壁塗装のパターンってなに?   外壁塗装のパターンとは、模様の事を示します。 現在多くの住宅で使用されている、サイディングボードとモルタル壁について ご紹介していきましょう。   サイディングボードのパターン サイディングボードは、工場でパターンを付け 完成してから現場に持ち込み、その場で貼り合わせていきます。 完成品を扱う為、作業効率が良く 作業自体に特別な技術が必要ないというメリットがあります。 そして、ボードの貼り合わせ部分にゴム樹脂を入れる必要があり、 このゴム樹脂が劣化してしまうと、浸水の可能性がありますので注意が必要です。   モルタル壁 モルタル壁は、材料をその場で塗り上げていきます。 そのままパターンを付けづに ベタ塗りすることも可能ですが、パターンを作りたい場合は職人の腕でパターンを仕上げます。 サイディングとは対照的に、施工に特別な技術を要し 作業者の熟練度により 仕上がりが異なる恐れがありますが、外壁のデザインや意匠性にこだわりたい方にはオススメです。   モルタル壁は、高い技術力を求められるため 職人を雇う費用や作業の手間賃などが、工事費用に反映されるので その分、価格が高くなる場合もございます。 また、サイディングボードと比較して、クラックが生じやすい性質がございますので、要注意が必要です。   外壁塗装におけるパターンの重要性   サイディングボードにも、後からパターンを付ける工法はありますが、 先ほどご説明した通り、基本的には 元々模様が付いている場合が多いです。 一方、モルタル壁には何も模様がついていない為、外壁に凹凸のパターンを付け個性を出します。   外壁塗装の目的としては、住宅の保護や劣化を防ぐことが第一ですが、美観を保つ事も重要です。 パターンには、塗料を吹き付ける工法・ローラーで模様を作る工法、 職人の手によりコテで作る工法があり、工法によって実現できるデザインが異なります。   吹付け工法   スプレーガンという霧状の塗料を、専用のの道具を使い外壁に吹き付けていく工法で、ガンの種類により模様が異なります。 短時間で塗装をする事が可能ですが、塗料の飛散が激しい為、飛散した塗料分 通常より多く塗料を使用する事になってしまい 工事費用がかさんでしまうといったデメリットもございます。 臭気や音が発生する為、工事をする時間帯を気にしたり 養生をしっかり行うなど、隣家への配慮が求められます。   リシン仕上げ《砂壁状模様》 古くからある模様で、艶消しのため落ち着いた雰囲気の凹凸模様が特徴です。 またコスト面も安価で済むと言ったメリットもあります。 塗料に骨材という、細かい砂や砂利を混ぜ 「リシンガン」という専用のガンで吹付けます。 混合させる石は様々な大きさがあり、小さい石を使用するときめ細かな模様、大きい石であれば荒い模様の仕上がりになります。 クラックが生じやすいという難点がございますが、クラックが生じにくい弾力リシンというものもあります。 また、リシンの凹凸を更に粗く削る「リシン掻き落とし」という工法もあり、掻き取りの加減で微妙な変化を付けることも可能です。   吹付けタイル仕上げ《ボンタイル》 この吹付けタイルは、玄関やお風呂場などの床に敷き詰めるようなものではありません。 タイルは紙粘土のような粘り強い素材になっており、外壁に吹付け 使用します。 デザイン的な特徴としては、デコボコした模様でありながら、艶有りが主流で表面が陶器のようにツルツルしています。 この吹付けタイル仕上げも、リシン仕上げと同様に ゴムのような質感をもった弾性ボンタイル仕上げもございます。   スタッコ仕上げ リシン仕上げに近いイメージではありますが、リシンよりも5~10mmほど厚く塗ります。 吹付けた状態のまま、スタッコを吹き放して仕上げ 吹きつけ後、更にコテやローラーで凸部を平らに抑える工法を スタッコ仕上げやスタッコ凸部仕上げ、等と言います。 リシン仕上げよりも厚みがある分、立体的で重厚感のある仕上がりになり、耐久性も高まります。   ローラー工法   ローラー工法は、使用するローラーの種類により模様が変わるのが特徴です。 ローラーを使用するこ事により、刷毛よりも効率的に外壁塗装を行う事が出来ます。 その為、外壁塗装のローラー塗りが主流ですが、そのローラーを使い模様を付ける工法があります。 ローラーには、色々な種類がありますが 主にスポンジ状のマスチックローラー、毛状のウールローラー の2つに分かれます。   ウールローラー仕上げ 耐水型紙でできた芯に植毛したものが用いられ、マスチックローラーよりも 均一に塗れるローラーです。 毛丈は 短毛・中毛・長毛に分かれていて、それぞれに特徴があります。 ◆ 短毛/平らな面を塗装するのに適しています。 ◆ 中毛/主に使われる丈で、短毛・長毛のどちらの特徴も併せ持ちます。 ◆ 長毛/長い毛が奥まで入り込む為、凹凸部でも綺麗に塗り上げることが出来ます。   マスチックローラー仕上げ 円柱にスポンジ状の繊維を取り付けたもので、他にも 砂骨ローラー・多孔質ローラー等とも言われております。 スポンジ部分が塗料を大量に吸い込む為、塗料の含みが非常に良いです。 その為、ウールローラーよりも厚く塗る事が可能です。 マスチックローラーは、目の粗いものから細かいものまであり、目によって塗料の吸い込みを調整出来ます。 また、ローラーが入り込めないような細かいような部分は、昔ながらの刷毛を使用し、 刷毛の種類も、サイズ・毛の種類ともに様々な物がございます。   コテ工法 左官職人がコテを使用して模様を付ける工法で、どんな模様でも実現することができ、デザイン性の幅広さが特徴です。 デザインが豊富なうえ、塗料によっても模様が異なるため イメージがつきにくいかも知れません。 その様な場合は、カタログを見ながら考える事をオススメ致します。 ですが、種類が多すぎるため業者によっては、対応できない模様もあるかもしれません。 意匠性が高く 技術力も求められる為、工事費用が他よりも高価になる場合がございます。     以上で、外壁塗装の仕上げにおけるパターンの工法紹介は終了です。 このような様々なパターンを知り、自分だけのオリジナル外壁を手に入れましょう! これから外壁塗装をお考えの方は、是非 参考にして頂ければと思います。   今がお得な外壁塗装!最大39万円OFF!   4日間限定!イベント開催! ラクスト松戸店では、11月6日(土)・7日(日)/13日(土)・14日(日) の4日間限定で大決算セールを開催いたします! 豪華特典もご用意しておりますので、ぜひご来場ください(^^) ※詳細は画像をタップ!     2021年09月02日 更新

外壁塗装コラム

葛飾区 雨漏り

【葛飾区】屋根から起こる雨漏り!その原因は?

江戸川区・葛飾区のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)新小岩店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 住宅の雨漏りの原因として多いのが、「屋根」でありますが 雨漏りは原因が特定できなければ、完全に直すことができない症状です。 また、屋根からの雨漏りの原因は一つではなく、何通りかのパターンが予測されます。 今回のブログでは、その「原因」についてご説明していきましょう! 1.屋根からの雨漏りとその原因    板金の劣化 屋根の上には雨水が落ちますが、その雨水を受け流すために「雨仕舞」が施されています。 屋根の雨仕舞とは、棟板金や雨押え板金・軒先板金・天窓板金・笠木板金などの板金で、 雨仕舞の部材には全て板金が使用されています。 これらの板金は全て、屋根の構造上雨水の溜まりやすい箇所=屋根の弱点箇所に設置されます。 板金は金属のため雨水によりサビが発生したり、板金を留めている釘が外れたりと 月日を増すごとに経年劣化が生じます。 先ほど、屋根の弱点となる箇所に雨仕舞が施されているとご説明しましたが、 その雨仕舞に使用されている板金が劣化することで、屋根の弱点に直接水が接し結果的に雨漏りを引き起こします。    ルーフィングシートの劣化 屋根には住宅への雨漏りを防ぐため、二重に防水処理が施されていますが その二次防水と言われる部材が「ルーフィングシート」です。 ルーフィングシートは屋根材の下に敷かれていて、日本語に訳すと防水シートです。 このシートが劣化する事で、屋根からの雨水の侵入を許してしまうのです。    屋根材自体の劣化 屋根材は永久的なものではなく、必ず寿命があります。 新築してから時間が経過した古いコロニアルの場合、水分を吸収する力が増し湿潤状態になります。 その結果、最終的には雨水を通し建物内部へと侵入してきます。 また、日本瓦は時間が経つにつれ割れやすくなり、割れた箇所から雨水が入り込みます。 金属屋根であれば、経年劣化によりサビが生じ穴が開くことで雨漏りが発生します。 どの屋根材もメンテナンスを行わず、寿命が過ぎることで雨漏りリスクが高まります。    手抜き工事 屋根工事を行うとなると作業は当然屋根の上で行われますので、下からは作業の様子や進行状況などが見えない状態です。 そのため塗装工事のみならず、葺き替え工事や重ね葺き工事でも手抜きが行われる事が多いです。 そして、屋根の部材には今回ご紹介したルーフィングシートだけでなく、屋根材や棟板金、貫板や軒先唐草・雪止め等々の部材がございます。 もちろんその全ての部材は、住宅にとって意味のある物で必要な物です。 どれか一つでもデタラメに設置されてしまっては、木材の腐食などが生じ住宅全体の寿命も短くなってしまいます。 それらの主な手抜き工事として、以下の内容が考えられます↓ ・ルーフィングシートがヨレて滅茶苦茶に貼られている ・棟部分の屋根材の切り口がバラバラ ・軒先唐草がしっかり固定されていない ・  〃  そもそも設置されていない ・カットした屋根材のゴミ屑が問いの中に捨てられている などなど、雨漏り修理工事では、以上のような手抜きを行う悪徳業者が存在します。   2.屋根からの雨漏りを防ぐ大事な部材    住宅を守っているルーフィングシート 日頃からお問合せいただくお客様にも多いのですが、多くの方が屋根を守っているのは スレートや瓦などの「屋根材」だと思っています。 そもそも、ルーフィングシートの存在を知らない方も多いです。 屋根材とは住宅の外観を良くし、雨水の直接の侵入を防ぐ役割のため 実際に家自体を雨水から守っているのは「ルーフィングシート」なのです。 屋根材は流しそうめんのように、空から降ってくる雨水を流す機能しかないため 雨水は屋根材の隙間などから、屋根内部へ侵入してきてしまいます。 このようにして侵入してきた雨水は、屋根材の下に入ってしまっているので 屋根材ではどうにもならないことが分かると思います。 侵入した雨水を部屋内へ通さないよう防止するのが、このルーフィングシートです。 なので、雨漏りの起こる原因は屋根材の劣化ではなく、ルーフィングシートの劣化によって起こるものなのです。    住宅に必要不可欠なルーフィングシート ここまで説明した通り、ルーフィングシートは皆様の思っているより 重要性の高い部材で普段から目には見えない箇所にありますが、 屋根の劣化が気になった際には、必ずルーフィングシートの状態も見てもらいましょう。 ルーフィングシートの耐用年数は、大凡15〜20年と言われていますので 新築時からそのくらいを目安に改修工事を検討することをオススメいたします。 また、葺き替え工事や重ね葺き工事を行う際は、 ルーフィングシートごと新調しますので、施工業者の手抜きがない限り安心です。   3.屋根のメンテナンスは怠らない!   屋根は寿命が近づくにつれて、雨漏りのリスクが大幅に高まります。 その雨漏りリスクを防ぐためには、屋根の寿命を延ばすためのメンテナンスを施さなくてなりません! 使用されている屋根材や、劣化具合・症状によってメンテナンス方法が異なりますので、 それぞれに最適な工事を施す必要がございます。 雨漏りが起こると皆さんの想像以上に住宅への被害、人体への被害が起こります。 雨漏り被害について詳しく知りたい方はブログをご覧ください↓ 雨漏りを放置することで迫る危険とは!? 皆さんの大事なお家やご家族、そして皆さん自身を守るためにも 定期的な屋根のメンテナンスを行い、お家も人も健康な毎日を過ごしましょう😄   4.屋根の健康診断をしよう!   これまでご説明した通り、屋根の劣化は雨漏りを引き起こし最終的には思わぬ事態になりかねます。 ラクストでは住宅の健康診断を無料で承っております。 「建物全体」「屋根のみ」「外壁のみ」「付帯部のみ」など 皆さんのお家の状態に合わせて、ご要望の箇所のみの診断も可能です! 『そろそろ〇〇の劣化が気になるな、、』『数年前に雨漏り補修したけど今はどんな状態だろう、、』 『特に不具合はないけど築年数的にメンテナンス時期かな、、?』とお住まいに不安はつきものです。 その不安や疑問を解決するためのお手伝いをさせてください(^^) もちろん、今現在雨漏りされているお宅様も、よろこんで雨漏り調査させていただきます! 気になる方はぜひ一度ご連絡・ご来店ください😁 ★雨漏り無料診断★ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー Luxst(ラクスト)新小岩店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。江戸川区・葛飾区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)新小岩は塗装価格に自信があります! ■Luxst(ラクスト)新小岩店には、お客様から選ばれる理由があります! 2021年06月05日 更新

雨漏りコラム

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-978-917電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

江戸川区・葛飾区、城東エリア、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト東京